無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

心のお洗濯

今月は病院通いでバタバタして・・・

ちょっと疲れました。

今日は久しぶりにのんびり過ごしています。

疲れた時には身体を休めますが、最近は心のお洗濯(癒し)も

していませんでした。

本当に久しぶりに癒やしの音楽を聴きました。

フッと涙が出てきて・・・

やはり心も疲れていたのですね。

ひとりの時間は大事です。

今日は朝からこの曲が頭から離れずユーチューブで検索して聴きました。

彼女の歌声は本当に癒やされます。

みなさんにもお裾分け

Lascia Ch’io Pianga /  Hayley Westenra

2014年11月27日 (木)

ちいさな恋のメロディー♡

あるところの、ある小学校にHくんという小学5年生の男の子が

いました。 彼はクラスで1番モテる男の子でした。

ある日 Hくんのクラスに東京からEちゃんという女の子が

転校して来ました。

ある日 Hくんは、Eちゃんを校舎の裏に呼び出しました。

そしてHくんは『僕と付き合って』と告白しました。

Eちゃんは、すぐには返事をしませんでした。

数日後 EちゃんはHくんと付き合うことにしました。

学校の帰りに近くの公園に行き、ブランコに乗ったり、一緒に

写真を撮ったりしていました。

休みの日には、遊園地へも行きました。

   ミニ画ホムペ素材高画質ゆるふわパステルシャーベットカラーレトロ茶色の画像 プリ画像  

中学生になった二人はクラスが別々になってしまいました。

Hくんは、Eちゃんにハート型のロケットペンダントにお互いの

写真を入れてプレゼントしました。

二人はいつもそのペンダントを身に着けていました。

昼休みになると、くんのクラスがある第一校舎とEちゃんの

クラスがある第二校舎を繋ぐ渡り廊下でおしゃべりをして過ごしました。

渡り廊下の画像 プリ画像

中学生になって初めてのバレンタインデー、Eちゃんは彼にあげる

チョコを買うお金がありませんでした。

『彼はたくさんの女の子からもらうんだろうな~。安いチョコを

渡すのははずかしいな~』と思っていました。

前日まで迷い… 結局 不二家の100円ハートチョコを渡しました。

Hくんは、ニコニコして『ありがとう』と受け取りました。

2年生も終わろうとしていた頃でした。

Eちゃんは家庭科の調理実習で作った炊き込みごはんをおむすびに

してHくんに渡しました。

ところが、Hくんの友達が『こんな物いらねーんだよ』と

Eちゃんの前で廊下に叩きつけました。

Eちゃんは泣きながらその残骸をかたずづけました。

Eちゃんの友達はHくんに『どーいうことよひどいじゃん』と

詰め寄りました。

Hくんは『あいつ、他に好きな奴がいるんだろー俺と別れたけりゃ

はっきり言えよー』と・・・

Eちゃんは、何が何だかわかりませんでした。

Eちゃんは直接Hくんのところへ行き話をしましたが、Hくんは

怒りEちゃんの前でお揃いのペンダントをちぎりました。

『もう、終わりだー』と叫びながら・・・

HくんとEちゃんの恋は終わりました。

後日 なぜHくんが怒ったのか判りました。

Hくんのクラスの女の子がHくんに嘘の情報を流し自分が

Hくんと付き合おうと企んだ為だったと。

Hくんは、そのことを知り その女の子を酷く責めたそうです。

 
                    Photo

高校生になった二人は、駅で会うことがよくありました。

Hくんは上りホーム、Eちゃんは下りホーム。

いつも向かい合うように立って電車が来ると笑顔で挨拶をしました。

その後の二人はどうなったのかな~

(>_<)マセタガキだ

こんなこともあったな~なんて思い出す~

あっ、これあくまでもある男の子と女の子の話ですので…(。´pq)クスッ

 

2014年11月23日 (日)

恋話

以前のブログ記事ですがリクエスト(?)がありまして…

お恥ずかしながら、一部書き直し再投稿いたします(*--)

なんとも可笑しな恋話ですが、お付合い頂けたら幸いです(´--`;)


 Glamourの画像 プリ画像 


私と彼が出会ったのはお互いに18才の時でした。

一緒に留学する仲間でした。

留学中は学校の寮に住んでいました。

居住者はすべて日本人です。

私は4人部屋にCちゃん、Rちゃん、Yちゃんというメンバーで、

その上の階に彼の4人部屋がありメンバーは彼の他はMくん、Iくん、Sくんでした。

お互いに部屋を行き来し、食事も一緒にする仲でした。

CちゃんはMくんと、RちゃんはIくんと、YちゃんはSくんと付合っていましたが、

私は彼とは付合っていませんでした。

なぜなら、私の友人K子ちゃんが彼のことが好きだったから…

K子ちゃんは田舎の子で純粋な良い子でした。

周りもK子ちゃんを応援していました。

私はK子ちゃんを傷付けたくはなかったので、彼への想いは心の中に

しまいました。


でも、私は彼と過ごす事が多かったです。

私がハリウッド、ダウンタウンに行くと言えば「ボディーガードで一緒に

行ってやるよ」って…

旅行にも一緒に行きました。

旅先では『何か買ってやるよ』と言う彼に私は『いらない』と

冷たい返事をしていました。

いつも、私の悩み(家族のこと)を聞いてくれてアドバイスをくれました。

 

 

そんな生活が6か月・・・

帰国し最初の授業中 なぜかクラスの違う彼が私の隣にいて

「この授業が終わったらスケートに行こうよ!」としつこく誘ってきました。

私は「この後タイピングの授業があるからダメ!」と断っていましたが、

授業が終わるなり「スケートに行くぞ!」って私の手を引っ張って学校の外に

連れ出されてしまいました(;^ω^)

代々木のスケートリンクに行きました。

スケートが苦手な私に『教えてやるよ!』と言う彼に私は『いい!』と

またしても冷たい返事を…

帰りは明治神宮を手をつなぎながら歩き原宿に出て、電車に乗り

新宿まで一緒に…

改札を出ると「じゃあ、またな!」って…(_)オクッテイケヨ!

 

 

その翌日から私は学校へは行かなくなりました。

彼とデートしたことをK子ちゃんの友達に知られたらと思うと怖くて…

女の世界って怖いですよね~(((;゚д゚)))

K子ちゃんとは違う仲間との飲み会には参加していましたが、いつも私と彼は

すれ違いで会うことはありませんでした。

お互いに『夢』に向かって突っ走っていました。

 

 

それから10年後、28才の時 私は彼のことが忘れられなくて連絡を取りました。

「私、あなたの事が好きだったんだよ」と言うと「なんで、その時に言って

くれなかったの!」って(_)

彼は医大生でインターンの時期でした。

「来週から1年間盛岡の大学病院で研修だから、連絡先を教えておくね」と。

1回の電話を数か月続けました。

私は彼に支えて貰いたかったけど、彼はそれどころではないと思い連絡するのを

止めました。

親は婚期とばかりにお見合いをさせ、付合っても私には彼の代役でしかなかった

んですよね。

それって、お付合いしている男性に失礼ですよね。

だから、両親に彼の話をしてお見合いも止めました。

 

 

それから10年後、38才の時 私はまた彼に連絡を取りました。

彼は開業医で、ネットで検索すると出てくる程の立派な脳神経外科医になって

いました。

しかも、すでにバツ3でした(´゚Д゚`)ンマッ!!

また、数か月連絡を取りましたが、彼の家庭を壊してはいけないと連絡するのを

止めました。

 

 

それから10年後、48才の時 今度は彼から連絡がありました。

すこしお酒が入っていたようですが話を聞くと「カミさんに男がいるんだよ。

どうしたらいいんだ?俺は君を選ばなかったことを後悔している。

今からやり直せないかな?」(_)オイ!

