無料ブログはココログ

2021年10月28日 (木)

つぶやき 61

 

死の体験で知った。
もう、死を考えする不要はない。
死は、怖くない。
だから、他人が話すことはいらない。
自然と待ちあって来るだけである。
待つだけです。

 

 

私にはあった緊急ことであった脳出血です。
そうまでは、神様の話に飲み込み、宇宙人にまでの必要をした。
脳出血後の思いは、神様も宇宙人も考えていることではないと思った。
消えることは、自然に無くなった注意だった。
失いなう時こそ、その個人の意味だったと思う。

 

 

2021年10月14日 (木)

つぶやき 60 

エルザ、帰ってきました。
前には、2月15日に出さないものです。
話し内容は、失語症になるものです。
所が・・・その後、6か月に入院になっていました。
『次回始まる』のつまりに、また、入院でした。
ただ、2ヶ月のつもりでした。でも、なぜのことが6ヶ月入ったには、悲しい日々でした。理由なんて何でもいいんです。退院してやっと自由に信じられる人生になれたと思っています。
脳出血による失語症。
その1年から入ったリハビリの仲間たちがいる。
静かに行きたいとします。

2021年2月15日 (月)

つぶやき 59 

 

『次回始まる』の記事の後で、たくさんの訪問をありがとうございました。
意味不明な記事なのに、嬉しかったです。
後で、自分で読んで思いました。理解ができないですよね。よくこんな記事が書けるものですよね。しかし、訪問が100人を過ぎました。読んだ方も理解が出来たと話してくださいます。
脳出血になって6ヶ月です。病院に入院4ヶ月、退院して2ヶ月で疲れも出ていますが、日々頑張っています。まあ、失語症があるので話しはダメですがね。

 

 

失語症をご存知しょうか? 私も知りませんでした。
病院退院して寂しく思っていました。何となくYouTubeも見ました。
【報道特集】失語症~途切れた言葉の糸~ 
視聴は、19万あり、コメントも214件があります。
失語症も30万人~50万人だと言われている。話もできない人もいろいろあるらしい。

 

失語症は、自分だけだと思っていました。パソコンでたくさんの患者さんがいることを知りました。話す、書く、これもできない人たちもいます。その助けになる「言語聴覚士」もいるんです。若い世代に夢になり言語聴覚士の勉強をしている人もいます。
私も病院でリハビリテーションを受け、言語聴覚士に話を受けました。先生が驚いたように話が出来ると言ってくれました。でも、失語症ですから。
私は、失語症の人のなかでは、症状が軽かったみたいです。だから、学び上手になって欲しいと何度も言われました。病気中には、リハビリテーションをやっていくのは決まりです。退院後は、3ヶ月訪問リハビリをつづけました。先生は、もっとと声をかけますが、お断りをしました。私は、家族と話が出来れば充分です。だから、このまま落ち着きます。

 

また、今の気になっていることを書きたいかな?^^;
では、また・・・

 

 

 

2021年1月23日 (土)

次回始まる

 

2020年8月17日 夜、急に気を失った。

 

こんな書き方から始まりました。
自分の始まりだった。救急搬送から始まった。倒れているんだけど、どうされて行くのか?と思ってみた。
でも、私は、死は死んだのかとも思い気を見たしてのか?とも感じていた。その時の私の考えは、素晴らしいな実際の世界で、夢のような色々で、夢のピンク、青、黄色して、観にした所だけだった。素敵ないな世話だった。

 

それだっただけか、外は実践がいた。
入院にいたらしい。その人生は、わかっていた。救急にされ、ベッドに看護士されているようだった。でも、考えはしなかった。
2週間いたが、すこしずつ現実が、感じみんなの感動を感じた。SCUにいたのか、看護師にあって必死に命がけ世話してくれる。この私への世話者が、4人だった。4人のリハビリテーションに教えあったように、最高ないよう光ってくれた。

 

そのひとりの彼のことはずっと気を引き締めてくれていたから。
影なる支えも忘れないよ。忘れないよ。

 

 

脳出血2020年8月17日救急。
失語症になり、病院へ入院。4ヶ月の12月10日に退院しました。
とにかく家に帰りたくてなりたかった。すぐに泣くはじめる時にあった。リハビリのみんなは楽しかった。
入院中も元気になり失語症もアップして、この程度まででした。
へんな文章だっただろう。でも、少しに自分のこと、リハビリ仲間を何とか残したかった。
私の脳出血は、ストレスが原因です。医者、看護師、リハビリ仲間、この人たちの力のためです。これの自分方をリハビリ仲間が、助けてくれました。
年齢からだち仲間は、20代です。でも、友達してくれました。私も、泣き出した。相手と達人できたのは、私のやり方ができなかったから。20代のリハビリ仲間がいただけ。感激です。

