無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

メンタルクリニックの掛かり方

ココログ広場で病気を抱えているお友達が数名います。

みんなに共通しているのは、主治医との相性が悪いと嘆いていること。

私も、30年患っている症状がありますが、初期の頃、

同じような悩みを抱えていました。

 

医者の掛かり方があります。

これから、書く事は私自身が経験し、気付き、実践したことです。

私は、このやり方で自分が楽になりました。

治療も良い方向に進みました。

みなさんの参考になれば幸いです。

 

医者に掛かるコツがあります。

まず、主治医に依存しない事。

主治医は、容態を聞き、薬を処方するのが仕事です。

薬の説明をしっかり求めること。

疑問は、納得いくまで求めること。

専門用語を使う医者には、特に一般的に解りやすく説明を求めること。

良い医者は、一般的に解り易い言葉で説明をしてくれます。

そして、細かくカルテに書き込みます。

治したいという気持ちを願い、医師に訴えること。

患者が本気になれば、医者も協力しようと動いてくれます。

本当に治したいと心から願えば良い医師と巡り会えます。

もしかしたら、今の主治医は、あなたにとって相性の良い

医師かもしれない。

あなたが、上手く医師を使いこなせていないのかもしれません。

 

病を治すのは、医者じゃないと私は思います。

医者は、協力者です。

以前、主治医に言われたことがあります。

『治す気はあるのか?治したいと思うから来院しているのでしょう?

 本人が、しっかり自覚を持って治そうとしなくては、私ら医者は

 何も出来ない。一緒に戦いましょう。』

主治医は、知識を提供してくれます。

それに関して、メリットとデメリットを聞いて患者が判断する。

お互いに納得の上での治療が望ましいと思うのですが。

 

メンタルクリニックには、カウンセラーさんがいます。

カウンセラーさんが居る所の方が治療は捗ります。

カウンセラーと医者は、違います。

カウンセラーは、自分の抱えている問題解決の

整理を手伝ってくれます。

誤解しないで頂きたいのは、答えを出してくれるのではないこと。

カウンセラーは、答えを導き出す気付きを引っ張り出してくれる

役目をしてくれます。

答えは、自分で出すものです。

医師は、精神医学的なアドバイスは出来ますが、

心理学的なアドバイスは、カウンセラーの方が専門分野です。

医師とカウンセラーを使い分けると良いと思います。

 

後は、自分の努力も必要です。

薬は、ちゃんと服用すること。

ただし、必ず医師と相談して自分に合った薬を処方してもらうこと。

調子が落着いて来たら、減薬の話しもしてみてください。

薬に依存しないように。

抗精神薬は、治す為の薬ではありません。

症状を落ち着かせ、力を抜いて自分で考えられる体調を

作る為の物です。

よく、薬を飲んでいるのに治らないと云う言葉を聞きますが

治す為の物ではないです。そう、思うのは依存していませんか?

 

生活習慣を整えること。

起床時間と就寝時間を決める。

始めは、辛いかもしれません。でも、慣れるまでの我慢です。

そして、日中は日を浴びること。

30分でも1時間でも構いません。外出しましょう。

それでも、辛いのなら毎朝のゴミ出しだけでもいいです。

外気に触れることは大切です。良い刺激になります。

私は、毎朝、起床時に窓を全開にして部屋の空気を入れ替えます。

外に出るのが辛かったら、それだけでも良いと思います。

 

日記を書きましょう。

私は、日記を主治医に見せていました。

初めは、天気と気温だけのものが、起床時間、就寝時間が加わり、

日中何をしたか、頭に浮かんだこと、イライラしたこと、

診察やカウンセリングの際に言われたこと…

どんどん、書く行数が増えてゆきました。

そうやって書いているうちに自分の気持ちを整理できるように

なりました。

頭の中にあることを書き出すと頭はスッキリします。

頭の中だけで考えなくなる。

 

主治医とカウウセラーと3人で協力して治してゆきました。

医者は、偉いからと萎縮することはないのですよ。

患者は、素人です。専門家にアドバイスをもらいながら

一緒に乗り越えて行けばいいのです。

 

メンタルクリニックに限ったことではありません。

内科でも、外科でも、主導権は患者にあると思っています。

母の奇病の時もそうでした。

初めは、ガンだと言われました。私は、本人には伝えないで欲しいと

先生に話しました。しかし、先生は『本人にも理解して貰って

協力してもらう為に、今は、告知するのが一般的です。』と。

結果、ガンではなかったのですが、それでもしっかり説明して

くださいます。有難いことです。

納得がいくように、後悔しないように治療を受けて下さい。

 

 

あくまでも、私の持論です。

参考になれば幸いです。

 

2015年8月22日 (土)

最近考えていること

 
          朝顔×金魚 TP ㊦の画像 プリ画像
立秋を過ぎ涼しい風が吹くと、ふっと寂しさを感じます。

この秋は、少し不安です。乗り越えられるのか?(゚∀゚ )タラー

年々、季節の変わり目がつらくなる年齢ですかね。

今年も酷暑が続いています。

寒暖差が激しいと自律神経がついていけない。

『あなただけじゃないわよ!』なんてご近所さんに言われると

ホッとします^^;

 

1日を無事に過ごすことだけに集中しています。

1日の終わり、寝る前になるとホッとします。

『今日も頑張ったね!』と自分に言います。

 

 

最近、ちょっと閃きがありました。

エッセイを書こうかなと思っています。

私が、ブログで書く心の問題やつぶやきは、エッセイに近いのかなと

思いました。

今、ある雑誌に投稿しようと原稿を書いています。

原稿用紙に書き込むのは、中学生以来で句読点の付け方に迷っています。

これは、ちゃんと勉強せねばと思い、通信教育を探している最中です。

エッセイの教室って案外とないもので、通信教育も少ないですね。

 

原稿用紙は、縦書きなので書きづらいです。

目が着いて行かないようで疲れます。

PCで横書きにしたものを原稿用紙にコピペしています。

便利な世の中になったものです^^;

 

私の物事の考え方に影響を与えたのは、色々な方が関わっています。

最近では、同じマンションのお友達です。

彼女の考え方は、もともと私が持っていた考え方を強めてくれました。

もともと曲がった事が嫌いで、気もキツイので、親友に弁護士向きだと

言われたこともあります。

両親は、私の物の考え方に女性らしさがないと言います。

特に母は、あまり関わるなと嫌います。

 

一般的な事は、あまり手を出さないようにしていますが、

住居、町内会に関することは見過ごせない部分があります。

みんなが気持ちよく過ごせるように決めた物がルールです。

そのルールを守らない人には指摘をします。

時には、警察に連絡して注意勧告をしてもらうこともあります。

私は、役員なので当然のことだと思っていますが、母からすると

余計な事になるようです。

みんな我慢して黙っている。それが愚痴になる。

嫌なら何とかせんかい!って、私は思ってしまうのですが^^;

 

 

私の性格を表すように、お友達(リアル、ネット)も礼儀正しい人ばかりです。

『類は友を呼ぶ』ですかね。

連絡もちゃんと返事をくれます。

忙しい時には、『今、仕事が忙しいので返信少し待ってください。』と

一文だけ送信してくれる方もいます。大人だね~(^^)v

 

ネットにしてもリアルにしてもコミュニケーションは大切です。

今は、その点では便利な世の中になっています。

ちょっとした一文のやり取りもLINEで出来ます。

『元気?』 『元気だよ!』

それだけでも繋がっている安心感があります。

うちの甥っ子は、それさえも面倒だと言います。

今は、若いからいいけど・・・

私らの年齢になると友達の大切さを痛感します。

 

友達だけではありません。

親戚との繋がりも気になります。私は長女だから尚更です。

先日、久しぶりに従兄に電話をしました。

お互いの親の現状報告みたいな話しをしました。

それを妹に伝えると『お姉ちゃん、何で、そんな電話が出来るの?』と。

なぜと言われても・・・

用事があれば、電話するでしょう?

妹には、私が気軽に従兄に電話することが不思議な様です。

母も、不思議がります。

繋がりって、そういうものではないのですかね?

従兄も人当たりの良い人です。

久しぶりに電話しても、気取ることなく『おお、どうした?』と話してくれます。

私って、軽いのかな?

ご近所さんとも気軽に話していると母が不思議がります。

良く言えば、社交的なんだろうけど^^;ジブンデイウナ

やはり、軽すぎですかね~(^^

 

もう、8月も終わります。

注射に行った時に看護師さんと『もう、お正月の事を考えないとね。』と

話し笑って来ました。(笑´∀`)ヶラヶラ

なんとか、この秋が乗り越えられるといいのですがね(o^^o)ニコ

皆様もご自愛ください。

 

 

2015年8月 3日 (月)

懐かしのビルボード・ランキング 1978年 Vol.2

こんにちは(^^)/

 

前回の続きで、5位~1位の発表です。


5.Kiss You All Over / Exile

4.Stayin' Alive / Bee Gees

3.You Light Up My Life / Debby Boone

2.Night Fever / Bee Gees

1.Shadow Dancing / Andy Gibb



当時、住んでいた家は米軍キャンプの近くだったのでFEN 

(現在のAFN 在日米軍基地関係者と家族向けの放送局) 

が受信出来たので、そちらでTOP 40を聴くこともありました。

家自体もアメリカ人用の外人ハウス(現地での呼名)でした。

玄関を開けるとすぐにリビングで、バス、トイレも一部屋に…

友達が遊びに来ると珍しがって(;^ω^)

しかし、飛行機の音がうるさかったなー

だから、NHK料金は払っていない家庭が多かったですね。

学校の窓も二重窓でしたし・・・

東京から引っ越して来てビックリしましたね(;^ω^)


« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »