無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

アドラー心理学(人生の意味の心理学より)2

さて、今回は真面目に書きますよ。

堅苦しい文章になっていると思いますが

お付合い頂ければ幸いです。

 

アドラー心理学の特徴は、自分が「意味づけ」した世界に

生きていると考えるところです。

過去の経験は決定因ではない。

 

例えば、好きな異性がいるとします。

好きになった理由(原因)を探します。

ところが、ある日、恋心が冷めてしまったとします。

今迄、好きだった人が急に優柔不断、支配的に見えてきます。

嫌いになった途端、相手の長所が短所に思えてくる。

つまり好きになった理由(原因)は後付けにすぎない。

ある人との関係を止めたいと思うことで欠点を見つけることが

目的で、好きになるのも関係を始めたいという目的があった。

「経験の中から目的に敵うものを見つけ出す」

関係を止めるのも始めるのも、自分の決心を後押ししたり、

正当化したりする為に探さなければならなかったのだと。

 

 

アドラーは、「意味づけ」という言葉を『ライフスタイル』

呼びました。

自分の事を自分がどう見ているか(自己概念)

他者を含む世界の現状をどう思っているのか(世界像)

自分および世界についてどんな理想を抱いているのか(自己理想)

この3つをひっくるめた信念体系がライフスタイルです。

 

アドラーは『人生の意味の心理学』の中で、5歳の終わりまでに

自分のライフスタイルを採用すると言っていますが、岸見先生は、

10歳前後だと考えていらっしゃるようです。

ライフスタイルは、生まれつきのものではなく、自分で決めるもの。

さまざまなライフスタイルを試してみて、ようやく自分なりに

『これでいこう』と決心するのが10歳頃だと、岸見先生は

お考えのようです。

確かに、私は10才で決めました。そして、40代で変えました。

 

ライフスタイルは、自分で選び取ったものなので、もし変えようと

思えば、その後の人生の中で変えることができます。

しかし、人生の途中で違うライフスタイルを選び直すのは、

簡単ではありません。このパターンが一度作られてしまうと、

それを変えるのは容易ではありません。

違うライフスタイルで問題を解決しようとすると、たちまち未知の

世界に放り込まれることになります。

一度身に着けたライフスタイルは、いわばメガネやコンタクト

のようなもので、常にそれを通して世界を見ている為、

使っていることすら忘れてしまいますし、他人の目には見えても、

自分には見えません。

だから、自分がどんなメガネやコンタクトを使ってこの世界を

見て来たのかを意識化することが、ライフスタイルを変える為には

必要なのです。

 

 

では、ライフスタイルを決定する際の影響因と考えられるもの

には、どのようなものがあるのか。

まずは、『遺伝』です。

アドラーは、遺伝の影響を重視しません。親子が似るのは

一緒に暮らし模倣するようになるから。

アドラーは『大切なのは何が与えられているかではなく、

与えられているものをどう使うかだ。』と言っていますが、

「何が与えられているか」ばかりに注目し、自分の能力に限界が

あると考える人は多いようです。その際、遺伝が引き合いに出され

るのですが、アドラーは、教育における一番の問題は、

初めから自分に限界があると考え、課題に取り組まないことだと

考えています。

 

 

次に『環境』です。

親、兄弟などの対人関係を指します。

兄弟関係は、ライフスタイルの形成に影響を及ぼします。

ただし、あくまでも「傾向」であって、生まれた順番で必ずしも

ライフスタイルがこうなるという訳ではありません。

次に環境要因である「親子関係」は、家族におけるライフスタイル

として影響因が2つあります。

まず「家族価値」です。

学歴を重要と考えるのか、勉強などせずともたくましく生きて

いけばいいと考えるのか。それぞれの家族が持っている固有の

価値観です。あまり強い家族価値は、子供のライフスタイルの

選択に大きな影響を及ぼすことになります。

次に「家族の雰囲気」です。

家庭内で何かを決める時の主導権を握っているのは、父親か、母親か、

それとも親も子も対等と考え話し合いで決めるのか。

子供は、こうしたことを意識せず身に着けてしまうので、

自分が生まれた育った家庭とは雰囲気が大きくちがう家庭で

育った相手と結婚した場合、問題になることがあります。

さらに、「文化」も影響因になります。

育った国や地域の文化、行動スタイルや考え方には

大きな違いがあります。

 

さまざまな影響因のもとで、自分のライフスタイルを決定しています。

決定因ではありませんが、影響因だといってもかなり強力です。

対人関係は、悩みの源泉ですが生きる喜びや幸せは、対人関係の

中に入って行かなければ得られません。結果がどうであれ、

対人関係に入って行く「勇気」を持つことです。

他者や状況に責任転嫁するのは簡単です。

しかし、アドラーはすべて自分で選択した事だと強調しています。

ライフスタイルを変えるコツは、変えないでおこうとする決心を

取り下げること。

変えようと決心すれば変えられるのです。決心したら無意識に

身に着けてしまったライフスタイルを意識化してみる。

そして、どんなライフスタイルに変えていけばいいのか知る。

その上で、違うライフスタイルを選べばいいのです。

ただ、変えればいいだけでは変わりません。

そこにも、変える勇気が必要になりますね。

 

 

今迄、自分が信じて歩んで来た道が、実は自分を苦しめている

原因だったと気付いた時のショックは大きいです。

しかし、そこで落ち込んで投げやりな気持ちになるか、

修正して歩み直すかですね。

ほどけた靴ひもをそのままにして歩くか、結び直して

歩くかだと思います。

 

変える勇気は、そう簡単に出て来るわけではないでしょうね。

変えなければと思うということは、よっぽどのことだと思います。

冒頭に書いた、恋愛の例えでも、そんなことを意識して

いる人はいないと思います。

しかし、理論的に考えると納得できますよね?

 

話しが反れるかもしれませんが、恋愛3年説ってありますよね。

好いた惚れたとやっているうちは楽しいものですよね。

この状態は、脳内ホルモンのせいだそうです。

1年もすると、このホルモンは殆んど分泌されなくなるそうで、

まだ、浮ついた気持ちがあるものの、どこか違う気がして来るとか。

それは、冷静さを得た状態だからだそうで、相手を冷静に見る

ことができるからだそうです。

そうなると離れる為に嫌いの理由(原因)を探すのでしょうね。

しかし、この3~4年を乗越えると本物の恋愛になり

共同体意識が強くなり、結婚に結び付くそうです。

 

人は、いつも意識して考えて行動している訳ではない。

無意識に自然と色々なことをしていると思います。

順調に事が進んでいる時は、それで良いのかもしれません。

だけど、挫折したり失敗した時に『何でこんな事に』と

考えると思います。

その時に、アドラーの理論を知っていれば苦しむことも、

迷うことも少しは防げるのではと思います。

 

アドラー心理学に関する動画を探していて見つけました。

武田鉄矢さんのラジオ番組なのですが、

武田さんがアドラー心理学についてお話ししています。

博識な方なので、フロイト、ユングなどと合わせて

武田さんなりの解説をしています。

面白いなと思ったので、貼り付けますね。


アドラー心理学入門パート1~武田鉄矢今朝の三枚おろし



アドラー心理学入門パート2~武田鉄矢今朝の三枚おろし


(人生の意味の心理学 参照)




2016年5月26日 (木)

『人間は3日で変われる』アドラー心理学

 

 

 

 

思わず感動する『アルフレッド・アドラー』名言集

 

耳の痛い言葉が並びますね~ヒィー(>ω<)

堅苦しい内容だと思いますが、覚書として何回かに分けアドラー心理学を書かせて下さい。

 

 人間は、3日で変われる。』

 

この言葉は、アルフレッド・アドラーの言葉です。

ここ数年、アドラー心理学が話題になっていますね。

最近では、『嫌われる勇気』(岸見一郎著)がベストセラーになり、話題になっています。

アドラー心理学に関する書籍は多いです。

 

 アドラー心理学は、教育の現場で注目されています。

それは『勇気づけ』だからです。

企業の新人研修でも使われているそうです。

確かに、アドラー心理学を取り入れれば成績は伸びると思います。

介護の現場でも使われていると聞きました。

人と人が関わることに関して、使われたのならストレスはなくなると思います。

アドラーは、世界中の人が、この思考になれば戦争は、なくなると言っています。

なぜなら、横の繋がりだからです。

上から目線ではない。平等な関係だから。

他者は、敵ではない。仲間である。

もし、敵がいるのなら、それは自分自身である。

理想の自分と現実の自分の間で戦うのである。

 

