無料ブログはココログ

« KEANE(Keane Brothers) | トップページ | つぶやき 4 »

2015年3月21日 (土)

Mike Porcaro(TOTO)

Mike_porcaro

先日、悲しいお知らせがありました。

TOTOのベーシスト マイク・ポーカロ死去のニュースです。

マイクは、スタジオ・ミュージシャンでした。

1982年にTOTOの正式メンバーになりましたが、それ以前に

高校生時代 兄ジェフ、弟スティーブ、デヴィッド・ぺイチ、スティーブ・

ルカサー(現TOTOメンバー)とバンド活動をしていました。

2007 筋委縮性側策難化症(ALS)を発症し療養していました。

ドラマーのジェフを失い、マイクも療養してしまい翌年2008

TOTOは解散しました。

2010年にマイク救済の為、TOTOを期間限定で再結成しツアーを開催。

マイクの代役をフォープレイのネイザン・イーストが務めました。

2015315日 自宅で家族に見守られ永眠しました。

59歳でした。

ご冥福をお祈りいたします。

 

この318日に9年ぶりのTOTOの新譜がリリースされました。

TOTOのウェブサイトで少し聴きましたが…

TOTOサウンドの復活を感じました。

ヨーロッパ・ツアーも始まります。

そのままワールド・ツアーになれば日本にも来ますね!

彼の高めにギターを抱える姿が印象的です。

訃報を聞きショックでした。

ALSは、宣告から余命8年と言われているようで最近どうしているのか

気になってウェブ・サイトを覗いていたのですが…

残念です。

 

 

マイクが参加した曲を幾つかピックアップします。

あまりにも膨大な数ですのでほんの一部ですが。

 

You Can Do Magic / America

View From the Ground(1982)




Change of Heart / Eric Carmen

Change of Heart(1978)



All Right / Christopher Cross

Another Page (1983)



You Oughta Know By Now /Ray Kennedy

Ray Kennedy(1980)



I Keep Forgetting / Michael McDonald

If That’s What It Takes(1982)



Captain Fingers /Lee Ritenour

Captain Fingers(1977)



Lido Shuffle /Boz Scaggs

Silk Degrees(1976)



最後にMikeの演奏姿を

Africa /Rosanna/Hold The Line  /  TOTO

もう、涙なしでは観られないビェ─・゚・(>д<)・゚・─ン!!

 

日本のアーティストの作品にも数多く参加しています。

渡辺美里(Flower Bed)、杉山清貴(Add Water)、竹内まりあ(Beginnings)、

河合奈保子(Daydream Coast,91,2)葛城ゆき(L.A.Spirits)、

浜田麻里(In The Precious Age)、etc

 

Thank you, Mike. I love you.

I pray soul may rest in peace.


« KEANE(Keane Brothers) | トップページ | つぶやき 4 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

そうでしたか。それは残念ですね。。
それにしても名曲ぞろいですね!

ミュージシャンって労働時間も不規則だし、移動も大変ですし
スタジオやコンサート会場って空気も悪いし、ご自身が音楽
好きでも、観客の皆さんを喜ばせるというのはただ好きな
だけでは出来ないお仕事ですしね。ストレスが多いでしょうね。。
ご冥福をお祈りいたします。

エルザ さん


こんにちは、初めてコメントさせて頂きます335と申します。

去年の春に TOTO のステージを観に行きました (もちろん、ベースはネイザン・イーストでしたが)。残念ですね、仕方のない事ではありますが、ここ最近は本当に訃報が増えた気がします。ご冥福をお祈り致します。

しかし上記の動画を見ると、スタジオ・ミュージシャン同士の繋がりは昔から固い絆で結ばれているんだな…と改めて実感します。

korokor さん

コメントありがとうございます。

そうなんです。
個人的に彼ら兄弟には想い入れがあります。
この1週間 悲しみに浸っています
確かに『好き』だけでは出来ない仕事です。
でも、1度ステージに立ってしまうと、その快感は忘れられません。
スタジオでもブースに入ると独特な雰囲気があり
地道な作業にハマります。
バンドの場合は、メンバーとの一体感が心地いいのです。
使命感のような…生き甲斐になるんです。
どんなことも苦にはなりません。
また、音楽をやっている人間は普通の人とは違う感覚があるので。
楽しいを通り越してしまうのですね。
言葉は悪いかもしれませんが一種の『中毒』ですね。
私は、成し遂げられなかったけど…
彼らのお陰で良い夢を見させてもらいました。
感謝ですね。

ES335TDC さん

ご訪問、コメントありがとうございます。

いつもポチありがとうございます。
本当に残念です。
しかし、Jeffの時とは違いファンも覚悟が出来ていたと思います。
Jeffは、本当に急でしたからね。
彼ほどの一流になるとその繋がり、信頼関係は強いでしょうね。
増して、一流プロデューサーに気に入られたら
さらに絆は固くなると思います。
ALSで不自由な体も今は自由になっているはず…
そう思うと少しはなぐさめになるのでしょうかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mike Porcaro(TOTO):

« KEANE(Keane Brothers) | トップページ | つぶやき 4 »