無料ブログはココログ

« 懐かしのビルボード・ランキング 1986年 Vol.1 | トップページ | つぶやき 15 »

2017年3月14日 (火)

懐かしのビルボード・ランキング 1986年 Vol.2

さて、ベスト5の発表です。

この年は、Mr.Misterが活躍しましたね。

Mr.Misterは、スタジオミュージシャンのリチャード・ペイジと

スティーヴ・ジョージが結成したPagesを前身とするアメリカの

バンドです。以前のブログでご紹介しているので、次回にでも

ご紹介したいと思います。

この年に活躍したロバート・パーマ、ウィットニー・ヒューストンは

すでに他界しています。早すぎます。


5.Broken Wings / Mr.Mister



4.On My Own / Patti LaBelle & Michael McDonald



3.I Miss You / Klymaxx



2.Say You ,Say Me / Lionel Richie



1.That’s What Friends Are For / Dionne & Friends

訳詞

こんな風に感じるなんて考えてもみなかったの

私にとっては

口にできるチャンスがあって嬉しいの

『あなたを愛している』と信じて言えることが

 

もし私がどこかへ去らなくちゃいけなくなっても

その時は目をとじて試してみて

いま私達がこんな風に感じているように

その時あなたが思い出せるのなら

 

笑顔を絶やさないで輝き続けて

いつだって私を頼っていいのよ

本当よ

その為の友達じゃない

良い時だって悪い時だって

私は永遠にあなたのそばにいるわ

だって友達なんだから

 

ああ、君がやってきて

僕の眼を開かせてくれた

そして今、僕はもっと多くのものが見える

とにかく言わせてくれよ

“ありがとう”と

 

そして僕たちが離れている時でも

そう、目を閉じたらわかるはず

僕の心から出た言葉なんだってことが

その時、君が思い出すことが出来たら

 

笑っていてね 輝き続けてね

いつだって僕を頼りにしていいから

本当だよ

その為の友達なんだから

良い時も悪い時も

僕はいつだってずっと君のそばにいるよ

だって僕たち友達だろう

 

微笑み続けて 輝いていて

いつだって私を頼りにしていいんだから

本当よ

その為の友達なんでしょう?

良い時だって悪い時だって

私は永遠にそばにいるわよ

だってそれが友達でしょう?

 

笑っていてよ 輝いていて

いつだって僕を頼りにしていいんだよ

本当だよ

 

それが友達なんだから

良い時も悪い時も

私(僕)は永遠に君のそばにいるからね

 

友達はその為にいるのよ

 

 


« 懐かしのビルボード・ランキング 1986年 Vol.1 | トップページ | つぶやき 15 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

色とりどりの宝石箱のよう…。そんな印象です ^^)。当時は子供ながらにこう言った音を新しい時代の音に感じていた気がするのですが、今聴くとそのような印象があまりなく、極めて自然な音に感じます。

'90年代以降の音楽も、そういう風に聴こえる日が来るものなのかな? 良い曲はいつの時代もありますが、'90年代以降の楽曲はそれまでのような時代性はさほど感じないかもしれませんね。

ES335TDC さん

コメントありがとうございます。
正に、我が青春の音楽は、キラキラしていますね。
80年代の洋楽は、やっぱり魅力があると思います。
TVでもラジオでもBGMとして使われていますよね。
WBCのテーマ曲(他では違うのかな)に、Journeyの
Separete Waysが使われていますよね。

今、流行のJ・ビーバーやアリアナ・グランデを聴いても
何か物足りなさを感じます。軽いんです。音が…
フワフワしていて重厚感っていうか安定感を感じないんです。
歳のせいかな?(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのビルボード・ランキング 1986年 Vol.2:

« 懐かしのビルボード・ランキング 1986年 Vol.1 | トップページ | つぶやき 15 »