無料ブログはココログ

« 愛情・友情 | トップページ | スタンダード・ジャズ 2 »

2015年12月 1日 (火)

言葉

色々な方のブログを拝見させて頂いています。

ブログは、言葉(文字)で綴るものですよね。

言葉(文字)以外に、写真で綴られているブログもあります。

その、綴り方にその方の人間性が現れると思います。

私のブログは、少し堅苦しい感じがします。

真面目で几帳面な性格がでています。

もう少し、柔らかく書ければな~といつも思います。

 

言葉は、心を込めて発するものだと私は思っています。

だから、感情的になったり、いい加減な気持ちで

書いてはいけないと思っています。

つぶやき記事を書く時は、Wordに下書きをします。

それから、何度も読み直して修正します。

感情的になっていないか、表現は自分の気持ちと合っているか、

読み辛くないか・・・

それと、必ず自分の経験を生かして書くようにしています。

自分が味わった『苦』は、必ず誰かの助けになると

思いたいです。

乗越えて来る過程で、どんな葛藤があり、悩んだのかを

書くことで、何かしら参考になればと思っています。

 

 

言葉は、人の心を癒してくれますが、時には武器にもなります。

だから、取り扱いには気をつけなければいけません。

私は、言葉を大切にします。

なぜなら、言葉で傷ついて来たからです。

でも、小学生の頃から言葉を褒められる事が多かったです。

『あなたの日本語は綺麗だね』と国語の先生に言われました。

付合っていた彼氏からも、『君は、美人じゃないけど

言葉が綺麗な所が好きだよ。』と…複雑な心境だったけど^^;

 

友達とのメール交換もします。

不平・不満のオンパレードになることもあります。

悩みの相談の時もあります。

いつも長文になってしまい、お友達には申し訳ないと思っています。

 

電話で話す時は、メールのように書き直しができないので

慎重になります。

ムカつくことを言われても、すぐには怒りません。

傷つくことを言われたら、そのまま自分の中で処理します。

確かに、相手に怒りをぶつけたくなります。

私は、平和主義者なので争い事は嫌います。

相手にぶつけてもお互いに嫌な思いをするでしょう。

だったら、自分の中で処理すれば良いんだと思ってしまいます。

嫌なことを言われるのは、自分にも落度があるのかもしれない。

だから、言葉を飲み込むことが多いです。

とても苦しいですが、それも学びになると思うと耐えられます。

たまに、自分の中だけで抑えられず、ブログに書いたりして

しまいますが…^^;

 

メールにしても電話にしても気になる事があります。

それは、自分だけ分かっていて相手に伝えて来ることです。

『いつ』『何処で』『誰が』『何を』『どうした』

これが相手に伝える時の基本だと思うのです。

このどれかが欠けることで、話の解釈が違ってきます。

なるべく判読するようにはしていますが、

間違って解釈することで話がややこしくなってしまいます。

誤解が生まれ、ギクシャクした状態になります。

ボタンのかけ違え状態になります。

私は、この状態が苦手です。

 

他愛も無い会話ならいいのですが、真面目な話をするのに

言葉が抜けているのは気になってしまいます。

その場で、聞き直せればいいのですが、場合によっては

相手が感情的になっていて、いちいち止められない時もあります。

 

大体、そんな話し方をして来るのは、本人もまとめきれて

いないことが多いのだと思います。

それと、話下手なのもあるのでしょうね。

相手が、ゆっくり話してくれている時には、まとめるのを

手伝う意味も兼ねて、いつ?誰が?と聞き直すこともあります。

 

言葉は、大切なコミュニケーション・ツールです。

いい加減に使ってはいけないと思うのです。

日本では『言霊』と言って、言葉には霊力があると言いますよね。

良い言葉を発すれば良い事が、悪い言葉を発すれば悪い事が

起ると言われています。

朝、家族が会社や学校に出かける時に『行ってらっしゃい』と

声を掛けるのは、【無事に帰って来ますように】との意味で

『お帰りなさい。』は、【外での嫌な事を落とす。厄払い】だと

聞いたことがあります。

私も学校から帰って来て、母に『お帰り』と言われると

ス~ッと嫌なことが落ちて気持ちが切り替えられた覚えがあります。

 

ちょっと話題から反れるかもしれませんが…

水泳の指導員時代に、指導後トイレの個室で喫煙をしていたら

隣の個室に子供が入って大きな声で『今日も楽しかったです!』と

言ったのです。私は、ドキッとしました。

自分のクラスの子なのか?

この子は、たぶん毎日どこかで感謝の言葉をひとりで言って

いるのだなと思いました。

なんて素晴らしいことなのでしょう!

年齢は、幼児ですよ。素晴らしいでしょう?

 

言葉は、相手に直接伝えなくても伝わるものらしいです。

『家族』の記事に、『以心伝心』について、言葉で伝えなければ

伝わらないと書きましたが、『思い』に関しては、伝わるのかも

しれませんね。

思いを言霊に乗せて運べたらもっと良いと思います。

 

ネガティブになっている時、『自分って何て可哀想なんだ。』と

思うこともあるかと思います。

ある方が『自己憐憫は不幸を呼ぶ』と言っています。

自分自身にもポジティブに言葉かけをしたいですね。

私も、辛いと思うことがあります。

そんな時は『辛いな~。でも、大丈夫!』と言い聞かせます。

ネガティブな言葉を発しても、必ず最後にポジティブな言葉を

付け加え終わらせるようにしています。

友達に愚痴を聞いてもらったら、最後に『ありがとう』と言います。

言葉は、その人の『心』が現れます。

 

ポジティブな言葉を意識して使うようになると

あら、不思議!

気持ちも段々とポジティブになってきますよ。

『私は、不幸だ。』と思うのなら、

『私は、幸せになりたい。幸せになるんだ!』と言えばいい。

ネガティブな人にエンジェルは寄って来ませんよ。

ポジティブになれば、エンジェルが寄って来て助けてくれます。

笑顔を届けてくれます。

 

私は、ブログで『ぬくもり』を届けたいと思っています。

つぶやき記事もですが、音楽でも癒されて欲しいと思っています。

たまには、面白いことも書きたいと思いますが、

イメージじゃないかな~(^^

 

今年は、暖冬だと言われていますが、油断しないで

温かくして過ごしてくださいね。

みんなに届け~ぬくぬく~

 

« 愛情・友情 | トップページ | スタンダード・ジャズ 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たしかに言葉って気を付けなきゃいけないですよね。

ぼくはブログを書くときに、まずネタを探し、そのネタをどうやって文章組み立てて、どこでオチつけようかなと日常生活の中で考えるんですね。

オチつけるのは、せっかく読みに来てくれている人がいるんだからちょっとでもプッって笑ってもらえればなと…心ばかりのサービスです。

んで一気に書きあげて最後に読み返しますが、もしかすると気分を悪くされる方もいるかもしれません。

なるべくそうならないようには気を付けてますが、あまり気にしすぎるとぼくの本来の伝えたいことが間違って伝わってしまうかもしれないので、敢えてそのまま載せることもあります。

ホントはもっときれいな、気の効いた言葉で綴れればと思いますが、これがなかなかねぇ…。f(^_^;

これからも気を付けながら書いていければと思います。

 たこ拳ぢ さん

コメントありがとうございます。

本当に言葉は、難しいですね。
私の場合、考え過ぎもあるのですが…
特に、ブログは気を付けないとね。
何処の誰が見ているかわかりませんから。
たこ拳さんは、ユーモアのセンスがあるからいいけど
私には・・・
ちょっとテンションを上げないと出て来ません。
しゃべり口調で文章を書くのもどうなの?と思ってしまい
堅苦しい文章になってしまいます。
もっと、みなさんのように柔らかく書けたらな~と思います。

https://www.youtube.com/watch?v=EqGHNHre3IQ

中村ゆりこは,言葉をだいじにしてるから,曲きれいだよ。

 ゲナちゃん

ディア・グリン・フィールド/中村 由利子
何て綺麗な曲なんだろう~(〃▽〃)ポッ
癒されてしまった~
素敵な曲をありがとう~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉:

« 愛情・友情 | トップページ | スタンダード・ジャズ 2 »