無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月28日 (火)

懐かしのビルボード・ランキング 1978年 Vol.1

今回は1978年のビルボード・ランキングです。

この年はBeeGeesの年と言って良いのではないでしょうか!?

映画『Saturday Night Fever』の大ヒットで、週間No.1シングルは

9枚という凄さ!

そして、3位のDebby Boone は、Pat Booneの娘で21才でした。

父のPatも21才で初の全米No.1を獲得していますが、娘のDebby

父を越え10週トップに輝き、最長期間No.1ヒットとなりました。

アカデミー賞の「ベスト・フィルム・ソング」も獲得しています。

 

個人的にこの年のお気に入りは7位のBaby Come Back / Player ですね。

 

その他50位内には、Billy Joel / Just The Way You Are ,

Queen / We Are The Champion,We Will Rock You,

ABBA / Take A Chance On Me ,

Donna Summer / Last Dance ,

Foreigner / Hot Blooded ,

Kansas / Dust In The Wind , etcもランク・インしています。

 

アルバムに関しては、映画のサウンドトラックが1位と2位を獲得しています。

1位は『Saturday Night Fever 2位は『Grease』どちらも

ジョン・トラボルタが主演ですね。

3位には、Fleetwood Mac / Rumours がランク・インしています。

 

今、振り返って聴いても つい先日まで聴いていたかのような錯覚を

してしまいます(;^ω^)

 

では、シングル ベスト10位~6位を。


10.Three Times A Lady / Commodores

9.Boogie Oogie Oogie / A Taste Of Honey

8.Love Is Thicker Than Water / Andy Gibb

7.Baby Come Back / Player

6.How Deep Is Your Love / Bee Gees



1位から5位は、次回発表します。

お楽しみに!(^^)/


2015年7月21日 (火)

祝 1000回

 

私は、200733日から更年期障害の治療で婦人科にてプラセンタ

 

(メルスモン)注射を受け始めました。

 

 

1か月程は毎日、その後は週3回を受け続けました。

 

プラセンタは、美容にも良く、自律神経症状、血管運動症状、精神症状、

 

を抑え、疲労回復、アレルギー疾患、リウマチにも効果が期待されます。

 

他にホルモン補充療法、漢方薬療法の選択肢もありましたが、副作用を

 

考えると安全性の高いプラセンタ療法を選びました。

 

注射を受ける前は、寝込むことが多かったです。

 

身体がだるく、無気力、一番辛かったのはホットフラッシュ(ほてり)です。

 

注射を受けるようになって、すぐに効果が出てきました。

 

気力が出て来て身体のだるさも取れ、ほてりも気にならなくなりました。

 

それと、風邪をひかなくなりました。疲れやすさも軽減された気がします。

 

お肌も柔らかくて、しわもありません。(@´゚艸`)ウフウフ

 

          2015

2015_2

 

いつも注射は、看護師さんにやっていただきます。

 

毎回たわいもないオシャベリをして友達のようになっています。

 

その注射が、先日1000回目を迎えました!(*´∀`)o∠☆゚+*PAN!!★゚+*

 

待合室に居ると先生が『おはようございます。』と現れました。

 

1000回おめでとうございます。これからも頑張ってください。』と

 

プレゼントをくださいました。私は、びっくりして少し泣きそうになりながら

 

『お蔭さまで体調も良く過ごさせて頂いています。ありがとうございます。』と

 

伝えました。

 

看護師さんから、1000回目に先生からプレゼントがあると聞いてはいましたが、

 

まさか、こんなに素敵なイニシャル入りの洒落た物を頂けるとは…

 

当日の支払いが無料になるくらいかなと思っていたので。

 

 

 

『おめでとう!』なのかな????????

 

ちょっと、違う気もしますが、粋な心遣いに感謝です。

 

このクリニックでは、3人目だそうです。

 

値段もワンコインでリーズナブルです。(治療の為保険適応)

 

クリニック内は、いつも洒落たジャズが流れています。

 

婦人科ですが、男性の更年期障害の治療で男性も注射を受けに来ています。

 

待合室に男性がいるのは、違和感があって嫌ですが、男性の方がもっと

 

嫌でしょうね。今は、若い女の子に着いて来る男の子もいます。

 

先生もちょっとした有名人で婦人科医から見たHのお話の本を出版しています。

 

待合室に置いてあるので私も読みましたが、男性にはぜひ読んで頂きたい。

 

 

今年の夏は短そうです。

 

この夏も注射で乗り切りますよ~(^^)/

 

みなさんも体調管理に気をつけてお過ごしください。

 

2015年7月14日 (火)

応援歌

人にはそれぞれ応援歌があります。

この曲を聴くと元気が出て来るといったものが。

皆さんにも応援歌ありますよね?

