無料ブログはココログ

« MUSIC LIFE 1 (Atlanta Rhythm Section) | トップページ | 自分のための人生 »

2016年8月30日 (火)

愛って…

Photo

愛って何かな~

わかっているようで、わかってない気がする。

最近、何だか混乱しているのですよ。

以前、愛情に関しての記事を書いたが、愛と愛情は別物?

私は、家族にも友人にも愛を持って接しているつもりです。

時には厳しく、優しく包むように。

困っている時には、手を差し延べる。

 

以前、男友達に言われた言葉を思い出した。

『エルザさんは、勘違いをしている。愛は、見守ることだ。

手出しをしてはいけない。』

私としては、納得が行かない言葉だったが、言えているのかな~

相手を思う気持ちだけで良いのか?

行動は、必要ないのか?

『それは、余計なお世話なんだよ。』

私は、手を出して深入りしてしまう。

それは、余計なお世話なんだと友人は言う。

アドラーの言う『課題の分離』なのかな~

確かに「助けてくれ」と言われていないのに手出しは無用だよね。

 

友人に言われてから、友達や家族には手出しをしないように

してみた。

言って来ない限り、大変だとわかっていても声掛けするのを

止めてみた。

何だかモヤモヤして、違うんじゃないの~と思っている。

友達が何気な~くSOSを発しているのに、声掛けをしないのは

冷たくないか~

それは、過保護になるのかな~

男性と女性では、愛に関しての持論が違うよね?

父性と母性が、違うように…

 

私は、素直に友人に「助けて」とは、言えない。

負けず嫌いの部分が邪魔をするから。

だから、それとな~くSOSを発している。

気付いて~って感じかな~

だから、「大丈夫?」と声掛けされれば、辛い胸の内を話せる。

だけど、いつも気付いてもらえず悶々とする。

え~ぃ!誰も声掛けてくれないのなら、自分で乗り越えるわ!

と、すねて格闘する。

幸い、私には格闘する術がある。

だから、たいていの事は収まりが着く。

それでも、悶々とする時は、友人に電話して

素直に『助けて~』と言う。頑固だよね~^^;

 

以前、心を許す相手を間違えて、痛い思いをして人間不信にも

なったけど、やっぱり人との繋がりは失いたくない。

ぬくもりを届けたいし、私も受け取りたい。

他人と深く関わることは、いけないことかな~

深く関わっても、自分がしっかりしていれば良いんじゃないの?

『エルザさんに、それは出来るの?』と友人に言われそう~^^;

 

唐突ではありますが、誰かを愛し守りたいという気持ち。

そこには、強さはいらないと思うのよね~

相手を思う気持ちがあれば、それで良いと思う。

それが、相手に届かない時もあるけど、本当の愛は

きっと届くと思う。

でも、強さが欲しいのなら色々な経験をすること。

苦しい、辛いと逃げないで、どうやったら乗り越えられるか

学んで知恵をつけること。経験すること。

その知恵と経験は、やがて強さになる。

しかし、強さを得ると甘えられなくなるというデメリットもある。

甘えても気付いてもらえなくなる。

この女は、大丈夫だと思われる。

だから、男性は私を守ろうとはしない。

母親のような癒し、ぬくもりを求めて来る。

私は、肝っ玉母ちゃんとちゃうぞ!

 

私が友達に助言をすると決まって『私は、エルザさんみたいに

強くない!』といわれる。

私は、強くないよ。ポッキリいっちゃう時もあるよ。

ある人が言っていた。『女は、生まれながら強い。

だから、お淑やかにと育てられ、学ぶもの。』だと。

強い女性が好きな男性は、いないと思うけど。

もし、居るとしたら、それは、ぬくもりを求めているのかな。

甘え上手な女性の方が可愛いと私は思うけど。

芯がしっかりしているとポッキリいくけど、ナヨナヨしていると

打たれ強いらしい。木の棒とゴムだね。

私が、ナヨナヨしたら気持ち悪いよね~(爆笑)

いいもんね~だ。

私は、そういうお役目だと割り切るからさ~

 