 

 

今回の私は、始まります。
それ私は、他人を支えて、自分は2番目だったんです。友人を守るだった。
もう、自分は1番目です。他人を関係ないです。何も使わなく関係ない。
失語症なんだから、自分です。もう私には力がなくなった。

 

 

 

 

 

2020年8月 1日 (土)

レベルアップ中です 

 

ちょっとご無沙汰してしまいましたね。
その間、三浦春馬さん自死の報道があり、それに関しての記事も用意しましたが、とてもデリケートな問題なのでアップを迷いました。私のように自殺未遂経験者から伝えたいことはたくさんあります。でも、この声がどこまで届くかは不明です。1つだけ言えることは『死ななくてよかった』です。暗闇はいつまでも続かない。勇気をもって助けて!と叫べば救いの手は現れます。
三浦春馬さんのご冥福をお祈りいたします。

 

さて、毎日YouTubeを観て暇つぶししていました。フッと気付くとスピリチュアルの宇宙系の動画ばかり見ていることに気付きました。「あれ?私、レベルアップしてる?」と思った次第で・・・

 

スピリチュアルは、江原さんのような基礎となるものから欧米のスピリチュアルである宇宙系があります。昔、シャーリー・マクレーンの書籍『アウト・オン・ア・リム』がベストセラーになりましたよね。私も読みました。確か映画化もされたと思います。でも、当時は夢物語のような気がしていました。そして、江原さんのスピリチュアルに出会って少しずつ納得していきました。日本人の私には、江原さんのお話は、スーッと入ってきました。エハラー歴約20年。江原さんの言葉を実践して、人生も楽になりました。

 

 

去年ぐらいから少し宇宙系が気になり始めました。そんな時、吉岡純子さんの動画に出会いました。純ちゃんも日本人ですから、宇宙系ではありますが、語り方は日本人に解かり易い言葉でお話してくれます。純ちゃんの影響もあり日本の神様の勉強も始めました。日本の神様は、優しいな~と思っています。

 

 

ところが、『神様は、いない。それは、宇宙人の話』と説明する宇宙系の動画に出会ってしまいました。話を聞くと筋の通らない話ではないなと思いました。ちょっとショックでしたね。その後もその方の動画を拝見していますが、今は半信半疑です。確かにその説を受け入れると筋が通ることもあります。江原さんも神様の存在について語ることはないです。『神様は、自分の中に存在する。自分自身が神なのです』と言っています。

 

 

さて、どこまで自分が必要とする情報なのか吟味しようと思います。自分磨き、好きなんですよね~。昔は、自分磨きは自分を強くする為だと思っていましたが、実は鎧をぬぐことなのだなと最近は思っています。人間は、教育により重い鎧をつけられているそうです。だから、生きずらくなるらしいです。だから、スピ系を学べば学ぶほど気持ちが軽くなるんです。理解することで手放すことができるのでしょうね。だから、余計なことに振り回されることがなくなるのだと思います。楽しみながら知識を得たいと思っています。

 

ブログの方も過激な記事は、書くつもりはありません。読者さんが落ち着く、気持ちが穏やかになる記事を書きたいと思っています。
コロナ疲れが出る頃です。気持ちをしっかり持ってくださいね。私は、大丈夫だと思っています。必ず良い方向に進むと思っています。体調管理に気を付けてお過ごしください。

 

 

 

2020年7月15日 (水)

心をやわらかく 

 

仏教には、心をやわらかくする為の知慧がたくさんあります。
『触光柔軟(そっこうじゅうなん)』仏様の知慧の光に照らされて心身が柔軟になる。仏縁を大切にして、心が委縮していないかを点検していくイメージをもつのはいかがでしょうか。また『和顔愛語(わげんあいご)』という教えを実践することも、柔軟な心を養います。人と接する時に、穏やかな態度で慈愛の言葉を使いましょうとの教えです。   釈 徹宗
 

 

 

上記は、PHP Special 2020年8月号から抜粋しました。
最近、心を柔らかくとか緩めるとの言葉をよく耳にします。どうやら、私の新しい学びは、これのようです。充分、柔らかくなったと思っていたのですが、神様は、更に学べとおっしゃるようですね。

 

 

私達には『感情』というのがあります。その感情に振り回されて疲弊することがあります。疲弊する感情は、ネガティブなものでしょうね。ネガティブな感情を持ってはいけないと思っていませんか?どうやら、そうでもないようなのです。ネガティブな感情の裏には、不安、怒り、焦り、自己否定などが隠れています。これは、心からのSOS(心のバランスが崩れているよ)でもあり、大きな気付きになります。心をゆるめてあげましょう。毎回、書いていますが、この裏のメッセージに気付ければ楽になれるのですよ。何に対して不安、怒り、焦り、自己否定しているのかを考え、対策を考えればいいのですから。嫌だなと思うことは、ためらわずに手放して良いと思います。しかし、世の中には、NOと言えない場面もあります。その場合は、距離を取る、捉え方を変えてみると少しは楽に進められるかもしれません。ネガティブな感情は、自分を知る材料になります。

 

 

心からのSOSは、身体の不調としても現れます。先日、私は右肩と背中の痛みを感じました。疲れているのかなと湿布を貼りましたが、2日経っても一向に痛みが取れません。もしかして、メッセージなのかなと思い、気持ちの整理をしました。肩や背中の痛みは、“余計な事を考えたり、背負ったりしているよ”とのメッセージです。父の認知の対応に追われてはいましたが、気持ちは穏やかでした。考え過ぎがあったようです。痛い部分を擦りながら「ごめんね。もう、止めるから。自然に任せるから。ごめんね。」と言いました。翌朝、痛みは嘘のように消えていました。

 

 

ネガティブな出来事は、この先に良いことがあるよとのお知らせだと純ちゃんは言いました。こうなりたいな~との願望も、未来の自分が「なってるよ」と呼んでいるので努力すればなれるそうです。それと、口癖も気を付けたいですね。ポジティブな言葉は、心を軽くします。嫌なことがあった日でも「嫌なことがあったけど、お陰で気付きもありました。ありがとう。」と言うだけで、気持ちも楽になると思います。私は、ネガティブな気持ちになった時『大丈夫!私は守られているから!』と言います。私の産土神は、天照大神です。産土神は、一生守ってくれる神様です。それに龍神さんと弁財天様がついています。アマテラスは、日本の最高神ですよ!こんなに心強いことはありません。太陽の女神がいるのですから。メッセージを受け取る為にも常に心は清らかにしています。ポーンとメッセージを降ろしてくださいます。時にすぐに気付かない時もありますが・・・(^-^;

 

 

常に自分との会話をすること。余計な重い荷物は、早く片付けること。時には、諦める必要もあります。『自分が、どうしたいのか分からない。』との声を聞くことがあります。本当は、解っているのですよ。答えは、常に自分の中にあります。ただ、認めたくないだけです。認めるのはつらいことかもしれません。でも、意地になってこじらせると、それだけ苦しいことが長引くだけです。認めても自分を責めることはないのです。「私、こういう所あるよな。これから気を付けよう。」で良いと思います。抑圧していたことを認める時は、涙も出るでしょう。泣いて膿を出してください。決して自分を責めないでくださいね。認めた自分を褒めてください。それでも、認められない、苦しいのなら自分に『ありがとう』と何度も言ってみてください。責めるでもなく感謝の言葉をかけてみてください。自分を縛り付けているものから解き放たれる感じがしますよ。嫌な事に目を向けるのではなく感謝することに目を向けることを習慣にすると気持ちは楽になります。
自分との会話は難しいと思われるかもしれませんが、慣れれば簡単ですよ。独り言(自問自答)のようなものですから。寝る前に、1日を振り返って反省会をすると良いと思います。時々、自分との会話をしていると「あれ?今の言葉、どこから出て来たんだろう?」と思うことがあります。それは、守護霊さんの言葉です。そのまま、守護霊さんとの会話になることもあります。会話形式でも良いし、書き出しても良いです。

 

 

世の中の流れは、実にうまくできているな~と思います。その人に必要な学びの場面を与えてくれる。それを素直に受け入れれば乗り越えられるのです。当たり前は、当たり前ではなく努力の上にあるのだと私は思います。日本人は、その意味をすぐに理解できる民族だと私は思います。

 

 

