無料ブログはココログ

« 上半期を振り返って | トップページ | インナーチャイルド »

2014年6月18日 (水)

私の先生

私の人生で出会った先生が数名います。

先生と云うより人生を明るくしてくださった方

刺激を与えてくださった方ですかね。

歌の先生、英語の先生、料理の先生、メンタルの先生・・・

 

 

歌の先生 神山純一氏。

とても温かい方でした。

私が上手く出来ず悩んでいる時は『ゆっくりやりましょう』と

励まして下さり、病気でレッスンに通えなくなった時もお忙し

い中お手紙を頂き『体を治して、またいらっしゃい』と慰めて頂き

ました。

好きな事を職業にする大変さも教えて頂きました。

 

 

英語の先生は、元GEOSのカナダ出身のジェイソン先生。

かなり長い間お世話になりました。

少人数のクラスだった為、マンツーマンになってしまう時があり、

お互いの人生相談をし合った事があります。

レッスン日以外でも教室に遊びに行っておしゃべりしていました。

外国人の意見は視野が広がります。

アメリカに居た時も「こんな考え方があるんだ!」と驚きました。

日本人の発想ではありませんよね。

文化、宗教の違いがあるのだと思います。

英語での会話は私を自由にしてくれました。

日本人独特の返事「so so(まあまあ)」「maybe(たぶん)」と云った

返事はあまりしません。

今でも不思議なのですが、英語になると人格が変わります。

自分を縛ることをしなくなるのです。

心も大きくなります。

使っている脳の部位が違うのでしょうか?

英語を使う仕事を短期間でしたがしていました。

その時も仕事中は英語なのでしっかり自分の意見を話していましたが、

外に出ると日本語になるので萎縮していました。

そのギャップに疲れて退職しましたけど…(^^

最近は、英語を使うこともなく日本人脳が長いので萎縮ぎみです。

英語も忘れちゃったな~ε-(o´_o)ハァ・・

 

 

料理の先生はTVでもおなじみの『カーリーおばさん』こと

カーリー西条さんです。

家がご近所でした。

今は先生が引っ越されましたが。

アメリカのお料理を英語で教えて頂きました。

先生は、日本語ペラペラです。

当時、スーパーでお会いすることもあり、つい立ち話をしてしまう

こともありました。

明るくて、太陽のような方です。

先生のご主人は牧師さんで、私のメンタル面も心配してアドバイス

を頂くこともありました。

 

 

メンタル面での先生は、たくさんいますが特にお世話になったのは

本田先生です。

診察時間外(午後)に私の為に時間を作ってくださり本来はしない

カウンセリング的な事もして頂きました。

私の日記1週間分に目を通しアドバイスをしてくれました。

日記には夜に観た夢も書いていたので、夢からの分析もして頂き

ました。

私の状態が落着いてくるきっかけをくれたのも先生のお陰だと

思っています。

 

 

そして、私を地獄から救ってくれたのが江原啓之氏です。

なにもかも嫌になって自殺未遂を繰り返していた時期があります。

原因となっている家族から離れた方が良いとの主治医の判断で

入院した時に、たまたま手に取った本が江原さんの本でした。

江原さんの言葉を借りると『偶然ではなく必然』ですね(^^

江原先生の本で私の心の闇は少しずつ晴れてきました。

「可愛い姪と甥に恥かしい伯母でいるのは止めよう。今度は私が

この子たちの支えになろう!」そう決めて生きています。

今でも心が落ち込んだり、問題を抱えてしまった時は江原さんの

本に書かれていたことを思い出し自分に言い聞かせます。

死んではダメだ!逃げてはダメだ!と・・・

自分の気持ちを冷静に分析する為に江原さんの本は役に立ちます。

私にはバイブルのようなものです。

 

 

私の子供時代のやり直しの先生は姪です。

子供とは、本来わがままに喜怒哀楽を表現するものです。

私の子供時代は、それがありませんでした。

喜怒哀楽を出すことを父は嫌いました。

いけない事だと思っていました。

子供時代と云う土台がないので、ちゃんとした大人にはなれませんね。

姪が生まれ彼女が幼稚園に行くまでほぼ毎日一緒に過ごしました。

「いや!」「やだ!」「やらない!」我がまま放題でした。

一緒に笑って、泣いて、遊んで、ケンカして・・・

私も幼い女の子になっていました。

彼女が高校生になるまで一緒に成長してきた気がします。

失った時間を取り戻す手伝いを彼女がしてくれました。

姪が生まれた当時、カウンセリングでインナーチャイルドとの

会話をしていました。

子供の私は泣いていました。「苦しいよ~助けて!」と。

インナーチャイルドを癒やすのに姪との時間は役に立ちました。

姪は本来の子供を教えてくれた先生でした。

 

 

人生には色々な人との出会いがあります。

以前、書かせて頂いた『類は友を呼ぶ』『因果の法則』でわかる

ように、すべて私のたましいが引き寄せた出会いです。

私自身が成長する為に必要な出会いです。

素敵な出会いに感謝です。

これからも、素敵な出会いがあるよう精進していきます。

 

 

 

« 上半期を振り返って | トップページ | インナーチャイルド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Elzaさん、おはようございます♪

人生を明るくしてくださった素敵な先生方との
出会いについてのお話、いいですね

そんな出会いが一つずつ積み上がって人生を
素敵なものにしていくのですね…。

ぼろも、Elzaさんを見習って、素敵な出会いを積み
重ねていきたいと思っています。

ぼろ さん

コメントありがとうございます。

人生には色々な方との出会いがありますね。
他にもお世話になった方はたくさんいます。
先生と云う意味では学生時代の恩師もいますよね。
私はあまり目立つ子ではなかったので
恩師とのエピソードはほとんどありません。

ここに書いた先生は、私が明るく過ごす楽しさを
教えてくださった方々です。
まぁ、姪は家族ですが・・・

この歳になると、新しい出会いも少なくなります。
でも、未来のことはわかりません。
楽しみに毎日を過ごしていきたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の先生:

« 上半期を振り返って | トップページ | インナーチャイルド »