以前、私にぬくもりを届けてくれていた男友達がいた。

その友人とは、ある女性の行為が原因でお別れすることになった。

その女性は、自分がした事が解かっているのかな~

それが、私だけでなく彼をも傷つけた事を。

彼のブログに『冬桜がみたい』と記されていた。

彼も辛かったのだろうと推測する。

彼にとって私は、唯一の親友だったから。He said…

こんな私でも、その時は、身体が引き裂かれる様で

包まれていた毛布を引きはがされ寒空の下に放り出されたような

気持ちで、彼を傷つけてしまった罪悪感に死さえ考えた。

お別れは、やっぱり悲しいよ(T_T)クスン

 

皆さんは、愛って何だと思いますか?

愛は深いよね~

まぁ、それを学ぶ為に生まれて来たんだけどね。

一生のテーマですね。

皆さんの愛に関する持論をお聞かせいただければ幸いです。

秋 愛について語り合うのも良いかな~

お勉強~((φ(・д・。)ホォホォ

 

 

« MUSIC LIFE 1 (Atlanta Rhythm Section) | トップページ | 自分のための人生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

愛はすべてを包括する「労り・信頼・赦し」=愛

男女間の愛情=恋愛
私がもし女性で「愛してる」と相手の男性に言われたら「愛してるてどういう事」と問い直すでしょう。
多分「君と何時までも一緒にいたい、君を何時までも見つめていたい」というような言われ方をすれば、まあ、言ってる意味を理解するのでしょう(ウフッ!)。

困っている他人との接し方
私のできることを探し「相手の足りなうところを補う」という形で接する。
思い込みや過剰な対応は自分の為にも相手の為にもならないし「愛」ではなく「傲慢」である。
今騒ぎとなっている強姦致傷罪で捕まった、女優の息子に対する育て方は良い例でしょう「やり過ぎ」ほど悪いものはない。
「度を過ぎるとものみな悪となる」という古い諺のとおり。
眠くなったのでここまで~!
良い一日であることを望んでいます(^_-)-☆

 スカイブルー さん

コメントありがとうございます。

なるほど…

>私のできることを探し「相手の足りなうところを補う」という形で接する。
>思い込みや過剰な対応は自分の為にも相手の為にもならないし「愛」ではなく「傲慢」である。

この一節、とても参考になりました。
私の友人が言う「手出しは違う」というのは、それは、私の自己満足であって
傲慢に過ぎないと言いたかったのかもしれませんね。

>「度を過ぎるとものみな悪となる」という古い諺のとおり。

なるほど。悪ですか…
やはり、相手が援助を求めるまで手出しは無用なのでしょかね?

スカイブルーさんは、物知りですね。
これからも色々と教えてください。
今回のコメント、とても参考になりました。
ありがとうございます。

愛とは...(゜.゜)ウ~ン?...
価値観の違いでさえ認め合えること。
認め合っていた価値観がたとえ変わったとしても。
そしてそのことも含め、感謝し合えること。
ま、こんなところかなぁヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

「愛」
究極の哲学かもしれませんね。
私も愛ってなんだろうと考え、
フロムの「愛するということ」
を読んでみたりもしたけれど。

 きら さん

きら殿、コメントありがとう(^^)/

うん、そうだね~
大人の接し方だよね。
愛も理性が必要なのかな~

 ホシノ さん

コメントありがとうございます。

究極の哲学… 確かに…
私も愛に関するエッセーや宗教書を
読んでいますが、解かるような…解からないような
理屈じゃないのかもしれませんね~

「淋しげな 雨に濡れた君の くちびるが 忘れられなくて」
と口ずさんでも愛の奇跡は起こらなかった。

愛という言葉を聞くと小学生の頃のヒデとロザンナを思い出す。

その後「愛と誠」を読んで

『愛は平和ではない。愛は戦いである。武器の代わりが誠実であるだけで、それは地上における最も激しい、厳しい、自らを捨ててかからねばならぬ戦いである。わが子よ、このことを覚えておきなさい。』

