無料ブログはココログ

« 冬桜と太陽 | トップページ | つぶやき 14 »

2017年2月13日 (月)

ユーミンを聴きながら…

突然ですが、フッとユーミンが聴きたくなりまして、

ここ数日、チューブで聴きあさりました。

そして、思ったのです。

やっぱり、ユーミンは女心を上手く書く愛の代弁者だなと。

代弁者は、変か。伝道師ですかね?

私も、随分とユーミンの歌には励まされて来ましたね。

涙することも多かったけど、何度も聞いていると応援歌のように

聞こえて来るんです。女性は、こんな気持ちになるんだな。

私だけじゃないんだな~ってね。

ユーミンの歌詞は、女心を書いていますが、ネチネチしてない。

実にサッパリした感じ。だけど、女の執念みたいな怖さもある。

もう、終わってしまったけど、私、ちゃんと立ち直るからと

前向きに歩む女性の強さをかんじます。

(動画に関しては、本人歌唱でないものもあります。ご了承ください)


やさしさに包まれたなら 

 

この歌は、ちょっとスピリチュアルを感じます。

 

目に映るすべてのものはメッセージ 



守ってあげたい 

 

So you don’t have to worry worry

守ってあげたい

あなたを苦しめる全てのことから

 

 

なんて、母性の強い歌詞なんでしょう。



青春のリグレット 

 

私を許さないで 憎んでも覚えてて

今では痛みだけが真心のシルエット

私を許さないで 憎んでも覚えてて

今でもあなただけが 青春のリグレット

だってせいいっぱい愛した あなたを愛した

 

えーっ!こんなのあり~

初めて聴いた時、驚きました。

そこまでして、忘れられたくないのか。

ちょっと新鮮な発想でしたね。

何だか、未練たらしい感じもするけど、強さも感じます。

でも、リグレット(後悔)しているんだものね。

悲しいけど、笑って話せるようになって良かった。



リフレインが叫んでる 

 

どうしてどうして僕たちは

出逢ってしまったのだろう

どうしてどうして私達

離れてしまったのだろう

あんなに愛していたのに

 

もう、完璧に失恋した女性の気持ちを代弁していますよね。

もう、このフレーズで泣き崩れますよ。

打ちひしがれた気持ちと自己憐憫。



恋はNo-Return

 

思いっきりひっぱたいたのは

柄にもなくこわかったからよ

Love Affairでいいなら他のひとにして

今なら3日だけ泣いて忘れられる

 

ここにアドラー心理学がありますよ~

やっぱ、3日なんだ~


幸せはあなたへの復讐 

(動画がありませんでしたm(__)m

私 楽しく生きるの

幸せはあなたへの復讐 

 

題名からして怖いけど…

失恋後、すぐに新しい恋人を作ってはいけないそうです。

世間では、新しい恋人を作れば、悲しさを忘れられると

言いますが、心理学的にはNGだそうです。

なぜなら、人は心の整理をするのに1年かかるそうです。

整理をせずに次に進むと、新しい彼(女)は、以前の代役になって

しまって、すぐに別れることになるそうです。

それは、本物ではないということだそうです。

新しい恋人は、本物が良いよね。



Nobody Else

 

(Nobody Else)あれほど愛せない

No No No No No No

長い苦しみをあなたは知らない

(Nobody Else)救ってくれない

No No No No No No

激しい傷みをあなたは知らない

Nobody Else あなたは知らない

 

彼氏とさよならした女性。

彼を忘れる努力をした。

まだ、未練はあるけど、私 立ち直るから。

そんな女性の強さと苦しい胸の内を感じます。

丁度、私のうん十年前の失恋の時、随分とこの曲を聴き

泣きました。こんなに苦しんでいるのにと悔しくなりながらも

忘れようと日々の生活を淡々と熟しましたね。

あ~、また、泣きそう~



とこしえにGood Night(夜明けの色) 

 

こんな心を誰に見せるの

かっこつけても 悲しいのは自分じゃないの

 

気に入られようと見栄を張っても悲しいだけだよね。

ありのままを受け入れてくれる人は大切ですよ。


ふってあげる 

(動画がありませんでしたm(__)m

I know I know 

私は今なら平気よ

I know I know

あなたが最後に悩まぬように

ふってあげる

I know I know

あの日の二人は消えない

I know I know

私が自由を望んだように

ふってあげる

 

これ、優しさだと思いますか?

自分に都合の良い言い訳のような気がするんですけど…

まあ、歌詞全体を見ると、楽しかったよ。ありがとうね。と

感謝の気持ちも感じます。未練を感じながらも

自分が納得できる言い訳を言っているのかな?

 

 

簡単に思いつくまま勝手に抜粋してみました。

この歌詞が気になるってことは、やっぱり、私の強気な部分が

現れているのかな…

ほとんどが『Delight Slight Light Kiss』に収録されている曲

ですね。やっぱり、痛手は大きんだな~

うん十年前を思い出す… ひとりごと

カラオケで歌うのは『埠頭を渡る風』が好きなんです。

もうこれ以上 もうこれ以上

優しくなんてしなくていいのよ

いつでも強がる姿 嘘になる

いつでも強がる姿 好きだから

この部分が好きですね~

 

では、お決まりのこの時期に聞きたくなるユーミンソング。

春よ、来い


« 冬桜と太陽 | トップページ | つぶやき 14 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

憎んでも覚えていてというところ・・
最大の裏切りは
忘れることだ、
というような言葉を聞いたことがありますが
忘れ去られてしまうより
憎しみでも相手に刻み付けられていたいという
すごい念のようなものを感じます。

ホシノさん

コメントありがとう。
そうなんですよね。
憎んでも覚えててって…
でも、人は自分と関わった人を
そう簡単に忘れられるのでしょうか?
たましいに刻み込まれているのだから、
自分の人生のページに想い出として残るでしょう?
女の執念って怖い…

 あなた変わりはないですか。
「山手のドルフィン」に行きたいと想いながら
未だ果たせず40年。
寒さこらえて聴いてます。
荒井由美『さみしさのゆくえ』
https://www.youtube.com/watch?v=n5lztLG43Fw

「心の翳りは誰にもわかるものじゃないから
他人のさみしさは救えない」

ひでじろうさん

コメントありがとう。
『山手のドルフィン』懐かしいな~
当時、憧れの場所でしたね。
ユーミンは、寂しさを深く語った詞も多いですね。
彼女の歌詞は、奥が深いです。
スピリチュアル的な内容もありますし
心理学的内容もあります。
この年齢になると理解できますね。
若い頃は、上辺しか理解できなくて…
憧れのお姉さんですね。

"Delight Slight ..." からの曲がこんなに出て来たのは、なんとなく意外でした。当時はユーミンって、私にはお洒落な音楽の代名詞のようなイメージでしたよ。

でも、このアルバムでも全曲を聴いてみると、別に特にお洒落を意識してなんて創っていない、純粋に素晴らしい曲が並べられた良作だったな~と当時を思い出しました。

私が他に印象に残っている作品は「悲しいほどお天気」とか、「NO SIDE」です ^^ 。

ES335TDC さん

コメント、ありがとう(^^)/
Delight Slight…は、お世話になったアルバムなんです。
このアルバムのテーマは、別れから立ち直る強い女性
なのかな?
ちょっと未練がありながらも、私は大丈夫と前に進む。

ユーミンは、私には、お洒落で強いお姉さんなんです。
さっぱりしていて、はっきりしていて…
私も、そんな女性になりたいな~ってね(笑)

何で、この選曲だったのかというと
女性の強さ、弱さが、サッパリと書かれていると
思ったからです。
寒さでちょっとメンタルが弱くなっているかも…
フッと昔を思い出してしまいました(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーミンを聴きながら…:

« 冬桜と太陽 | トップページ | つぶやき 14 »