無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

関節リウマチ 3

いつも御訪問ありがとうございます。

リウマチに関しての記事に毎月200近い訪問があります。

その後に関して、書きたいと思います。

 

お陰様でリウマチは、治りつつあります。

2011年に発症し、2017年には、メトレートが

1錠減り、2018年には、また1錠減り、現在は、2錠です。

滑膜炎は、正常範囲内になりましたが、リウマチ因子が

まだ、残っています(32/15U/ml以下)。

しかし、痛みはありません。

 

一番気になっていた吐き気ですが、これもネット検索をして

ミントキャンディー、梅生姜湯、ジンジャエールが、

吐き気止めになることを知り試したところ、

かなり抑えられました。

 

しかし、無理をすれば痛みが出ます。

冷やさないように、力仕事は出来る人に頼むなどして、

メルスモン(プラセンタ)の注射も続けています。

 

ブログの訪問者で、タバコに関して知りたいと思っている方

もいるかと思います。

私は、喫煙者です。1日に7~8本(1㎎)程度ですが、

特に悪影響は感じていません。

もしかしたら、吐き気は、タバコかなと減らしたことも

ありますが、違ったようです。

 

ゆったりとした気持ちで、四角四面な考えを止めたことも

改善に向かっている要因なのかもしれませんね。

まだまだ、寒さが続きます。

暖かくしてお過ごしください。

 

当ブログの記事は、下記をご覧ください。

 

関節リウマチ

https://cocoelza.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-167d.html 

 

関節リウマチ2

https://cocoelza.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-a615.html 

 

2018年1月23日 (火)

MUSIC LIFE 9 America

America_2

今回は、アメリカをご紹介します。

ジェリー・ベックリー、デューイ・バネル、ダン・ピークの

3人によりロンドンで結成され、1971にデビュー。

3人とも父親はロンドンに駐留するアメリカの軍人であり、

アメリカンスクールでの仲間だった。

1972年に発売したシングル『名前のない馬』が、全米1位の

大ヒットし、グラミー賞の最優秀新人賞を受賞。

それと同時にロサンゼルスに活動拠点を移す。

『名前のない馬(A Horse with No Name)』は、

マイケル。ジャクソンによって『A Place with No Name

としてカバーされている。


A Horse with No Name



Ventura Highway



Sister Golden Hair



You Can Do Magic


私の好きなアルバム『Your Move』(渚のボーダー)1983

をご紹介します。

 


https://youtu.be/IMG1CNpxzic

曲名は、動画下にあります。参考にしてください。

2曲目がカットされているようですので、3曲目の0717まで飛ばしてください。8曲目も飛ばし9曲目3019まで飛ばしてください。

 

この前の年1982年にリリースされた『View From The Ground

(風のマジック)も好きですね。

https://youtu.be/LNc8OTGYzTU

たぶん、D・フォスター、TOTOM・マクドナルドが

絡んでいたかと…?


2018年1月13日 (土)

幸せになる100か条

今回は、『幸せになる100か条』江原啓之著を紹介します。



100

江原さんが書いた本、というだけで敬遠する方もいるでしょう。

それは、宗教臭い、ウサンクサイと思うからでしょうか?

では、著者が、斉藤一人さんだったら、どうですか?

経済界で成功した方が、著者だったら、食い付くでしょう?

斉藤一人さんも、江原さんと同じようなことを書籍に

しています。

江原さんの書籍は、哲学書だと私は思っています。

心理学書、自己啓発本でもあります。

 

スピリチュアルというと、他力本願のように考える方も

いらっしゃるかと思いますが、江原さんの思考は、違います。

アドラーのような理論を持って、自分で考え、自律して

生きて行くヒントになります。そして、幸せは、自分で

作るものだと教えてくれます。

 

聞く耳を持っていない人には、理解は難しいと思います。

なぜなら、初めから否定で入るから。

読んでから、否定をするのは自由だと思います。

自分とは、考えが違うな~、でも、言えてるかな~

個人差は、あると思います。

 

中は、1ページに1つの言葉に対して説明がされています。

読みやすいです。

すぐに理解できない方もいらっしゃると思います。

気にしないでください。ちょっと頭の隅に置いといてください。

ハッと思い出し、理解できる時が来ます。

成長に合せて、理解できるものだと思います。

 

