無料ブログはココログ

« エルザの水泳教室~浮く、けのび(再掲載) | トップページ | L.A.での想い出 »

2014年7月20日 (日)

エルザの水泳教室~初心者のメンタルケア(再掲載)

このブログのアクセス解析を見ると夏に書いた『水泳教室』

シリーズのページを見ていらっしゃる方が毎日います。

特に『水慣れ』『背浮き』に集中しています。

水慣れと背浮きは基本ですからね。

思考錯誤しているご父兄が多いと思います。

どちらも共通するのは『水に対する恐怖心』です。

スポーツはメンタル面にも目を向けての指導が要求されます。

『恐怖心』を取り除くには、練習にて体で覚える他に

声掛けにも注意が必要です。

『水泳教室』シリーズでもその事は強調して書いたつもりですが…




街でよく見かける光景があります。

ある母子が歩いています。

子供がキョロキョロしながら歩いているのを母親が注意します。

『危ないからキョロキョロするな!』と叱ります。

皆さんなら、そんな子に何と注意しますか?

『前を向いて歩こうね』と私なら注意します。

この違い わかりますか?

前者は『○○するな』と否定形に対し後者は『○○しようね』と

肯定形ですよね。

指導する際 肯定形で話すよう指導員は教育を受けています。

これは、とても大切なことで、否定形で言われると凹みますよね。

肯定形だと素直に聞き入れやすくなると思うのですが…




この声掛けが『恐怖心』を取り除くのには大切なのです。

声掛けと練習で『恐怖心』が『自信』に変わります。

なかなかできないと『そうじゃないだろ!何でできないんだよ!』

と言いたくなりますが、そこを一呼吸置き『いいね~!

こうやるともっと良くなるんじゃないかな~』と声掛けすると

意欲も出てくると思います。

後は無理強いしないことです。

本人のやる気スイッチを上手に使ってください。

今の子供は、私ら昭和の子供と違って打たれ弱いです。

過保護のせいでしょうかね~

ちょっとでも叱ると親からクレームが来ますよΣ(=Д=)ノヒィィッ!!

上級者になるとかなり厳しくしてもクレームは来ませんが…

選手育成コースの子達は、いつも『ボケ!そんなこと教えてないぞ!

人の話を聞け!スカポンタンが!』と怒鳴られていましたねヒィー(>ω<)

私も言ってましたけど( *´艸`)クスクス

でも、そこには『愛』があります

 

« エルザの水泳教室~浮く、けのび(再掲載) | トップページ | L.A.での想い出 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルザの水泳教室~初心者のメンタルケア(再掲載):

« エルザの水泳教室~浮く、けのび(再掲載) | トップページ | L.A.での想い出 »