にどきっとさせられた。

「魅力あるもの、キレイな花に心を惹かれるのは、誰でもできる。 だけど、色あせたものを捨てないのは努力がいる。 色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。」

by 遠藤周作

小学校の卒業式が終わると隣の席にすわる女の子が
ぽつりとつぶやいた。

「雨が止んだら お別れなのね
   二人の思い出 水に流して」

何も言えず家路を急いだ。

未だに愛は知らない。


 ひでじろう さん

コメントありがとうございます。

愛って歌にすると悲しいくなりますね。
私が思う愛って、『ぬくもり』でしょうか。
心がホンワカするような。
母親の愛のような…
毛布に包まれた時のような…

『愛と誠』私も映画を見ました。
西條秀樹さんが主演のやつ。
この物語は、若さゆえの突っ走りの様な気がしますが…

遠藤周作さんの言葉は、とっても奥が深いと思いますよ。
好いた惚れたの先にあるのが本当の愛だと言いたいのかな~
好いた惚れたは、恋だと私は思いますけどね。

愛は、もっと深いんじゃないでしょうか?
見守る。
離れていても相手の幸せを願う。
それは、苦しみを伴うものかもしれないけど、
相手が幸せになってくれることを願うのも愛かな~

愛を知らない人はいないと私は思いますけど…
人、生きるもの、愛なしには生きられないのでは
ないでしょうか?
家族からの愛もありますよね。

『愛は、与えるもの。愛が欲しければ与えなさい。』
私の尊敬する方の言葉です。

何だか、お説教みたいになっていたらごめんなさい。
ひでじろうさんにも愛が届きますように(o^―^o)ニコ

「あたたかい微笑み・・・

 妻に子どもに

 そしてすべての人に

 微笑みなさい

 微笑は心に愛を育てます。」

マザー・テレサの言葉を引用させていただきました。

 病室に面会に行くと、看護師さんの微笑みに

 心が救われる。

 私がまねしても、にやにやして気持ち悪いといわれるのが

 関の山だ。

 心に愛が育つには何年かかることやら・・・ 

 コメントありがとうございます。
 

 

 ひでじろう さん

素敵な言葉を知っているのですね~

いやいや、照れずに微笑んでくださいよ~

きっと心からの愛が伝わると思いますよ(^_-)-☆

こんにちは。
愛、は分からないんだけど、愛に包まれているのって、
なんか無重力空間にいるような気がする。
#無重力空間なんて知らないんだけど、なんて言うのかな?
#どこからもストレスが無い状態っていうか。
鬱だけど(まあ割と正常?)、愛には飢えてないです。
それって、じゃあどういうこと?って言われると
説明出来ないんですが、、、。
愛、が分からないので、愛(のようなもの?)よりも
孤独でいる事を望んでしまっています。
すみません、書き散らしました。

続けて。
アドラーもフロムも理解できる?けど、実践出来ない。
愛、ってもしかすると、ものすごくエゴイズムだけど、
ものすごく強いものなのかもしれない。
それでもって、他者に対する物ではないのかもしれない。

じもん さん

コメントありがとうございます。

なるほど。
何が愛かって個人差があるのではと、最近は思います。
私にとって愛は『ぬくもり』です。
幼い頃、両親に抱きしめられた時の様な、ぬくもりです。
ぬくもりは、安心感とも言えるかもしれませんね。

確かに、アドラーもフロイトもユングも頭では理解できます。
でも、おっしゃるように実践となると難しいですね。
キリスト教では、愛は与えるものと言うようですね。
アドラーも人生はGIVE & TAKEではなく
GIVE & GIVEだと言っています。

愛を感じる為には、まず自分愛がなければいけないとも言いますね。
自分を愛せない人間は、他者を愛せないと。
スピリチュアルでは、私たち人間は『愛』を学ぶ為に生まれて来ている
と言いますよ。

多分、愛とは○○だと言い切れる人はいないと思います。
それは、個人差もあるし私たちは学んでいる途中なのだと
思います。
その『愛』を語れる人は、強い人だとも思います。
まず、自分を愛することから始める必要があるのかもしれませんね。
失礼致しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛って…:

« MUSIC LIFE 1 (Atlanta Rhythm Section) | トップページ | 自分のための人生 »