無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月29日 (土)

祭りと日本の神様

祭りは、元来、わしら神様を楽しませようと人間が始めたものじゃ。それを、近年は、わしらの好きな太鼓や笛の音が、うるさいと言う馬鹿者がいる。わしらは、毎年、人間と一緒に楽しむのが好きだった。いつしか、わしらを弾き出して、人間だけで楽しみよって、わしらをのけ者にするな。太鼓と笛で、わしらを仲間に入れてくれ。まだ、音楽が流れているのは、マシな方だ。酷い地域だと、ワイヤレスイヤホンを使って、自分達だけ音を聞き、踊って楽しんでいる。わしらに聞こえんじゃないか。そんなもんは、止めてしまえ。

 

と、まあ、神様が怒っているわけですよ。

今年の我が町の商店街の祭りも、ついに太鼓の音が消えました。

祭り会場は、目の前です。毎年、太鼓の音、人の話し声、

子供の泣き叫ぶ声、等々が聞こえて来ます。

でも、1年に1回のことです。

これも、風情があり、うるさいと思ったことはありません。

むしろ、家に居ながら楽しめると思っていました。

太鼓の音で、厄払いもしてもらっていると思っていました。

残念ですね。

 

日本の神様は、パーフェクトじゃないんですね。

失敗もするし、嫉妬や恨みも持っているようです。

俗っぽい感じらしいですよ。

昔、学校で学んだ記憶では、自分の子が醜いからと

首を切り落としたとか、火炙りにしたとか…

間違っていたら、申し訳ありません。詳しい方は、修正のコメントをお願いします。

 

日本ほど神様に愛されている国は、ないんだそうです。

日本人は、穏やかで、信仰心が篤い。自然もある。

神様からすれば、天国なんだそうです。

だから、昔から日本には、沢山の神様(八百万の神)が

いるのです。

そう、ガガ(*)が言っていました。

*ガガ

小野寺S一貴さんの『妻に龍が付きまして…』に登場する

龍神さま。白龍でなぜか語尾が『○○だがね。』となまる

 

八百万の神 Wikipediaより

自然のもの全てには神が宿っていることが、八百万の神の考え方であり、欧米の辞書にはShintoとして紹介されている。日本では古くから、山の神様、田んぼの神様、トイレの神様(厠神 かわやがみ)、台所の神様など、米粒の中にも神様がいると考えられてきた。自然に存在するものを崇拝する気持ちが、神が宿っていると考えることから八百万の神と言われるようになったと考えられる。八百万とは無限に近い神がいることを表しており、多神教としてはありふれた考え方である。 またこういった性格から、特定能力が著しく秀でた、もしくは特定分野で認められた人物への敬称として「神」が使われることがある。

 

日本の神様のことは、詳しくありませんが、日本人として

大切にしたいとは思います。

お正月に、初詣に行きますよね。

神様に、昨年の見守りのお礼と今年の誓いをしに行きます。

そして、今年のメッセージを頂く為、おみくじを引きます。

そうしたことも、日本人だからするのでしょう?

神様のお世話になっているのに、近年は、ちょっと寂しく

ないでしょうか?

神様を、願いを叶えて欲しい時だけ利用していませんか?

神様は、いつでも私達にメッセージを送って来ますよ。

もし、願いが叶わない時は、それなりのメッセージがあります。

今は、その時期じゃないとか、間違った方向に行っているぞ、

とか、もっと努力をしなさいとか…

どうも、最近の日本人は、生活が欧米化して、心まで

欧米化している気がします。日本に生まれた意味を

考えて欲しいです。日本が、平和なのは、八百万神が、

いる。居やすい環境だからでしょう。守られているのに…

『そんなの関係ねえ~』なんて言ってる場合か。

自分さえ良ければは、止めませんかね?

相手を思いやる気持ちの日本人に戻りませんか?

説教おばさんになってしまったので、これにて御免。

(*・ω・)*_ _))ペコリン

 

 

2017年7月25日 (火)

懐かしのビルボード・ランキング 1988年 

今回は1988年のTOP10です。

この年、活躍をしたのはGeorge MichaelRick Astley

そして、Richard Marxでしょう。

George Michaelのアルバム『Faith』も年間1位になっています

Rick Astleyは、年間シングル50に『Never gonna give you up

Together Forever』(44位)にランクインし、日本でも

ディスコで定番ソングでした。

そして、Richard Marxは、アルバム8位、TOP50には

Hold On To The Night』(24位)、『Endless Summer Nights』(31位)、

Shouldve Known Better』(47位)にランクインし注目されました。


1.Faith / George Michael



2.Need You Tonight / Inxs



3.Got My Mind Set On You/ George Harrison



4.Never Gonna Give You Up / Rick Astley


5.Sweet Child OMine/ Guns N’ Roses  

6.So Emotional /Whitney Houston  

7.Heaven Is A Place On Earth / Belinda Carlisle 

8.Couldve Been /Tiffany  

9.Hands To Heaven /Breathe  

10.Roll With It / Steve Winwood  

 

 

*お知らせ

『懐かしのビルボードランキング』シリーズも

あと数回で終わりです。

音楽記事は、重くなるので貼付けを減らします。

その為、動画は、ベスト3のみとさせて頂きます。

過去記事に関しても、順番に削除して行きます。

ご了承ください。

 

 

 

2017年7月19日 (水)

つぶやき 19

ステーキ、ハンバーグのお店『Sizzler』ってご存知ですか?

姪っ子、甥っ子が、幼い頃、近くにあったので、よく行きました。

食後、会計の時に、キャンディーをくれます。

そのキャンディーが、美味しくてハマった時期があります。

ミントのキャンディーなのですが、口の中に入れると

溶けるんです。まるで砂糖菓子のように。

欧米では、食後にミントキャンディーを食べる習慣が

あるそうです。

焼き肉屋の会計で、ガムくれる感覚かな…()

口の中が、サッパリするんですよね。

久しぶりに食べたくなりました。

早速、近くの成城石井に行きました。

あった、あった。これ、これ。

Photo

           シンプキンアフターディナーミント


 

シズラーで、もらっていたのは、もう少しミント感が

抑えられていましたが、懐かしい味です。

今は、違うんですってね。

店舗によってなのかな?

知り合いから、今は、しっかりしたキャンディーだよと

聞きました。

しかも、美味しくないらしい。

 

 

最近の私は、落着いてゆったりと過ごしています。

ちょっと龍神ブームに乗りましたが、すぐに冷めました。

ブログの友達から、良いことを教えて頂きました。

鈴の話題だったのですが…

鈴ってベイマックスの顔の切れ込み(ベイマックスの顔は、

鈴の切れ込みからきているんだって)があるでしょう。

私が、神社で買ったお守りの鈴には、切れ込みがないと

話したところ、それは『水琴鈴(すいきんれい)』というん

だよと。

さっそく、調べてみたφ(・ェ・o)メモメモ

 

水琴鈴(すいきんれい)とは

水琴窟の音を鈴で再現したもので、幸運を呼ぶお守り。

水琴窟は、庭園等にあるししおどしのような手法で、空洞に水を垂らし、

その音色を楽しんだとされています。

その音色は、普通の鈴より優しい音でどこか神秘的です。

その場を清めてくれます。幸運や金運、良い運勢を引き寄せ

やすい体に変化させてくれる効果があります。

 

 

私も、そんな事とは知らず、3年もお守りとして

購入していました。嫌なことがあると鈴の音を聞いていました。

形も勾玉なので癒やされます。

来年のお正月には、姪にも買ってあげよう~と。

 

https://youtu.be/LN1getdq-hc 

 

(音を聞いてみたい方は、上のURLをクリックしてください。)

 

何だか、最近、日本の神様に呼ばれている感じが…

古事記とか読んだ方が良いのか?

でも、なんだか取っ付きにくい。

日本の神様は、ユニークな人生を送っているとの印象が

あります。名前も複雑で長いし、それに数も多いですよね。

まあ、一時的なマイブームかもしれません。

江原さんの『守護霊』と小野寺S一貴さんの『妻に龍が

付きまして…』を読んだ後だし…(^^

この2冊を1週間で読みました。

この1ヶ月で5冊の本を読みました。

どうしちゃったのか?

お蔭でゆっくりできました。

 

今週末は、商店街の夏祭りがあります。

徒歩1分。行かなくても音は、バンバン入って来ますが、

ちょっと覗きに行ってみましょうかね。

関東地方、梅雨明けしました。

水分、塩分、睡眠をしっかり取って、

健康管理に気を付けてお過ごしください。

 

 



2017年7月11日 (火)

MUSIC LIFE 5 Ali Thomson

Ali_thomson

爽やかなアリ・トムソンをご紹介しましょう。

1980年デビュー。

スコットランド出身のシンガーソングライターです。

1970年代に兄であるスーパートランプのベーシスト 

ダグ・トムソンとロサンゼルスに移り住んでいます。

曲調は、やはりスーパートランプに似ていますね

 

1980年に『Take A Little Rhythm

1981年に『Deception Is An Art

デビュー曲の『Take a Little Rhythm』が、ヒットした以外

目立ったヒットはありません。

2枚のアルバムをリリースし姿を消してしまいました。

その後は、曲作りに専念し活動しているようです。


Take A Little Rhythm



Fool’s Society



Live Every Minute



Foolish Child


« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »