無料ブログはココログ

« 心の場所 | トップページ | KEANE(Keane Brothers) »

2015年3月10日 (火)

England Dan & John Ford Coley

前回は、堅苦しい記事だったのでリラックスして音楽をお届けします。

イングランド・ダン&ジョン・フォード・コリー

1970年から1980年にアメリカで活動したソフト・ロック・デュオです。

最後にご紹介している『Keep Your Smile』は、日本の珈琲CM曲として

馴染みがあると思います。

爽やかなハーモニーが素敵です。




I’d Really Love To See You Tonight




Nights Are Forever Without You




What Can I Do With This Broken Heart




Love Is The Answer




We’ll Never Have To Say Goodbye Again




Keep Your Smile




« 心の場所 | トップページ | KEANE(Keane Brothers) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。


何だかすごく爽やかサウンドでGOODですね!
いいわ~!コーヒーがおいしく感じます。
一番最初の曲も聴いたことがありますよ。
「Keep Your Smile」も聴いたことがあります。cmソング
だったのですね。

korokoroさん

コメントいつもありがとうございます。

寒さで気持ちが落ち込んでしまいそうで
爽やかな音楽をと思いました。
ポール・ニューマンのCM起用は凄いと思いました。

「I’d Really Love To See You Tonight」を聴いて
40年ほど前にタイムスリップしたような気分です。
当時リアルタイムでラジオから流れてきた曲に
心が癒されました。
今聴いてもほっとする曲です。(/ ^^)/アリガトネ


ひでじろう さん

コメントありがとうございます。
少しでも元気が出て癒やされたのなら幸いです。
最近、元気がないようだったので…
広場のプロフ見てそう思いましたが…
違ったらごめんなさいね。

ご心配おかけして申し訳ありません。
心は変わりやすく、落ち込みやすい時もあります。
でも大丈夫です。
 
当時好きだった曲をお返しに紹介します。

http://urx.nu/iq9u

ひでじろう さん

ありがとうございます。
『Year of the cat』懐かしいですね~
私もこの曲 好きですよ。
たぶん年代は同じころだと思いますが
Andrew Goldの『Lonely Boy』もよく聴いていました。
70年代は素朴な哀愁のある曲がありましたね。
正しく青春です(o^―^o)ニコ

私達の年齢は色々な変換時期なのだと思いますよ。
仕事もある程度の地位につき、親の介護問題もあり、
身体的にも不調が出始めます。
楽しく過ごしましょうよ!
物は考えようです。前を向いて歩んで行きましょう。
男性は、女性よりも前を向くことには長けていると思いますけどね。

また、遊びに来てください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: England Dan & John Ford Coley:

« 心の場所 | トップページ | KEANE(Keane Brothers) »