1つ抜粋して書いてみます。

18 柔軟性を備える

 「清濁泡を飲む」という言葉があります。それができる人かどうかで、たましいの成熟度がはかれます。では、たましいの成熟度とは何か。それは、大我の度合いです。「嘘は嫌だから真実を語りたい」と言う人がいますが、それは言い訳。自分自身で抱えていたくないだけなのです。

「嘘も方便」という言葉があります。なぜ「方便」があるのでしょう。

それは、嘘をつくのが大我の視点によるものであれば「嘘も方便」になるから。その真実は「言わなくてもいいこと」なのです。

なぜなら、神の摂理によって、真実はいつかその人にとって一番よい形でわかるようになっているからです。たましいの未熟な人は、「自分は悪い人になりたくない」と考えます。言わぬが花。愛のためなら「自分が罪を背負ってもいい」というくらいの覚悟も必要なのです。

 

 

内容紹介

「報われない」「将来が不安だ」「生活が苦しい」「あの人がうらやましい」……。

私たちの悩みや不安、不満は尽きることがなく、多くの人が幸せになれないことを嘆きます。しかし、闇雲に嘆くだけでは幸せになることはできません。なぜなら、幸せになるためには、守るべき「約束」があるからです。その「約束」を100か条にまとめたのが本書。100か条を実践すれば、必ず幸せになることができます。本書には、スピリチュアリスト30周年を迎えた江原啓之が、これまで多くの人の悩みや苦しみと向き合ってきたからこそ確信する「幸せ」の真実が詰まっています「幸せへのパスポート」であるこの1冊があれば、誰もが幸福の扉を開くことができるのです。

 

目次 

真実に目覚める
言霊を大切にする
運命を自分の力で切り拓く
守護霊に可愛がられる生き方をする
幸せの種をまく
無駄な経験はないととらえる
人生は旅と知り、自分の幸せの定義を考える
自分という素材を知る
幸せの数を数えて生きる
微笑みを忘れない〔ほか〕

 

 

余談になりますが、先日、江原さんが、朝のワイドショーに

出演し『嫁姑問題』のお話をしていました。

『ウチの嫁は、出来が悪い!』と言う姑さんに…

『嫁の悪口を言うのは、ウチの息子は、馬鹿ですと言って

いるようなもの』と。

そのお嫁さんを連れて来たのは、息子さん。本来、息子が

しっかりしていれば、問題は起らない。その制御ができない

息子さんは、あなたが(姑)育てたのですよ。巡り巡って

戻って来るのですよね。人生は、面白いですね~と。

思わず、なるほど~と思ってしまいました。

 

新年から、また長文で申し訳ありません。m(__)m

皆様にとって、良い1年になることを願っています。

 

2018年1月 3日 (水)

謹賀新年 2018

Hinode_2017_2

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

新年、如何お過ごしですか?

我家は、お蔭さまで、皆元気に一緒に新年を迎えられました。

有難いことです。

 

今年も姪が、夜勤に当り、元日、初詣に行く神社の

最寄駅で待ち合わせをして、お参りに行きました。

最寄駅から徒歩10分ほど歩くのですが、道が整備されて

いなくて、狭く、車も通るので、縦一列になって歩くしか

ありません。車で行くにしても駐車場がないのですよ。

区の鎮守様なのにね。

今年も父がバタバタして出掛けました。

何とかならないのでしょうかね?

 

おみくじは、大吉でした。

お言葉も落ち着いた年になるとの内容でした。

そうなるよう努力をしないとね。

 

さて、恒例の江原さんのお言葉は、『暴発、爆発の年』

また、災害が増えるのでしょうかね?

自然災害だけでなく、政治経済、世界情勢も暴れる

らしいです。

逆の意味もありますね。

何かが、爆発的にヒットするとか…

しかし、人間は怠惰ですから、私達は、地に足を付けて

生きて行くこと。

備えと心構えができていれば、恐れることはないそうです。

最後にこの世を動かすのは【心】

『飲んでも飲まれるな』の精神で、平常心を持ち生き抜き

ましょう。とのことです。

皆さんが心穏やかに過ごす努力が必要なのかな。

 

今年も皆様にとって良い年でありますよう祈っています。

今年もエルザのブログ宜しくお願い致します。

 

 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »