無料ブログはココログ

« エルザの水泳教室(再掲載) | トップページ | エルザの水泳教室~浮く、けのび(再掲載) »

2014年7月20日 (日)

エルザの水泳教室~背浮き、背面けのび(再掲載)

潜れるようになったら、浮いてみましょう。

水に浮くことができる人には恐怖が理解できるでしょうか?

大人は理論的に解っているでしょうが、子供は理解できません。

恐怖心を取り除いてあげて、体感させるしかありません。

まず、背浮きから始めてみましょう。

なぜ、背浮き?もっと怖いじゃん!って思われるかもしれませんが、

顔をつけて浮く方が恐怖心は強いのです。

背浮きなら息ができるのでリラックス(脱力状態)を作りやすいのです。

第一段階は、ビート板を使用します。

大人が付き添って補助してあげてくださいね。

ビート板を抱きます。

この時、ビート板の位置は喉の下にくるようにしてください。

肩まで沈みます。

この時、補助の人は子供の頭に手を添えてあげてください。

そして、同時に腰も支えてあげ水面に寝た状態にします。

補助する人の立ち位置は子供の頭の方です。

水面に寝た状態の時に力が入っていたり(腰が沈む、足が水上に出ている)

する場合は、腰を補助している手を少し左右にゆっくり揺らしてみてください。

脚がユラユラ、クニャクニャすればリラックスできている証拠です。

子供への話しかけとしては「布団に寝ている時と同じだよ。手で支えて

いるから大丈夫だよ。おやすみ~」てな具合で  

呼吸は水慣れで紹介させて頂いた通り鼻から出して口から吸うです。

これもきちんとやらせてください。

リラックスに繋がります。

 

 

ビート板を使って力が抜けているなら、第二段階です。  

まず、姿勢作りです。

両腕を上にあげ耳の後ろに肘を付け手を重ねます。

この姿勢は、顔を水面につけて浮く(けのび)時も基本姿勢になります。

Photo

(写真は他のサイトから拝借しました<m(__)m>

では、水に入ってみましょう。

プールサイドに両手を置き、上を向き、片足裏を壁につけます。

その姿勢が出来たら補助の人は頭を支えてあげてください。

ゆっくりと両手を横から頭の耳裏へ水面を撫でるように上げていきます。

同時に腰を上げ、両足で壁を蹴ります。

脚は真っ直ぐ伸ばします。

勢いで水面を流れていきます。

途中で潜ってしまう場合は、腰がちゃんと伸びていないか、勢いが

足りないのかもしれません。

この動作のタイミングは練習して身体で覚えるしかありません。

手をプールサイドから離したのと同時に腰を上げるのがコツでしょうかね。

怖がっている場合は、腰を軽く支えてあげるといいと思います。

ε-(o´_o)ハァ・・

やっとここまできましたね(´゚∀゚`;)

次回は、顔をつけて浮く(けのび)を書きたいと思います。

 

« エルザの水泳教室(再掲載) | トップページ | エルザの水泳教室~浮く、けのび(再掲載) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルザの水泳教室~背浮き、背面けのび(再掲載):

« エルザの水泳教室(再掲載) | トップページ | エルザの水泳教室~浮く、けのび(再掲載) »