私は「もう、私の中では終わって過去の人になっているよ。

お互い若かりし日の面影はないだろうし、色々経験して変わっていると思うよ。

もう、過去に縛られるのは止めようよ。縁がなかったんだよ」と話しました。

彼は「ごめん。本当にごめん。自分勝手でごめん。」と泣き出して(_)オイオイ

私の親友は「あんた、もったいないことしたね~。医者の奥さんに成り損なった

んだよ!」って言うけど、たまたま彼が医者だっただけですし、

医者の奥方は寂しい思いをすると彼の話を聞いて思いました。

 

 

恋人 夕日 素材 背景 原画 カップル 綺麗の画像 プリ画像


10年ごとにやって来る私と彼の不思議な関係はもう終わりにしたいと思います。

男と女って複雑でワカンナ~イ(´ェ`)-・・

私達は「タイミング」がつかめなかったのでしょうね。

でも最近フッと寂しくなると彼のことを思い出します。

以前ある方に『彼はあなたを支えてくれる男ではないよ。』と言われました。

私もそう思います。

彼の自分勝手なところは嫌いでしたしね。

私が彼に求めていることは『良き理解者』だけど、それは私が作り出した

『彼』のイメージでしかないと思うのです。

いつも私の話を聞いてくれたことで彼を『良き理解者』に作り上げてしまった

と思っています。

私の話をちゃんと聞いてくれた男性は彼だけですから。

親友に『会って話さなきゃ駄目だ』と言われましたが…

逢ってしまうと忘れられなくなりそうで怖いです。

お互いに見た目は変わっているしね(^^

このまま「良い想い出」にしたい。

その方がいいのではと思っています。

 

 

 

くだらない恋話にお付合い頂きありがとうございました(*・ω・)*_ _))ペコリン



2014年11月19日 (水)

ジェンカ

ここ2~3日 病院が続いたので疲れてお昼寝をしてしまいました。

来週も自分の外来、母の付き添いと忙しいです。

昨夜 ボーっとしていて、ある曲が頭に浮かびました。

その曲は『レットキス(ジェンカ)/ 坂本 九』です。

 

小学生の時に流行り、冬場の朝礼後 全校生徒で身体を温めるために

校庭1周踊りました。

1年生から6年生まで入り乱れてひとつの輪で踊りました。

昼休みにも自分たちで歌いながら踊っていると低学年の子が

繋がって来たりと楽しかったですね。

 

同年代の方は懐かしい曲だと思います。

レットキス(ジェンカ)/ 坂本 九

こちらはダンスです。

歌は、橋幸夫さんバージョンです。

 

今日も風が冷たいです。

風邪には気を付けてお過ごしください。

2014年11月15日 (土)

Jackson Browne

今回はジャクソン・ブラウンを。

来年の春に来日すると聞き…

聴きたくなりました。



Running on Empty


Stay


Somebody’s Baby



Doctor My Eyes



The Pretender



Late For The Sky



Take It Easy



Lawyers In Love



2014年11月13日 (木)

大学病院での結果

本日、大学病院へ行って来ました。

検査の結果 すい臓に炎症があるが気にするレベルではないそうです。

胃に関しては、完全に『ストレス』で荒れているそうです。

ストレスを減らす事に関しては精神科の先生と相談して、

内科的にはお薬でしばらく整えましょうとのこと。

あと、検査をしていない臓器は大腸だけなので総合病院のほうで

検査をすることになりました。

ちょっと安心しましたが、出血の部位が特定できていません。

この調子でいくと大腸の可能性が…

 

CTでの検査を薦められましたが、私はパニック発作を持っていて

閉所が駄目な為、他に出来る検査で出血部位を探すことにしました。

昔 CTの検査で大発作を起こし苦しい思いをしたので

出来れば避けたい検査です。

我慢とかの問題ではないので…ムリ(乂д´)ムリ(乂д´)

 

完全にストレスにやられたと思いました。

すい臓は、怒りの臓器です。怒りを溜め過ぎるとやられます。

胃は、感情的な問題や何かを思い詰めているとやられます。

全て自分が招いたことです。

自分で蒔いた種は自分で刈り取ります。

大腸の検査は12月中旬です。

それまでに今年の反省をして心を癒します。

毎日 守護霊から少しずつメッセージを頂いています。

目が覚めた瞬間にいらっしゃるので枕元にメモ帳を置いています。

最近は自分と向き合うことをしていなかったので良い機会です。

ちゃんと今年を整理して新しい年を迎えたいです。

 

みなさまからの温かいコメントに感謝しています。

不安な心を救って頂きましたビェ─・゚・(>д<)・゚・─ン!!

本当にありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン

 

 

2014年11月 8日 (土)

検査結果

体重減少、食欲不振の原因を探す為に検診を受けました。

再検査になりました。(-´ω`-)シュン

異常なしと聞き安心して帰宅しましたが、夕方 病院から

電話があり、内臓のどこかで出血があるとのこと。

しかし、貧血はないので心配はないと思うがとのこと。

 

内科の主治医が10月に変わりました。

新しい先生は、電子カルテを使えず手書きの為 診察が終わってから

電子カルテに書き込みます。

その時点で異常に気が付いたようです。

 

4月に救急搬送された時も同じことを言われています。

食欲は少し戻って来てはいますが、食後の胸焼けに苦しむので

食べ控えています。

昨日からすっかり凹んでしまい、寝たり起きたりと病人です。

だって、4月から内臓のどこかで出血が続いていると云う事ですよね。

そう言われれば時々 血の臭いを感じていました。

 

母が心配して・・・

『お姉ちゃんに今 倒れられたら困るわ。頑張って!』と。

充分頑張っているのに・・・(T_T)

すっかりネガティブ思考です(-´ω`-)シュン

涙がポロポロ出てくるし…

身体は辛いし…

入院したい気分ですが…

でも、まだ踏ん張れるだけの気力はあります。

 

しばらく広場を留守にするかもしれません。

ブログの更新も出来ないかも・・・

体調と相談しながらお邪魔します。




2014年11月 3日 (月)

無事に終了!

 

9月中旬から始まった姪の週末お泊りが無事に終了しました。

 

姪もよく頑張りました。

 

金曜日 学校から我が家へ帰って来て、土曜日 我が家から

 

講習会会場へ行き、夕方 我が家へ帰宅。

 

日曜日また我が家から講習会会場へ行き、夕方我が家へ帰宅し

 

夕食をして自宅へ帰ります。

 

 

遊びに来ている訳ではないので、夜は夕食後 11時まで勉強。

 

私の部屋を使う予定でしたが、色々と資料を広げたいというので

 

リビングでひとり勉強していました。

 

しかし、じいさまのいびきがうるさくて…ヒィー(>ω<)

 

iPodを聴きながらやっていました。

 

 

私も毎回 いつもなら作らないメニューを作れて楽しかったです。

 

老親と暮らしていると食事もカロリーを抑えたものになります。

 

若者が居ることで高カロリーのものを作れますし、食べられます。

 

スイーツ系も毎回作りました。

 

姪からは毎回 合格点を頂きルン♪ (≧▽≦) ルン♪

 

高カロリーな食事も両親は『たまには良いわね』と喜んでいました。

 

2014


31日のハロウィーンには、かぼちゃのタルトを作りました。

 

ちょっとタルト台を焦がしてしまいました(-´ω`-)シュン

 

取り分ける時に母がタルト台をバリバリと外し出して・・・

 

姪『あーちゃん、これも食べるのこれがあってタルトなの~』と

 

 ≧(´▽`)≦アハハハハハ

 

母『そんなの知らないわよ。食べたことないもの~(苦笑)』

 

姪『ママがいつも買って来るじゃん。』

 

母『覚えてない。(苦笑)』

 

そんな可笑しなやり取りがありました(笑)

 

2014_2

 

2日 妹が姪を迎えに来ました。

 

姪が帰宅するまで、いつものように妹のマシンガントーク炸裂

 

夕方 姪が帰宅し一緒に夕食をしました。

 

この日のメニューは、ラザニア、ミラノ風カツレツにサラダ、それと

 

ティラミスでした。

 

みんなで楽しく過ごしました。

 

姪がステラおばさんのクッキーを買って来てくれました。

 

帰る前に姪が『長い間お世話になりました。泣きそう…

 

また、1月に本試験があるので、その時お世話になります。』と^^;

 

帰った後、ちょっと寂しかったです。

 

隣に寝ていた姪がいないのは…

 

今度会うのはお正月かな?

 

賑やかな日々をありがとう

 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »