無料ブログはココログ

« MUSIC LIFE ABBA | トップページ | ココログのお友達 »

2016年12月 4日 (日)

PHP

PHP

PPAPじゃありませんよ(゚∀゚ )タラー

この雑誌は、私が小学生の頃からの愛読書です。

Php_12 Php_special_9

小学生(低学年)の時、友達がいなくて登校拒否ぎみになって

いました。その時、父が、私に読めと持って来たのが出会いです。

その時の、記事は『友達』についてでした。

漢字にはふりがながふってあり小学生でも読めます。

私は、その記事を読み思いました。

私は、学校に遊びに行ってるんじゃない。

友達が欲しければ、自分から仲間に入れてと近づけば良い。

待っていたら、いつまで経っても友達なんてできない。

何だか、勇気をもらった気がしました。

それから、毎月 父が雑誌を持って来てくれました。

父の会社は、松下グループだったので、毎月会社に雑誌が

送られてくるんです。

思春期の悩み多き時期も、心の病になった時も、

私を励まし、知恵を授けてくれました。

 

PHPは、人生をより豊か、かつ楽しく充実したものとして生きる

ことを目的に「生き方」とは何かを様々な身近な角度から検証する

という目的で松下幸之助氏が創業したPHP研究所が、昭和22

に発行した書籍です。

関連雑誌で、Special

のびのび子育て(育児専門誌)

くらしラク~る(主婦向け生活情報誌)

ほんとうの時代(熟年向け生活情報誌)

VOICE

歴史街道(歴史教養誌)

THE21(ヤングビジネスマン向け情報誌)

JAPAN CLOSE-UP(外国人や国際嗜好のあるビジネスマン向け

          英字雑誌)

そして、PHP文庫でたくさんの書籍が発行されています。

 

記事を書いているのは、難しい哲学者ではありません。

芸能人だったり、お寺の住職さんだったり、時には

心理学者だったりとあらゆるジャンルの方々です。

だから、難しくないです。

普通の感覚で書かれているので、スーッと入って来ます。

父は、松下氏の経営持論に関しての本を読んでいました。

 

この、特集の題名につられて購入しています。

値段も205円とリーズナブルで、知恵を与えてもらえる。

お得感が良いですよね。

12月号は『感情の整理がうまい人、へたな人』

今、私が欲しい情報が毎月のように特集されています。

特集記事以外にも、口絵やエッセイなども楽しめます。

持ち歩くにも便利なサイズです。

いつも持ち歩き、病院の待ち時間などに読んでいます。

 

 

« MUSIC LIFE ABBA | トップページ | ココログのお友達 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

よくコンビニで見かけてましたが、そういう内容の書籍だったんですね。

今度読んでみよっかな。(^_^)

 たこ拳ぢ さん

コメントありがとう(^^)/
そうなんです。そういう内容なんです。
駅の売店にも置いてありますよ。
結構、良いこと書いてあったりします。
機会があったら読んでみては?

PHP文庫、存在は知っていましたが
小学生のころから読んでいたなんて。
エルザさんの人間形成の過程で幼少期から
こうした良い本との出会いがあったのですね。

 ホシノ さん

コメントありがとうございます。
私も頑固ですから、父の慰めの言葉に反発していました。
父もどうしたものか考え、丁度、手元にあったPHPを
渡してくれたのだと思います。
読書自体は、好きではありませんでしたが
PHPは、毎月楽しみにしていました。
最近、Specialを買うようになり、益々楽しみになっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PHP:

« MUSIC LIFE ABBA | トップページ | ココログのお友達 »