 

アドラーとは、心理学者、精神科医です。

フロイト、ユングと並ぶ心理学者の三大巨頭の一人です。

アドラーの心理学は『個人心理学』です。

アドラーは、人間を理性と感情、意識と無意識、身体と心というふうに二元論的に捉える事に反対しました。

そして、「人間一般」ではなく、生身の血の通った目の前にいる「この人」に向けられている。

あらゆる対人関係は、『縦』ではなく『横』の関係にある。

対等という考えでは、まだ、男尊女卑、上司部下、大人と子供との考えが根強いですね。

 

 

 

人間を理解するのは容易ではない。

 

個人心理学は、おそらくすべての心理学の中で

 

学び実践することが、もっとも困難である。

 

 

 

アドラーの理論は、シンプルなので頭では理解できます。

しかし、実践するとなると難しいものです。

この理論は「一朝一夕に学ぶことができる科学」ではなく、実践を重ねて体感しなければならない。

理解することにすら抵抗する人もいますと、岸見先生は言っています。

 

 

アドラー心理学とは?(ダイアモンド社HPより)

 

アドラー心理学の特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。
たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。
つまりアドラーによれば、
人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている。

 

こうしてトラウマを否定するアドラーは、人生(生き方)とはいつでも選択可能なものであり、過去にどんなつらいことがあったとしても、これからどう生きるかには関係がない、と唱えた。人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という決心を下しているに過ぎない。いま幸せを実感できない人に足りないのは、能力でもないし、お金でもないし、恵まれた環境でもない。変わること(幸せになること)に伴う「勇気」が足りないのだ。それがアドラーの主張だった。

 

そのシンプルにして深淵な思想は「勇気の心理学」とも呼ばれ、デール・カーネギーら自己啓発のメンターたちにも多大な影響を与えた。ちなみに「劣等感」という言葉を、今日われわれが使うような意味で最初に用いたのはアドラーである

 

欧米での評価に比べて日本では知名度が低かったものの、近年になって多方面からの支持を集めつつある。

 

 

 

一緒に仲良く暮らしたいのであれば、

 

互いを対等の人格として

 

扱わなければならない。

 

 

 

あらゆる悩みは、対人関係の悩み。

 

 

 

人生が困難なのではない。

 

あなたが人生を困難にしている。

 

人生はきわめてシンプルである。

 

          byアドラー

 

 

 

簡単に言うと、色々な理由を付けて変わろうとしないでいる。変ろうと勇気を出せば変れるのだ、ということでしょうね。自分は○○だったから、こうなった、ではなく、○○の問題は、これからの自分には関係ない。○○の問題のせいにせず、これから、どうするかを考えれば良いということでしょうか。確かに、思い込みってありますよね。人は、色々な経験をしてこそ他人の痛みがわかる。辛い過去も痛みをわかる経験だったと捉えればそう、悪いことではない気がしますが…

辛い過去を経験した人は、優しく、賢くなれます。

『知識は力なり』

ここでいう知識は人生経験で得た知識です。

私は、過去の辛さは『勲章』だと思っています。

乗り越えて来た『金メダル』だと思いますよ。

 

 ここからは、個人的に感じたことを書きます。

 

 これは、アドラーが言ったのかは定かではありませんが、

友人関係で距離を近くしたい人は、不安や依存ではなく『自信』がある。そして、距離を遠くしたい人は、人間不信ではなく、自分から近づかなくても近づいて来てくれるとの『自信』がある。

距離間を気にする人は、適度に自信を持っている正常な人である。

距離間は、本当に難しいと思います。

個人差がありますからね。

 

 

 

冒頭に書いた言葉。

『人間は3日で変われる。』

変ろうと勇気を出して自分と対話し、逃げずに向き合う。

確かに、視点を変えれば3日もあれば変れるでしょう。

今、考えると私のカウンセラーさんは、アドラー派だったのかも?