心をやわらかくする努力はしたいものですね。何より穏やかに暮らせますからね。感謝の日々です。私は、高校生の頃から死んだら神様に褒めてもらうんだ。頑張ったねと褒めてもらえるように生きようと思いました。それは、一生懸命に生きたとの満足かもしれませんね。日々精進です。

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

2020年7月 8日 (水)

メッセージ 10 

 

 

 

幸せになりたければ幸せに向かって歩けばいい
幸せとは幸せの到着地に着くことではなく旅路のことをいう
不幸な方へ向かっていると嫌な奴に会ったり、苦労したりする
幸せというのは苦労した後に来るものではなく、
幸せの方に気持ちが向いた瞬間から幸せになる
成功の道に嫌な奴とか出てこない
人が幸せになる道は花園

 

斎藤一人

 

2020年7月 1日 (水)

父の画像検査の結果 

 

父の脳の画像検査の結果を聞きに妹と病院に行ってきました。
検査は、MRIとSpectという血流の撮影です。数日前に検査に行っています。別の大きな専門病院での検査だったので、そのCD-ROMを預かっています。診察の際、先生に渡します。しかし、父が『そのCDを見よう。』と言い出しました。そして『コピーを取りなさい』と。もう、呆れて・・・ヒィー(゚ロ゚ノ)ノ

 

 

画像検査の結果、初期のアルツハイマー型認知症だと云うことで薬を処方されました。やはり正常ではなかったのですね。元々の父の性格だと思っていました。だから、私の受け止め方を変えれば良いと思っていました。でも、私が感じた父の異常は間違っていなかったのですね。アルツハイマーの特徴は、順序だてて物事を考えることが出来ない。季節に合わせた服装が出来ない。それは、父の状態に当てはまります。早い段階で気付けて良かった。

 

 

前回の記事で頂いたコメントに感謝です。
私は、父との確執がありました。虐待です。でも、父は、その事実を受け入れ謝罪してくれました。私も許しました。だから、今は父との間にわだかまりはありません。家族は距離が近くなりトラブルになることが多いです。依存もします。だから家族でも距離が大切なのです。でも、家族ですから愛しています。だから、何とかしてあげたいとの一心で相手の事を考えます。考え過ぎて混乱して優しくできない自分を責める時もあります。
頂いたコメントを読んで、完璧になんてすることない。冷たいと思われるかもしれないけど、もっと力を抜いて距離を取りながら接して行こうと思いました。とにかく自分が潰れないようにしないとね。

 

 

はっきりしたことで私も落ち着きました。初めは、認知ではないと思っていました。だから、喧嘩になることもありました。でも、認知だとわかれば出来ないとの理解ができます。そのことでこちらも優しい気持ちで接することが出来ると思います。姪が妹に『エルちゃんが、やられてしまっている』と言ったそうです。それと『認知は、こんなもんじゃない』とも。姪にも結果報告をしました。介護職でホームの利用者さんには、優しくできるけど、やはり家族となると面倒だと思うのでしょうね。知識があるからと当てにしていたのですが、あまり頼ってはいけない感じがしました。
もう、凛とした父の姿はありません。悲しいですね。父は前立腺がんも患っています。世話をする私も若くない。持病もあります。でも、親への恩は忘れたくない。父がいたから私は、今こうして生きていられる。感謝しかありません。お別れの時期は、近いかもしれません。後悔はしたくない。残された時間を無理せず出来る事だけやって行こうと思います。
前回、コメントをくださった方々、ありがとうございました。非表示でとのことでもコメントを頂いています。広場の方でもコメントを頂きました。本当にありがとうございました。とても勇気づけられました。男性のコメントは、受容と助言が理性で書かれているので助かります。また、へこんだらよろしくお願いしますね。

 

 

 

2020年6月25日 (木)

老親との会話がうまくいかない 

 

どうして、こんなにも話がかみ合わないのでしょうか。元々の性格もあるので老化だけのせいには出来ないのでしょうが、相手の話を聞く力、理解する力が低下しています。だから、自分の言いたい事だけを主張してくる。「それは、できないんだよ」と話しても、頑固になり「俺には俺のやり方がある」と進めてしまう。そして、失敗する。すると本人は自分の衰えにショックを受ける。何とかしてあげたいけど、話が聞けない(理解できない)のなら何もしてあげられない。どうしたら、上手く会話が出来る(意思の疎通ができる)のだろう。やはり老親との付き合い方、どうしたらいいの?にも書かせて頂きましたが、精神科の先生のコラムに書かれていることを理解する必要があると思います。

 

 

精神科医、カウンセラーさん、介護職の基本となる手法に『傾聴』と云うのがある。簡単に説明すると、「耳」「目」「心」を傾けて真摯な姿勢で相手の話を聴くコミュニケーションの技法。受容と共感が特徴である。字のごとく耳を傾け聴くということですね。介護職の姪がよく言います。ただ、聞いて「そうなんだ~」「大変だね~」程度の返事をする。あまりムキになって聞かないこと。

 

 

しかし、困っている時は、軽く流す訳にはいきませんよね。本人も日常生活で困っている。何とかしてあげられないかと私なりに考え手助けしようとします。でも、意思の疎通が出来ないので、考えれば考えるほど気分がイラつき落ち込みます。これでは、私が潰れてしまうと思い、私のメンタルの主治医に相談しました。先生は、私の話を聞いて『すぐに連れて来なさい。認知になっている可能性がある。よく、ここまで支えて来たね。とにかく診察を受けて、あなたの負担を減らしなさい。』と言いました。すぐに診察の予約をしました。
認知になっているかも…そんな風に考えたことはなかった。色々と出来ないことは増えているけど、健忘症じゃないかと思っている。
よくお友達にも、ちょっとでもおかしいと思ったら診察してもらった方が良いと助言をもらっていました。その「ちょっとでもおかしい」の基準が難しい。こんな時、私に夫がいたらと思います。支えてくれる人が欲しいです。

 

 

介護をしていると、つい怒鳴ってしまうことがあります。怒鳴った後「また、怒鳴ってしまった。」と落ち込むのですよ。でも、この落ち込みは介護者だけではなく介護されている方もつらいそうです。「また、怒らせてしまった。」と思うそうです。だから、「落ち込み」は必要ないそうです。介護者は、自分を責めてはいけないそうです。私は、もっと優しくできないのかと自分のことを責めてしまう。母にも「あんたは、よくやっているよ。そんなに頑張ることないよ」と言われます。頑張っているつもりはないんですけどね。長女って細かい所に気付いちゃうので、色々とやってしまうのかもしれません。生真面目な性格もあると思います。父との接し方を変えないといけないのかもしれませんね。親の老いを見せられるのは、お別れの準備なのかもしれません。そう思うと丁寧に接したいと思います。

 

 

先日、父が大きな病院で脳の画像検査をしました。父は認知検査の結果、認知症ではありませんでした。やはり健忘症のようです。一応、脳の画像と血流を調べることになりました。私は、リウマチがあり遠くの病院には付き添えないので、妹に頼みました。妹は、少し早めに来たので改札で待ち合わせをしてランチを買うことにしました。改札で妹の顔を見た途端、涙が止まらなくなりました。抑えていたものがあふれ出てしまって…来てくれた妹にも感謝の気持ちもあり・・・。妹は「感謝しているのは、こっちだよ。いつも押し付けて申し訳ない。」と言いました。不意に出た涙に自分でも驚きました。私、こんなに抱え込んでいたんだな~と気付きました。甘え下手が、こういう所にも出るのですよね。もう少し、気楽にできるよう考えようと思います。それと、やはり気持ちの余裕は必要だと思います。最近、余裕がなかったから、追い込まれてしまったかもしれませんね。しばらく、ゆったりと過ごしたいです。なかなかブログに弱音を書けません。私のブログは、応援のブログですからね。でも、たまには書かせてくださいね。画像検査の結果は、30日に妹と聞きに行きます。また、その時のことは書かせて頂こうと思います。

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

2020年6月19日 (金)

スタンダード・ジャズ 26 

 

久しぶりにジャズのアップです。
梅雨の鬱陶しさを感じる季節ですが、ゆったりとお過ごしくださいね。

 

 

動画再生の場合、右クリックして【新しいタブで開く】もしくは【新しいウインドウで開く】を選択すると見やすいと思います。

 

 

サムバディ・ラヴズ・ミー(ダイナ・ショア) 

 

いつか王子様が(アーネスティン・アンダーソン) 

 

やさしい伴侶を(エラ・フィッツジェラルド) 

 

サムタイムス・アイム・ハッピー(ジョー・ウィリアムス) 

 

ソフィスティケイテッド・レディ(ナンシー・ウィルソン) 

スピーク・ロウ(ドロレス・グレイ) 

 

 

 

«つぶやき 58