 

今回は、私の応援歌をご紹介します。

私にしては、珍しくJ-POPも交えて。



My Life / Billy Joel

 

若い頃は、洋楽ばかり聴いていました。

夢を追いかけていた20代の応援歌は、My Lifeです。

I don’t care what you say anymore this is my life… Leave me alone.

(心配しないで私の人生なのだからもう何も言わないで。放っといて。) 

当時の私の心境そのものでした。

友人、家族から、もう潮時なんじゃないのと言われ。

生半可な気持ちで夢なんて追いかけられません。

必死に挑んでいるのに、周りは勝手なことばかり言って…

 

こんな、話があります。

人は『夢』を抱いた時に、自分には出来ると確信する。

確信した事しか『夢』にしない。

初めから自分には無理だと思うものは『夢』にしない。

だから、『夢』は必ず叶うのだ。

 

私の夢が破れた時、もう無理だと思いました。

精魂尽きたとは、このことだと思いましたね。



決意の朝に Aqua Timez 

 

アクアタイムズの太志君の詞は、繊細でぬくもりを感じます。

カラオケで歌うと泣きそうになります。

『辛い時 辛いと言えたらいいのにな~』この部分は、胸にグッと来ます。

『どうせなら、もう…』とは、開き直った感じがありますが、

時には、開き直りも良いと思います。



全力少年 スキマスイッチ 

 

この曲は、元気が出ます。

いつまでも、ウジウジしてんなよ!と言われているような気がします。

『積み上げたものぶっ壊して 身に着けたもの取っ払って』

これは、とても勇気がいることですが、自分の環境を変える時には

必要なことだと思います。

『怯えてたら何も生まれない』

自分を奮い立たせるには、この気持ちは大切ですね。

 

 

はじまりの歌 大橋卓弥 

 

スキマスイッチの大橋君の詞は、私の心に馴染みます。

歌詞のすべてを書き出したいところですが(たぶん、引っ掛るよね^^;

『不安とは想像が生み出した罠(トラップ)だ。足をとられぬように 

自分を信じて』

歌詞テロップの入った動画を貼り付けたかったのですが(´ェ`)-・・

 

 

これから、夏本番です。

体調管理に気をつけてお過ごしください。

(。´・д・)エッ? この記事の方が暑苦しいって・・・

ゴメンナサ──・゚・(>д<)・゚・──イ

 

 

*++*――*++*――*++**++*――*++*――*++*

 

申し訳ありませんが、この場を借りてお礼をさせてください。

先日、久しぶりにアクセス解析を見ました。

中国・四国方面でiPhone5で私のブログを毎日のように

何ページも訪問して下さっている方がいます。

ごひいきにして頂いているようで、感謝します。

コメントを残して頂ければ、直接お礼を述べたいところですが

この場を借りて御礼申し上げます。

これからも、御贔屓の程宜しくお願い申し上げます。

 

エルザ

 

 

 

2015年7月 8日 (水)

Barry Manilow

何だかスッキリしない天気ですね。

関東地方は、78日現在で、7月なっての日照時間が12分だそうです。

梅雨なのは、わかるけど程があるでしょうにヒィー(>ω<)

何かスッキリする音楽はないかと、考えてみました。

Barry Manilow

彼なら、きっとぬくもりのあるスッキリして気分にしてくれるのではと…

ラスベガスでショーを観ているような気分になれたらと思いました。

 



Mandy



It's A Miracle



Could It Be Magic



I Write The Songs



Can' Smile Without You



Copacabana(At The Copa)



Memory

 

バリー・マニロウは歌手・作曲家・プロデューサーとして活躍しました。

私の記憶だと初期(196070年代)CMソングの作曲と歌で活躍していたと…

彼の曲はメローなものが多くドラマチックで、1曲聴いただけで1つのショーを

観たような気分になります。

 

私も実際、彼のライブを観て感動しました。



2015年7月 2日 (木)

最近の出来事

最近、甥が激怒して帰宅しました。

学校帰りの電車内で嫌な思いをしたと言うのです。

電車内で甥は、座って音楽を聴きながらゲームをしていました。

電車内では、よく見かける光景ですよね。

隣に中年の男性が座っていました。

その中年男性が甥に、『良い若い者が座ってゲームなんかしているな!