私が、「親に虐待されたから」と言うと、

「だから?それがどうしたの?」とアッサリ言う方でした。

『やりたいのなら、やれば良い。やりたくないのなら、止めれば良い。

すべて自分で出した答え。それでも、言い訳をしているのなら

何時まで経っても変わる気がないということ。

無駄な時間を使って、自分で自分を追いつめて楽しんでいるのですよ。

それでも、苦しいと言う。あなたが、したくてやっているのでしょう。

ずっと、そうやって遊んでいれば良い。』

そんな言葉に初めは、驚きましたが…(゚∀゚ )タラー

言葉としては、カウンセラーっぽくないですよね。

乱暴に聞こえるかもしれない。

 

 私は、確かにこのカウンセラーさんと話す様になり変りました。

初めは、どうして共感してくれないのだろうと思いました。

でも、共感するだけでは前に進まない。

問題解決には、男性に相談すると良いと言いますよね。

それは、理性で聞いて問題解決の助言をくれるからです。

女性同士で話すと、共感だけになり愚痴を言って解決には結びつかないものです。

それで、スッキリして前に進めるのなら良いのでしょうが。

だから、私は、愚痴りたい時には女性のお友達に、答えが欲しい相談事には男性のお友達に話します。

 

 私は、カウンセラーさんの言葉も受け入れ、自問自答が必要だと思いました。

私のカウンセラーさんは、女性でした。

カウンセリングで、カウンセラーさんを目の前にして言葉を発し自問自答しました。

カウンセラーさんは、黙って聞いていました。

時々、『それでいいの?』等、話が反れないよう軌道修正してくれました。

そんなことを数年続けて、私は過去の問題が自分を悪い方向に持っていっているとは考えなくなりました。

今だけを考えるようになり、これからどうするかに考えを持っていくようになりました。

 

 過去に縛られていると動けなくなります。

どうせ私は○○だから…と言い訳を始める。

だから、前に進む為に私は、過去の整理・清算をしました。

凝り固まった思考をときほぐし自分の中で消去する作業は、苦悩もしたし葛藤もありました。約40年分だったから。

だけど、このままで良い訳はないと思っていました。

今が辛いのだから、そこから脱け出そうと必死でした。

かなりの年数はかかりましたが…^^;

それからは、前だけを向いて歩んでいます。

これからどうするかを考えていく方が、はるかに人生を有意義に過ごせます。

私は、上手く説明できないけど、カウンセリングや自己啓発本にて自然とアドラー思考になっている部分があるのかもしれない。

私の中には、日本人思考と欧米人思考が混在しています。

青年期をアメリカで過ごしたので。

世の中の色々な事を覚え、経験する時期にアメリカ暮らしは、攻撃的になってしまうかもしれませんね。

でも、愛は持っているつもりです。

伝わる人には、伝わると思っています。

私が与えられたことを生かせれば良いなと思っています。

しかし、最近は、理詰めで考えていくのが少し辛くなっています。

確かに、この方法で私は生き辛さから解放されました。

自分の性格にも合っているし、自分の中で全てを解決してゆく、平和的な思考だと思います。

お友達に『エルザさんの考え方は、欧米的思考だよね。日本的思考にしたら楽になると思うよ。仏教的思考は、平和だよ。』と助言を頂きました。

 

私は、高校3年間仏教の勉強をしています。

また、仏教に戻ってみるのも良いのかもしれませんね。

スピリチュアルも欧米的と捉われがちですが、江原氏のスピリチュアルは、日本的思考が満載です。

 

 私自身もアドラー心理学本を読み直して、岸見先生の講義を聞き直しています。

だいぶ、忘れていることがあります。

欧米的思考と日本的思考の良い所取りが出来ると良いですね。

 

 最近、自分のブログに癒やされています(ノ∀\*)キャ

ちょっと落ち込んだ時に読み直すと気合が入ります。

忘れていた事に気づき、気持ちを立直すことが出来ます。

もう少し、柔らかく書ければ良いのですがね。

今後、何回かに分けて記事をアップしたいと思っています。

 

 長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

2016年5月18日 (水)

スタンダード・ジャズ 6

寒暖差の激しさに身体がついて行かない感じですね。

頭がスッキリしない感じが続いています。

こういう時は、温かい飲み物でホッとした時間を作りたいです。

ジャズでも聴きながら…

さて、スタンダード・ジャズの6回目です。


瞳を閉じて (ハリー・ベラフォンテ)



カクテルズ・フォー・トゥー (キーリー・スミス)



降っても晴れても (ディック・ヘイムズ)



クライ・ミー・ア・リヴァ― (ジュリー・ロンドン)



デイ・バイ・デイ (フォア・フレッシュメン)



酒とバラの日々 (ナンシー・ウィルソン)



『デイ・バイ・デイ』は、私がジャズを習った時に

初めて先生が選んでくれてレッスンした曲です。

つまり、初めて唄ったジャズです。

スイング・ジャズになるのかな。

『クライ・ミー・ア・リヴァー』も歌いました。

歌っていて気持ち良い曲でしたね。

もう、歌えないな~(゚∀゚ )タラー

 

 

エルザのちょっとつぶやき 

沖縄・奄美地方は、梅雨入りしましたね。

関東は、晴れると爽やかで気持ち良いです。

お天気の日は、ぶらりとお散歩に出かけます。

綺麗な花を求めてブラブラします。

バラが綺麗ですね。

近くの公園にちょっとしたバラ園があります。

綺麗な花を見つけると、スマホで写真を撮って妹に送っています。

穏やかに過ごせる日々を満喫しております。(^^)v

 

 

 

2016年5月10日 (火)

懐かしのビルボード・ランキング 1981年 Vol.2


1981年のTOP5のご紹介です。

当時は、耳にタコが出来るほどラジオから流れていて

も~う聴きたくな~い状態だったのに、今 聴くと

懐かしいですね。

リック・スプリングフィールドは、今どうしているのだろうか?

 5.Jessie's Girl / Rick Springfield

4.(Just Like)Starting Over / John Lennon

3.Lady / Kenny Rogers

2.Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie

1.Bette Davis Eyes / Kim Carnes


その他では、A Woman Needs Love/Ray ParkerJr.&Raydio ,

Just The Two Of Us/Grover WashingtonJr. ,

Woman/John Lennon ,

Hearts/Marty Balin ,

Hungry Heart/Bruce Springsteen ,

Who's Crying Now/Journey , etc


この年の私のお気に入りは・・・



11Theme From Greatest American Hero

                          (Believe It or Not) / Joey Scarbury



78Sweet Baby/Stanley Clarke & George Duke




2016年5月 6日 (金)

懐かしのビルボード・ランキング 1981年 Vol.1

今回は1981年です。

ベスト10から6までをご紹介します。

 

この年の印象は、カントリーが目立った事と、

ビートルズのメンバー、ジョン・レノンとジョージ・ハリソンの活躍が

目立った事でしょうかね。

全体的に大物アーティストのデュエットやバラードが多かった気がします。

 

10Keep On Loving You / REO Speedwagon

9.9 To 5 / Dolly Parton

8.I Love A Rainy Night / Eddie Rabbitt

7.Kiss On My List / Daryl Hall &John Oates

6.Celebration / Kool &The Gang


先日、2016421日 プリンス死去のニュースが飛び込んで来ました。

享年57歳。ご冥福をお祈りいたします。

私は、彼の歌い方は好きではありませんでしたが、曲は好きでした。

パーカッションの使い方が特に好きでした。

代表曲は『パープル・レイン』でしょうかね。

個人的には『リトル・レッド・コルベット』(アルバム『1999』に収録)

が好きです。(動画を探したけどみつからなかった~)

 

 

エルザのちょっとつぶやき 

先日、妹が遊びに来た時の事です。

妹と買い物に出ようとエントランスへ行くと、マンションのお友達に

会いました。ちょっとお話をして、じゃあ、またねと別れました。

すると妹が「お姉ちゃん、あの話し方は失礼だよ。」と。

(;゚д゚). . . . . . .どこが?

妹の言い分は、年上の人にあんなにフレンドリーに話すものじゃないと。

彼女は、妹と同じ歳だと話すと、妹はビックリして

「そうなの!60代に見えたから… お姉ちゃん、若く見えるからね。」と

苦笑い。

妹の言葉に、私は考えさせられてしまいました。

若く見られる事は、女性としては嬉しい事だけど、変な誤解や損をする

こともあるのだな~と思いました。

私は、誰とでもフレンドリーに話してしまいます。

勿論、年長者には敬語を入れますが。

これからは、気を付けないとですね。

 

 



« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »