無料ブログはココログ

« 懐かしのビルボード・ランキング 1976年 Vol.2 | トップページ | つぶやき 5 »

2015年4月17日 (金)

想い出の写真

インストラクター時代の写真です。

Daiti_san_2

 

こちらは、鈴木大地さんが当スクールにいらした時にコーチ室で撮りました。

(派手なシャツを着ているのが私です)

この日は記録会で子供たちもプールに集まり、鈴木選手からの指導、

泳ぎを見ました。金メダルもさわらせて頂きました。

50Mをほとんどバサロで(もぐって)泳ぐ姿に驚きました。

ストロークの大きさ、キックした時の重い音にもビックリです。

特に選手育成の子たちは鈴木選手の泳ぎに固まっていました。

子供たちには良い刺激になったと思います。

 

Nomikai

こちらは、職場の仲間との飲み会でのものです。

私より一回りも違う年齢の子たちがいつも誘ってくれました。

彼らのテンションの高さに刺激を受けました。

無理することなく楽しませてもらいました。

前でピースしているのが私です。

 

Karaoke

こちらは仲間とカラオケに行った時の1枚です。

飲み会同様 完全に酔っ払っています。

オレンジのシャツ姿が私です。

鼻にポテトを入れている君~

食べ物で遊ぶな~

みんな弟みたいで、しょげている時は彼らの引出しに

こっそり『気にするな』とメモを忍ばせたな~

Chorch_room
 

こちらはコーチ室での1枚です。

 

電話をしているのが私ですが・・・

 

父兄と大事な話をしているのに『先生!こっち!笑って~』って言われ、

 

スマイルする私は何なんでしょうか?

 

仕事の邪魔をするな~

 

その後もキャッキャッと撮影会は続けられました。

 

勿論、私はお仕事を続けました。

 

 

 

この子たちがいた3年間は、ベスト・チーム・ワークでしたね。

 

みんな どうしているのでしょうか?

 

数人とは今でも連絡を取っていますが・・・

 

みんな立派な保育士さんになって、パパ・ママになっているの

 

でしょうね。

 

当時バイトに来ていた子は近くの大学で保育を勉強していた

 

学生さんがほとんどでした。

 

さすがに子供の扱いは上手でした。

 

 

 

 

 

当時、私は30代~40代前半でした。

 

14年務めました。

 

最後の1年は指導から離れフロント業務をしました。

 

指導中に大きな事故を1度経験しています。

 

命に別状なかったのが幸いです。

 

泳法指導だけではなく、子供の命を預かる仕事です。

 

事故は起こしてはいけないのです。

 

体力的、精神的に疲れ切ってしまい退職しました。

 

楽しく、やりがいのある仕事に恵まれたこと、

 

上司や仲間に恵まれたことに感謝しています。

 

 

 

退職後は、仕事でボロボロになった身体を整えること、

 

メンタル・ケアに専念しました。

 

今、50代になり自分の歩んで来た道を振り返り後悔はありません。

 

退職後、私を外に連れ出そうとする人もいます。

 

そうしようとする人に対しては不愉快になります。

 

なぜだか、男性にそうされることが多いです。

 

父にしてもご近所のお爺ちゃん、仕事仲間にしても…

 

どういう心理なのでしょうか?

 

余計なお世話です。放っといて欲しいです。

 

そういう方とはやはり疎遠になってゆきますね。

 

私の友人たちは皆、私を理解してくれています。

 

私は、毎日を穏やかにのんびり過ごしたい。

 

私が大事にしている事を理解して一緒に大事にしてくれています。

 

無理強いもしません。ありがたいことです。

 

楽しみって人それぞれだと思います。

 

私は、ご近所さんと通りすがりにおしゃべりしたり、本を読んだり、

 

音楽を聴いたり、近場をお散歩したり、たまに親友と近況報告でランチしたり、

 

たまに姪・甥・妹が遊びに来ます。同じマンションのお友達の部屋にお邪魔して

 

おしゃべりすることもあります。

 

そして何より自分一人の時間を大切にしたい。

 

たわいもない毎日ですが、そんな毎日が心地いいです。

 

傍から見ると引き籠っているように見えるかもしれませんが。

 

結構、1日動いていますよ。

 

家族を支えていく為には私自身がしっかりしていなければいけません。

 

その為にも自分を誤魔化していないか確認するひとりの時間は

 

とても大切なのです。

 

 

 

 

 

年上のお友達がこんなことを言っていました。

 

『私達の年齢になると子育ても終わり自分の親との想い出作りに入るのよね。

 

いつか、旅立つ親との時間を作るようになるのよ。親元を離れて

 

自分の家族を持っても結局最後は自分の生まれた家族の所に戻るのよね。』

 

友達のこの言葉。私の心にずっしりきました。

 

年上のお友達の言葉は有難いです。

 

不安を消してくれますからね。

 

妹が最近、頻繁に来るのも両親との時間を楽しむ為でしょうね。

 

妹がこんなことを言いました。

 

『お姉ちゃんは、いつもお父さんお母さんと一緒だから想い出もたくさん

 

あるだろうね。でも、私はお姉ちゃんよりはるかに想い出が少ないよ。』

 

おっしゃる通りです。

 

 

 

話しが脱線しましたかね。

 

昔を懐かしむ年齢になりました。

 

私が歩いて来た道に花は咲いたかな…

 

これから歩む道も花が咲きますように。

 

穏やかな日々が送れますように。

 

温かいぬくもりにつつまれて…

  

« 懐かしのビルボード・ランキング 1976年 Vol.2 | トップページ | つぶやき 5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

拝見しましたー。最初の画像で目隠しないのが。えっ?エルザざんは男性?と・・・(笑)違ったー。
色々な人生ありますよね。

私は,今 誰とも交流はしてません。嫌われ者?と感じることもあります。だけど・・・今は苦痛であり煩わしいのです。
確かに精神も身体も悲鳴です。

でも・・・人が助けてはkyれえばい、愚痴言ったって!と自分で踏ん張ってる。

でもエルザさん、声をかけてくれるって言うのはありがたいよ。
自分の親は自分だけど・・・私も逃げたくなります。

できない・・・でも頑張れない私もある。

独り言多くなっちゃってる。ブツブツ・・・

今日、母の往診のお支払言ったら、以前に行ってた飲みやのママにあったの。数年ぶり。

「太った?」うるせーよ!
女って、合言葉?「ちょっと痩せた?太った?
どうでもいいんだ!こっちは大変なんだ!

って気分でした。妹さんいて羨ましい。私は今日は傷ついた。
へんてこコメントでごめんね。お母さん大変そうですね。
身体気をtけてね。

yui さん

早速のコメントありがとうございます。

いやいや男じゃありませんって…
精神的に余裕がないと交流は難しいでしょうね。
でも、私…結さん偉いと思います!
ちゃんと頑張っているもの!

誰だって愚痴の1つや2つはありますよ。
それを吐き出さないと貯まってネガティブになってしまいます。
私は、毎日の日記に吐出しています。
それでも、すっきりしない時はネットのお友達にメールします。
愚痴なら女性のお友達。解決したいのなら男性のお友達に。
その方、いつも理性で適切なお返事をくださいます。
有難いことです。
親友に電話で話す事もありますが、みんな今は体調不良で
余裕がありません。

女性の、太った?痩せた?は挨拶みたいなものでしょうね。
でも、本心は相手の腹の中をさぐることだと聞いたことがありますよ。

妹が居てもよっぽどの事が無い限りは彼女に話すことはありません。
彼女にも家庭がありますからね。
ただ、母の状態や父の状態は報告します。
私は介護している訳ではないので大変なことはありません。

いつもお気遣いありがとうございます。

子供たちが鈴木大地さんの泳ぎを目にした刺激は
大きかったでしょうね。
絵でもなんでも、本物を見ることがいかに大事か・・。

また、エルザさんが体験されてきたさまざまなこと、
考えさせられることが多いです。

まだまだ未熟な私ですが
これからいろいろな経験をして
一歩一歩進んでいかなくてはと思います。

ホシノ さん

いつもコメントありがとうございます。

本物はいい刺激になりますね。

私もまだまだ修行の身です。
感情的になってしまいます
まぁ、女ですから仕方がないのですがね~
良いお友達に恵まれて皆さんのぬくもりに包まれて
穏やかに自分の時間を楽しみたいと思っています。

私が安心できる場所は、家族の居る所だと…
ホシノさんもご家族との繋がりを大切に。

花が咲ける道を造るのは、結局自身なんじゃねえのか?
おらは、そう思う…!( ̄- ̄)ゞ
↑おらは誰だ‼( ̄▽ ̄;)
ま、人生まだまだこれからさ!( ̄- ̄)ゞ
↑お出掛けですか?…( ̄。 ̄)

牛魔王 さま

コメントありがとう(^^)/

仰る通りでございます!
自分らしく無理することなく歩んでゆけばいい。
理想の自分と現実の自分にギャップが出ると辛くなる。
だから、いつも自分との会話を大事に過ごす。
自分の考え方次第で楽にも苦にもなる。
そう思って精進いたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想い出の写真:

« 懐かしのビルボード・ランキング 1976年 Vol.2 | トップページ | つぶやき 5 »