そこにいる子供を抱いた女性に席を譲りなさい!』と怒鳴ったそうです。

甥は『僕だって、料金払って乗っています。』と(゚∀゚ )タラー

中年男性は、内ポケットから手帳を出し『私は、心臓の病を持っているので

席を譲れない。君は、若いのだから。』と言ったそうです。

甥は、女性に席を譲りましたが、一悶着していては女性も座りづらいです。

結局、女性は断り、甥は座りました。

すぐに、中年男性は下車しました。

下車する時に甥は『心臓、おだいじに。』と声を掛けたと(゚∀゚ )タラー

 

何が、言いたいかと言うと、その中年男性の物の言い方です。

他人に物を頼むときの言い方では、ありません。

しかも、上から物を言うとは失礼なことです。

そんな、言い方をされては若い者だって怒ります。

この場合は、物を頼むというより命令でしょうかね。

甥も甥ですが…(゚∀゚ )タラー

普段は、穏やかな大人しい子です。

相手が、違う言い方をしてくれたら甥だって気持ちよく席を

譲ったと思います。

怒鳴って物を言うなんて、失礼もいいところです。

 

私の父も物をいう時に怒鳴ります。

怒鳴れば、相手が言うことを聞くと威圧しているのでしょうね。

怒鳴るという行為に私は人一倍敏感に反応します。

相手を威圧してくることに激怒します。

私は、激怒すると冷静に理論で話します。コワ━━━((;゚Д゚))━━━!!

怒鳴るという行為は、利口な人がすることではないと思っています。

利口な人は、穏やかに相手を説得する言葉を知っています。

ボキャブラリーの少ない人は、相手を威圧しないと負けてしまうと

思うのでしょうね。

いい大人が、目下の者に怒鳴ってものを言うのは横暴です。

 

しかし、甥も言葉が過ぎますね(゚∀゚ )タラー

料金払っているからって…(゚∀゚ )タラー

法律家を目指しているので、権利を主張したのでしょうが…

よくも、そんな言葉が出て来たものです(゚∀゚ )タラー

最後に嫌味まで言って… 失礼もいいところです。

よほど、頭に来たのだと思います。

確かに、上から物を言われては反発したくなります。

 

甥を擁護する訳ではありませんが。

大人が公衆の面前で怒鳴るという恥ずかしい行為を見せると

若者も同じような大人になります。

大人が見本にならなければいけないのです。

もし、その中年男性が甥に『君、ちょっと頼みがあるのだが、

そこに子供を抱いた女性が立っているので席を譲ってあげてくれ

ないかな?私は、心臓が悪くて譲ってあげられないので。』と

穏やかに言ったのなら、甥も気持ち良く席を譲ったでしょうし、

その女性も気持ち良く座れたでしょう。

他の乗客も嫌な思いをしなかったと思います。

 

その中年男性の怒鳴るという行為でたくさんの人が嫌な思いを

したと思います。

私は、甥に、その男性は、未熟なんだね。可哀想な人なんだよ。

あなたは、そんな大人に成らないよう気をつけなさいということだよ。と

話しました。

よく『今の若い者は…』という言葉を聞きます。

失礼な言葉だと思います。

みんな誰でも若い頃がありました。

自分達も若い頃、年配者に『まったく、若い者は…』と言われ嫌な思いを

してきているはずなのに、どうして同じことを繰り返すのでしょうか?

若いということは、それだけ人生経験が不足しているのです。

年配者が、偉そうに上から目線でものを言うのは失礼です。

だから、若い者に年配者は馬鹿にされてしまうのです。

ちょっと感情的になってしまいましたが…

 

みなさんは、どう思いますか?

 

 

 

 

 

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »