無料ブログはココログ

« スタンダード・ジャズ 10 | トップページ | 芸術の秋 ラファエロとヒロ・ヤマガタ  »

2016年9月27日 (火)

つぶやき 11

「秋 無料画像」の画像検索結果

月日の流れは、早いもので、もう秋ですね。

昨日、月1回の診察日で楓並木にあるクリニック周辺は

落ち葉がありました。

秋雨前線が停滞していて、何だかスッキリした秋晴れとは

なりませんね。

 

最近は、落着いて過ごせています。

以前より、かなり力が抜けてふにゃふにゃになっています。

自分としては、ちょっと頼りない感じはしますが、

もしかしたら、これが本来の私なのかもしれないな~

このブログにも泣きごとが増えるかもしれませんが、

読む方に不愉快な思いをさせないようにしなければ…

ただでさえ、数名の友人から『エルザさんのブログからは

不安を感じる』と指摘されているので。

『不安』確かにあるな~

昔に比べれば落ち着いて来ているけど、あるんだろうな~

 

 

先日、家でボーっとしていると、突然マンションの火災報知機が

鳴り響きました。

私は、慌てて管理人室の鍵を持って1階に降りました。

管理人室の鍵は、理事長と私だけが持っています。

理事長は、仕事で留守です。

私が動いて理事長に報告しなければいけません。

1階に降りると、すでに住人の男性陣がおり、火元の確認をして

くれていました。どこからも火の気は上がっていませんでした。

どうやら、誤報の様だと判断し、私は、すぐに管理人室の鍵を

開け、報知器の音を一旦止めてくれるよう、住人の男性に頼みました。

そして、すぐにセキュリティー会社に電話を入れ、通報を確認して

いるのか?こちらに向かってくれているのか?を確認しました。

通報を受け、隊員が向かっているとの確認を取りました。

どうやら、報知器誤報の元は、1階の飲食店だとのこと。

しかし、そこの従業員はすべて外国の方で日本語が通じないのです。

いつもなら、日本人のオーナーさんが居るのですがね。

仕方ない。私のつたない英語で状況を確認することにしました。

通じるのか不安でしたが、あら、ビックリ(´゚Д゚`)ンマッ!!

自分でも別人じゃないかと思うほどスラスラと喋っていました。

セキュリティーの隊員の方が、聞きたいことがあるのでと

通訳を頼まれました。

どうやら、石窯からの熱が報知器を鳴らしたようでした。

一応、事情もわかりレポートを作成して提出しますとの事。

それにしても、もう、英語は喋れないと思っていました。

10年近く、英語から離れていましたから。

すんなり出て来るとは、自分でも驚きです。

でも、かなり忘れていますね。

一応、事を片付けることは出来ましたが、もっと専門的なことに

なると、喋れないと思いました。

忘れるのは早いですね。

 

この件で、心強いなと感じることがありました。

それは、昼間マンション内にこれだけの男性陣(7~8名)

が居て、緊急時には動いてくれるということです。

普段は、私ひとりで片付けなければいけないと思い

自分の判断でアクセクと動いていましたが…

やはり男性の存在は、心強いですね。

私も安心して、自分のすべきことが出来ました。

人生にもこうやって緊急時に支えてくれる男性がいたら

心強いのだろうな~と思いました。

幸い、緊急時に泣きつける男友達はいます。

でも、『おいおい、またか~』って言われるのは…

何とか彼のお世話にはならないようにしなければと

思うのですがね~(^^

 

独身でいることは、自分で選んだことだけど…

もしかしたら、私は逃げていたのかもしれないな~

男性からしたら可愛げのない女だったかもしれないな~

以前、私のお友達がこんなことを言いました。

『私たちみたいな独身は、人生の伴侶もみつけられない

出来損ないなのよ。』と。

その時、私は、そんなことはないと思いましたが、

彼女の言う通りかもしれないですね。

ひとりの女性として『出来損ない』かもしれませんね。

 

先日、あるテレビ番組で『独身の方が既婚者より幸せである』と

言っていました。結婚しなければダメ人間だとのレッテルを

貼られるのを避ける為に一応、結婚をするらしいです。

しかし、人間性としては独身者の方が、自立心がある。

自分で楽しみをみつけられる。自分をコントロールできる。

とのことで、幸福だということでした。

ホンマでっか!

 

小学生3年か4年の時でしょうか、道徳の時間に

『人生計画表』なるものを書かされました。

何歳で何をするのか、その目的と理想は…みたいなことを

書くんです。

中学、高校、までは、すんなりと書けましたが、その後が

大学に進学するのか、就職するのか、どう書いたのか

記憶がありません。しかし、その後の『結婚』に関しては、

もの凄く迷って… 結婚する気はないんだけどな~と思いながらも

書き込む欄があるし、空白にするわけにはいかないと

適当に書いた記憶があります。

こんな幼い頃から、結婚願望は無かったのですね。

遊び相手も男の子が多かったし、遠足でお弁当を食べる時も

男の子のグループに交じって食べてたしね。

別に恥ずかしいとも思わなかったし、私としてはむしろ

楽でしたね。でも、男の子は、恥ずかしかったかもね~

『何で、お前いつも入ってくんだよ。』みたいに思ってたかも。

でも、さすがに小5には、男の子から離れましたよ。

色々な感情も出て来るしね。

女の子の友達を増やしました。

私は、ナヨナヨしたぶりっこ女子が苦手でして…(^^

だから、自然とさっぱりした女の子と友達になりました。

今でも、私の友達は、さっぱりクール系ドッシリタイプです()

 

そういえば、中2の時、彼氏と別れて、やっぱりナヨナヨした

女の子の方が男の子は好きなのかな~と思い、ナヨナヨを

演じたことがありましたね。

そしたら、男友達が『お前、気持ち悪いぞ!それが本当のお前か?

疲れないか?』って…

彼の一言は効いた。確かに疲れてたε-(o´_o)ハァ・・

3で学校の学区編成が変更になり、そのキャピナヨお友達とは

お別れになったのを機に、クールな自分に戻りました。

 

 

英会話に関してですが、私の最後の仕事が英語の仕事でした。

スイミングインストラクターを14年勤めた後、暫らく休み

心と身体を癒しました。その後、小学校英語講師の資格を取り

働ける場所を探しましたが、当時は求人がなく諦めました。

何とか英語に関した仕事がしたいと求人広告を見ていると

こども英会話教室の受付兼事務の仕事がありました。

教室が家から近かったので品川まで行って、面接を受けました。

採用の連絡を頂きました。

そして、教室に行き上司と話しをしました。

この上司は、出来る感じの女性でした。

私を採用した理由を教えてくれました。

まず、はっきりと話しが出来る。しっかりとしている。

子供への対応に慣れている。そして英語が話せる。

色々と話しましたが、どうやら受付も事務も1人で熟さなければ

いけないようです。教室には、ネイティブの先生1人と私だけ。

覚えなければいけないことばかりでしたが、何とか熟していました。

教室では、父兄が先生に聞きたいことがあると通訳的なことも

しました。職場で日本語と英語を使い分けていました。

当時、私は、病み上がりでひとり暮らしを始めたばかりでした。

カウンセラーさんから、1度に色々なことを始めるのは無理だと

言われていました。でも、やりたかった。

しかし、無理だったのでしょうね。1年と続けられませんでした。

また、症状が悪化してしまって…

上司の『あなたなら出来る。』との期待に支えられていましたが、

英語と日本語の使い分けに疲れてしまい、一人暮らしの寂しさに

潰されてしまいました。

やはり、病み上がりの心と身体には、無理だったのでしょうね。

いつも仕事が終わると、ネイティブの先生と駅まで一緒に

帰りました。さすが、欧米人の男性レディーファーストです。

夜道は、危ないからと一緒に歩いてくれました。

私は、駅からバスでしたので、そこでバイバイです。

See you tomorrow!

彼の故郷は、カナダでした。

いつも御家族の話をしてくれました。

私の日本での英会話の先生もカナダの方だったので、話しは

はずみました。英語での話は、楽しかったですね。

私もロサンゼルスに居た時の話をしました。

英語での会話は、なぜか気が楽で素直に話せましたね。

変に強がることもなかったし穏やかな気持ちで話せました。

ある意味、女性らしかった気がします。

以前、ある記事で読んだ気がするのですが、外国語を話す人は、

母国語とは違う脳の部分を使っているとか…

その教室は、大手の英会話企業でしたが、経営破綻しました。

ネイティブの先生方は、今どうしているのか?

私がお世話になった先生もどうしているのかな?

授業でもないのに教室に遊びに行って冗談話しをしたな~

ハロウィーンやクリスマス・パーティーも楽しかったな。

 

 

最近、色々なことを思い出します。

あんなこともあったな~って感じで、この10年を振り返っています。

今は、自分にとって一区切りの時期だと思います。

私の周期は、4年です。14回目の転機ですね。

色々と過去のことを思い出し、後悔していますが、

私は、そういう『種』を蒔いて来たのでしょうね。

嫌なことも良いことも、その『種』が実になって返って来たのかな。

今更、蒔いて来た悪い種を無かった事には出来ないのだから、

しっかり受け止めようと思います。

そして、これからは自分の身近にいる人達を大切にして

『良い種蒔き』をして行こうと思います。

穏やかに暮らせるよう、新しい『種』を蒔いて行こうと思います。

自分に他人に正直に生きて来たつもりだけど、どこかに

傲慢な自分がいたのかもしれませんね~

反省を込めてこれからは、『良い種蒔き』をして行きたいです。

解かる人には解かって貰える。だから、人間不信になんて

なることはない。騙されても、裏切られても、それは自分にも

責任があるのだから。

私は、他人からのぬくもりを知っているし、感謝もしています。

だから、これからも愛する家族や友人には、ぬくもりを

届けて行きたいです。

 

今迄、作り上げて来た『自分の柱』。

それを作る為に血の滲むような苦労をして来ました。

その柱は、時々、少しずつ修正してきました。

今年は、大きな修正が必要な年でしたね。

一時は、ポッキリ折れてしまったけど、今は更に幹を太くし

立てるよう努力しています。

インターポットの私のお庭の木。優和の木。

背丈はそんなにないけど幹がしっかりしています。

13回のお世話をしているのに伸びてくれないんだな~

ドッシリとした木です。

優しく和やかにと育てています。

これからも毎日ちゃんと太陽・肥料・水を与えて

ゆっくり大きくしていきたいな~

キラリ☆よろしく~(^^)v

 undefined

                             

 

季節の変わり目です。体調管理に気を付けてお過ごしください。

 

 

 

« スタンダード・ジャズ 10 | トップページ | 芸術の秋 ラファエロとヒロ・ヤマガタ  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

警報機、驚きますよね。
 
それにしてもエルザさんの能力にびっくり。
英語話せるのは本当に強みです。

 ホシノ さん

いつもコメントありがとうございます。

店舗が入っているので、誤報は多いんです。
初めから誤報だと思ってしまいます。
とっても危険なことですけどね。

上手い具合に英語が出て来てくれてラッキーでした。
実は、相手の方も英語が流暢ではなかったんです。
だから、お互いに片言の状態でした^^;
お恥ずかしい次第です^^;

エルザさま
 初めまして・・・。
お一人の女性として今までご立派に過ごされていると
思いました。何より英語が話せるって素晴らしい事ですね。
私の妹もシングルで頑張っておりますが、
1週間に3回以上はお出かけしていますし、
英会話も習っているもののなかなか上達はしていないようです。
楽しみは海外旅行!今年はフランス・ストラスブールへ・・・。
ワイン大好きカントリーダンスも習ったりで独身生活を
謳歌していますが、具合が悪くなるとやはり結婚すればよかったかななどと勝手な事を言っております。
 どうぞご自愛くださいますように・・・。

 マコママ さん

マコママさん、2回目のコメントありがとうございます。
音楽記事でコメントを頂いていますね。
長文なのに読んで頂きありがとうございます。

確かに独身は楽な部分もあります。
夫婦での忍耐が不要ですからね
でも、気持ちが弱った時など支が欲しくなりますね。
その分、良いお友達に囲まれていたりします。
若い頃は、確かにこれで良かったと思います。
でも、歳を重ねて来ると不安な要素が出て来ます。
そんな時、頼れる夫がいれば…なんて考えてしまいますが、
そんな頼れる夫を選べるかもわかりませんしね
自分で選んだ人生です。
たぶん、やって行けると思います。
ありがとうございます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つぶやき 11:

« スタンダード・ジャズ 10 | トップページ | 芸術の秋 ラファエロとヒロ・ヤマガタ  »