無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

懐かしのビルボード・ランキング 1977年 Vol.2

では、5位から1位の発表。

5

Angel In Your Arms / Hot


4

Love Theme From A Star Is Born

                                       / Barbra Streisand


3

Best Of My Love / Emotions


2

I Just Want To Be Your Everything / Andy Gibb


1

Tonight's The Night(Gonna Be Alright) / Rod Stewart

 


その他にABBADancing Queen ,Stevie WonderSir Duke ,

EaglesHotel California,ドラマ『スタスキ―&ハッチ』で有名な

David SoulDon't Give Up On Us,Fleetwood MacDreams,etc・・・

がランク・インしています。

 

この年のお気に入りは、Andrew Gold の Lonely Boy ですね。

 

年間チャートの50位にランク・インしています。



Lonely Boy / Andrew Gold 

 

歌詞の内容は、第1子として可愛がられて育ったけど妹が生まれて妹に両親を

取られ孤独になった。なんて孤独な少年だろう。子供の頃に失った愛を取り戻す

為に家を出るよ。さよならママ、さよならパパ…

 

兄弟がいて、第一子にしか解らない 初めて味わう孤独感でしょうね~

思春期の頃は、似たような孤独感を味わいました。

親でも信用できない、人間不信ですかね?

 

みんな悩んで大きくなるのですよね。


2015年5月23日 (土)

懐かしのビルボード・ランキング 1977年 Vol.1

今回は1977年のランキングです。

 

この年は、ポップスが持ち直してきた感じでしょうか!?

では、10位から6位まで。

10

Torn Between Two Loves / Mary MacGregor

9

Undercover Angel / Alan O'Day

8

(Your Love Has Lifted Me) Higher And Higher

                                                     / Rita Coolidge

7

Don't Leave Me This Way / Thelma Houston

6

I Like Dreamin' / Kenny Nolan


この年の出来事としては、日本赤軍による日航ハイジャック事件が

ビッグ・ニュースでしょうかね。王選手のホームラン世界記録756号達成、

平均寿命世界一、大学入試センターが発足、白黒テレビの廃止。

小説部門では、ルーツ 上・下(ハマって読みました。)

 

流行語部門では、『ダメダ、こりゃ』、『話がピーマン』


次回、1位から5位までの発表です。

お楽しみに(^^)/


2015年5月16日 (土)

生きる

輝く光にの画像 プリ画像

ある方のブログを拝見しました。

その方は、ずっと恨んでいた人がおり最近その方が他界されたそうです。

恨んでいた人が他界したことで気が楽になるかと思っていたが

後悔することが出て来たと書かれていました。

 

時に恨みは、生きる大義名分になることもあります。

しかし、スピリチュアルでは「恨み」は自分に返って来る。

因果応報。

 

時に人は、他人を傷つけます。

傷つければ、同じ事が自分に返って来ます。

その時、他人を傷つけたことに罪を感じ、反省し同じ過ちは

起こすまいと思う。

そして、許しを学び、大きな心を手に入れます。

許すことは、とても難しいことです。

しかし、傷つけられたのは自分にも落度があったはず。

自分にも弱い部分があったから傷ついたのだと思うのです。

傷つきも学びです。

傷ついたことで他人の痛みが学べ、成長できたのです。

感謝しても良いくらいだと思いますが…

ある方が『たましいが傷ついたのではなく、磨かれたと

思いなさい。』と言っています。

 

何の為に生まれ、なぜ生きるのか?

「幸せになるため」

どうしたら、幸せになれますか?

日々の生活に感謝すること。

日々の出来事からのメッセージを理解すること。

自分の感情を整理するよう、自分との対話をすること。

自分を誤魔化してはいけません。

他人のせいにして逃げてはいけません。

私は、いつもこのブログに書いていますが、物は考えようです。

すべて学びの材料にしてしまえばいいのです。

すべてが自分に与えられたミッションなのだと試行錯誤すれば

大きな学びとなり人間として成長できます。

自分を追い込まずに、楽になるような解釈もありだと思います。

 

人は、学ぶ為に生まれて来て、生きるのだと私は思います。

苦難は、自分磨きのチャンスです。

しっかりと自分と向き合って、自分と語り合って成長できます。

日々の出来事には、意味があると思います。

アンテナをピーンと立てていればキャッチできます。

自分が理解するまでメッセージは何度でも届けられます。

同じようなことが起こる時は、「気付いて」とのメッセージです。

 

毎日の生活に悔いのないように誠実に生きる。

感情的になってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、反省して落ち着きを取り戻しましょう。

誰かに暴言を発してしまったことに気付いたのなら

心の中でもいいです。相手に謝罪しましょう。

想いは伝わります。

嫌いな人がいるとします。

大体が相手も自分のことが嫌いだったりします。

みんなに好かれることはありません。

気の合わない人も世の中にはいます。

 

人の気持ちは、心理学で理解されることが多いようです。

しかし、私は心理学以上に不思議なものがあると思っています。

人の想い、「念」、「気」ですね。

とても奥深いことだと思います。

よく、この人と居ると落ち着くと思うことはありませんか?

その人は、穏やかな「気」を持っているのでしょうね。

荒々しい「気」を持っている人と居ると、こちらまで気が荒れてきます。

言葉もまた、その人の「気」が現れやすいと思います。

言葉の使い方ひとつで冷たさや温かさを感じるものです。

『言霊』って言いますよね。

言葉には、神秘な力があります。

古代日本では、この思考が強かったです。

 

病からも学ぶことがあります。

人間は、肉体のみで生きている訳ではなく、『魂』で生きているのだと。

このようなことを書くと宗教者ではないかと思われてしまうかも

しれませんが、私は、宗教者ではありません。

病にも意味があるとスピリチュアルでは言います。

全てがそうだとは言えないのでしょうが、その部位によって

意味があります。

ここでは、個別に書くのは控えますが、まとめると『気づきなさい』です。

身体の操縦士は、『魂』だそうです。

考え方は色々でしょうが、私は、この考え方で救われて来ました。

 

生きるとは、学びだと思います。

学びを途中で自らの手で終わらせる人がいます。

最後まで学ぶことに意味があるのです。

終わらせてしまったら、また初めからやり直しです。

今までの学びの時間が無駄になってしまいます。

病気などで、途中で諦めてしまう方もいますよね。

命を諦めてはいけません。

治療ができるのなら、受けてください。

今の医学の進歩は素晴らしいです。

しかし、治療を諦めるという選択もあります。

それは、それで勇気がいることだと思います。

不安と闘わなければならないのですから。

ただ、怖いからという理由で拒否するのは、試合放棄だと思います。

それも、ありなのかな… その人が選んだ人生なのだから…

でも、悲し過ぎる…

 

逃げてもいいんです。

ただ、自らの手で命を終わらせてはいけません!

生きていれば、何度でもやり直せます。

乗り越えられない苦難は、与えられないと思います。

乗り越えられるからこそ与えられたのだと思います。

疲れたのなら、ゆっくり休んでください。

焦らず時を待ちましょう。

必ずまた立ち上がれる時は来ます。

どんなに時間がかかったとしても、必ずその時が来ると信じてください。

 

 

何とも、まとまりのない文章になってしまいましたが…

生きることに対しては、色々な考え方があると思います。

ここに書いたことは、あくまでも私自身の考えです。

丁度、お友達に伝えたいこともあったので記事にさせて頂きました。

 

 

心の問題は、とてもデリケートなものです。

心理学を学んでいるからと机上の文章では語り尽くせないものです。

乗り越えた者にしか解らない繊細な部分があります。

言葉もたいせつです。

言葉不足になると誤解の元になります。

 

あくまでも、私個人の考え方であり、押付ける気はありません。

どなたかの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

2015年5月 6日 (水)

ゴールデンウィーク 2015

ゴールデンウィーク、みなさまいかがお過ごしでしたか?

私は、後半の3日~5日を妹と過ごしました。

本来は、妹が実家に帰って来ているので私は遠慮して両親との時間を

作ってあげたいと思っていたのですが、両親から妹のマシンガントークに

疲れるから連れ出すよう言われてしまいました。

私も、そう動ける身ではなく困りましたが、出来る範囲で妹と出掛けました。

 

初日は、電車で10分ほど行った所にある天然温泉に行きました。

行きの車内でパニックの発作を我慢したせいか激しい頭痛に襲われました。

妹は、ぺちゃくちゃと喋り…私はうなずくだけ。

心臓はバクバクしてくるし、何度途中で「もう、ダメ!次の駅で降りたい!」と

思った事か。しかし、少しの我慢と耐えました。

下車後、温泉までの道を私は知っているのですが、パニックで混乱して

少し迷ってしまいました。

 

何とか到着。

妹は『何処かの温泉宿に来たみたいな感じだね』と喜んでくれました。

入館後もしばらく頭が混乱した状態が続きました。

しかし、冷静を装っているうちに落ち着きました。

少し露天風呂に入浴して、お昼を食べる事に。

そこの温泉はお豆腐料理が美味しいことで有名な所で、絹豆腐と胡麻豆腐の

セットを1つ頼み妹と半分ずついただきました。

館内での写真撮影が禁止だったので写真がありませんが…

食事をしながら子供の頃の話をしました。

妹が『私は、まだまだお姉ちゃんの苦労で知らない事がたくさんあるね。

私はお姉ちゃんに育てられたと言ってもいい位お姉ちゃんに守られて来たと

思っている。お母さんが居なくてもお姉ちゃんが居たから寂しいとか不安

だなんて思った事がない。お姉ちゃんがアメリカに行ってしまった時に

自分はお姉ちゃんにものすごく守られていたのだと気付いたよ。今だって

お姉ちゃんに話しを聞いてもらうと自分の中での問題がクリアになる。』と。

なんだか泣きそうになりました。

夕方に帰宅しました。

それから、また妹のマシンガントーク…

父と母に任せ私は自分の部屋に避難するも就寝の早い両親はすぐに寝てしまい

また、私が相手をすることに。

 

2日目は、朝 父が『今日の予定は?』と聞いて来たので

『お父さんが何処か行きたいのなら2人で行って来なよ。』と話すと

妹が、小刻みに首を横に振っていて…

私に、そっと『お姉ちゃん変なこと言わないでよ。無理だから!』と(笑)

結局、妹と私とで近くのファミレスでランチをしてカラオケボックスに

行きました。

久しぶりに歌いましたが、満足できる出来ではありませんでしたが

楽しかったです。

この日も夕方に帰宅しました。

隠れ庭のエッフェル塔を妹が頑張ってGETしてくれました。

夕食後、PCのやり過ぎでしょうか?妹が目の奥が痛い、吐き気がすると

体調不良を訴え横になりました。

アイスノンを用意したりちょっとバタつきました。

妹のマシンガントークが止まりました。

 

3日目は、家でのんびりとしました。

妹も疲れたようでずっと寝ていました。

夕食後、妹は帰宅しました。

今回は、電車で来ていたのですが、父が同じ方向に用があるから一緒に出ようと。

途中で妹からSOSLINEが…

『お父さん、家まで送って行くってヒィー(>ω<)ノ助けて~!やっとお父さんから

解放されると思ったのに~!』

父のやることに呆れましたが、いつまで経っても子供は子供なのだなと

思いました。

結局、乗り換え地点で妹が断ったようです。

母が『小娘でもあるまいし、いやらしい』と(笑)

 

 

やたらに父が話しかけて来て…

嬉しいのはわかりますが、妹が話している途中で的外れなことを父が言うので

妹も会話が成立しないと不機嫌になり…

『お姉ちゃんがお父さんにキレるのわかるわ~!お姉ちゃんは辛抱強い。』と。

私は毎日の事なので流すくせがついているのでしょうね。

まともに聞いて反応していたら頭が混乱してしまうので、重要なこと以外は

聞き流しています。

最近、色々な事に冷めている自分を感じます。

昨年はたくさん傷つきましたからね。

感情が過敏に反応する事を拒否しているのかな?

おかげで楽ですけどね。

少しは、私の大変さもわかってくれたかな?

父は、家族揃って出掛けたかったのでしょうが私達は父との外出は嫌なのです。

出先で勝手に動き回るし、酔払って迷惑をかけるので。

非常識なことを正当化させて押し通す自己中人間ですから。

いい加減に嫌われていることに気づいて欲しいのですが…

妹との3日間は、マシンガントークをひたすら聞く日々でしたが

楽しかったです。

しかし、この疲れは2~3日後に出て来て抜けるまで時間がかかると思います。

また、マイペースで過ごします。

今日は、朝から頭痛が・・・

 

 

 

 

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »