無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月23日 (金)

つぶやき 26

Photo

この冬は、寒いですね。

こう寒いと体調管理も大変です。

お蔭で、今年は、この寒さでもメンタルが安定しています。

何でだろう?少し、鍛えられたかな?

しかし、体調の方は、自律神経が乱れやすく、メルスモン注射と

暖かくして過ごすよう心掛けています。

 

最近、何となく良い方向に進んでいる気がします。

フッと心が晴れて青空が見え、太陽のぬくもりを

感じているような感覚に包まれます。

 

良い知らせが、入って来た時は、自分が良い方向(幸せ)に

進んでいる時だと言いますよね。

突然の姪の結婚話は、嬉しかったです。

大学時代からお付合いしている彼氏がいたことは

知っていましたし、いつも話題になっていました。

しかし、結婚は、もう少し先なのかなと思っていました。

彼氏の仕事が落着いたとのことで、このタイミングで。

今時の若者にしては、しっかりした方なので安心しています。

 

ココ友さんの出産も嬉しかったですね。

出産までに、色々と苦労もあったようですが、母子共に

元気に過ごしていることは、嬉しいことです。

前回の記事『アメリカインディアンの教え』は、彼女への

プレゼントです。

これから、たくさんの疑問を抱えることでしょう。

子育てに正解もマニュアルもありませんが、

基本は、あると思います。

彼女自身が、とても素敵な女性です。

きっと、愛情いっぱいの子育てをするでしょう。

母は、太陽でいなさい。

そんな、言葉を彼女にプレゼントしました。

 

家族、友人には、幸せになってもらいたいです。

穏やかに、ぬくもりに包まれて欲しい。

いつも、わたしが願っていることです。

縁あって知り合った方です。たとえ離れたとしても

幸せを祈りたいです。そんな、太陽のような人間に

私は、なりたいです。

 

しかし、難しいですね。

私は、すぐに白黒決めたがる所がありますから。

普段は、穏やかなのですが、突然、大噴火することがあります。

しかし、すぐに鎮火します。

そして、反省し、後始末に追われます。

これは、直さないといけないですね。

いつも、友から指摘されていましたから。

最近、それを抑える方法を知りました。

名付けて【フェイント法】

噴火しそうになったら、ちょっと待てとストップをかける。

そして、1週間しても、その気持ちが抑えられなければ

ドッカーンと噴火すれば良いとのこと。大体は、1週間の間に

怒りは収まるものだそうです。

ん…。これは、難しい…

そもそも、私が爆発する時は、余程のことですからね。

しかし、試してみます。【フェイント法】(゚∀゚ )タラー

 

この寒さも今月いっぱいだとか。

もう少しの辛抱ですね。

今年の冬は長かった~。それだけ、春が待ち遠しいです。

 

2018年2月17日 (土)

スタンダード・ジャズ 17

ちょっと、ご無沙汰してしまいました。

今年、最初のジャズ・コーナーです。

相変わらずの寒さで、メンタルは大丈夫なのですが、

自律神経が乱れてしまって、目はグルグル回るし、

耳は痛くなるしで、音楽記事を書く気になれませんでした。

やっと落ち着いできたので、書きま~す。

 

ロンサム・ロード(ジュリー・ロンドン) 

https://youtu.be/5AwdDAy_IZo 

 

ラヴ・フォー・セイル(ジュリー・ロンドン) 

https://youtu.be/46GS3BtwbdQ 

 

慕情(レターメン) 

https://youtu.be/ibftfzym5JI 

 

わが恋はここに(ジュリー・ロンドン) 

https://youtu.be/EldN9cPoZuY 

 

ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー(エラ・エメ・モーズ) 

https://youtu.be/8ARohkFrNBY 

 

ラヴ・ウォークト・イン(アビー・リンカーン)

https://youtu.be/9NdOhICALMQ 

 

 

動画を貼ろうか?URLだけにしようか?迷いました。

今回は、試しにURLを貼ってみます。

もし、宜しければ、どちらが見やすいかコメント頂ければ

幸いです。

ご存知だとは思いますが、動画を表示させる際、URLを右クリック

すると、【新しい画面で開く】と出るので、それをクリックして

頂けると良いかと思います。

最近、少しだけ春を感じる日はありますが、まだまだ寒さが

続きます。暖かくしてお過ごしくださいね。

 

2018年2月 9日 (金)

アメリカインディアンの教え(子供を伸ばす魔法の11カ条)

今回、ご紹介の本は、アメリカインディアンの考え方を

取り入れた、子育ての本です。子育て以外に人間関係に

悩んでいる方にもおすすめです。

 

『アメリカインディアンの教え』加藤諦三著

Photo_2  Photo_3


批判ばかり受けて育った子は非難ばかりします。

敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦います。

ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります。

ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持ちになります。

心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなります。

はげましを受けて育った子は自信を持ちます。

ほめられる中で育った子はいつも感謝することを知ります。

公明正大な中で育った子は正義感を持ちます。

思いやりのある中で育った子は信仰心を持ちます。

他人に認めて貰える中で育った子は自分を大事にします。

仲間の愛の中で育った子は世界に愛をみつけます。

 

もう、30年近く前に、何気なく買って読んだ本です。

私の学びの原点とも言える本です。

この本を読んで、心理学書、スピリチュアルへと

自分探しの探求の道を歩み始めました。

 

当時の私は、加藤先生の本にハマってしまって、色々と

読みましたが、あまりにも感化された為、当時の主治医から

ドクターストップがかかりました。(^^

色々な本を読みなさいと注意されました。

無垢な脳に単一な考えを入れるのは、危険ですよね。

色々な考え方を知り、自分に合ったものを取り入れる。

そして、出来上がったのが『自分』なのでしょうね。

 

今、出版されている表紙は、右の本のようです。

改訂版や最新版など色々と出版されている様なので、

興味のある方は、検索してください。

 

この言葉は、子育ての基本だと思うのですが…

今の若い親世代が、どう解釈するのかと思うと、怖さもあります。

『叱る』と『怒る』の違いが理解できない親には、

この書の言葉の理解は、難しいかと思います。

ちなみに、『叱る』とは、理論的に諭すこと。

『怒る』とは、感情的になって怒鳴ること。

怒鳴って物を話すのは、利口とは思えません。

そこには、自分の未熟さ、弱さや怯えが投影されている気がします。

何かを教えるのに、感情は必要ないと思うのですがね。

子育ての役にも立つでしょうが、人間関係にも

役立つと思うのです。

上司が、部下に接するとか、他人と関わる基本のような

気もします。

 

私は、この本を読み、自分は親からどう扱われたかを

振り返りました。

自分の長所と短所を知るきっかけになりました。

自分改造のヒントにもしました。

子供達と関わる仕事の役にも立ちました。

子供は、扱われ方ひとつで変わります。

賢い親に育てられた子は、賢くなります。

最近の日本人のモラルの低下を考えると、賢い大人が

減ったのも影響があるのかなと思います。

 

著者紹介

1938年、東京に生まれる。東京大学教養学部教養学科を経て、同大学院社会学研究科修士課程を修了。1973年以来、度々、ハーヴァード大学准研究員をつとめる。現在、早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所准研究員

 

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

さまざまな人間関係のなかで、親子関係は特に大切であり、すべての人間関係のスタートになるものです。親にじゅうぶん愛されて育った人は、他人の心がわかり、親から愛されなかった人は、愛に飢え、他人から愛を求めるばかりです。幼年時代の楽しさは生涯の財産となりますが、逆に幼年時代の悲しみは生涯の負債です。本書の11の教えは、その一つ一つが深く心にしみいるものです。すべての人間関係の原点をわかりやすく説いた、心の時代のベストセラー。

内容(「MARC」データベースより)

「子どもたちはこうして生きかたを学びます」という11か条の教えが、子どもと接する喜びと勇気をあなたに与えてくれます。90年刊の改訂版。
--
このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。




2018年2月 3日 (土)

つぶやき 25

この冬は、本当に寒いですね。

記録的な寒さだとか…

寒いのが、苦手なので、なるべく暖かくして家で

過ごすようにしていますが、どうしても外出しなければ

いけない日もあります。

 

風邪をひかないよう気を付けています。

リウマチ持ちなので、免疫力が弱いです。

整形外科の先生に、毎年インフルエンザの予防接種を

するように言われますが、したことがありません。

 

免疫力を強化する為に、ヨーグルトは欠かせません。

朝食に無糖を食べ、寝る前に飲むヨーグルトを100cc飲みます。

たまにお昼にフルーツの入ったヨーグルトを食べます。

それと、やはりメルスモン(プラセンタ)注射ですね。

この注射をするようになって、風邪をひいたことがありません。

メルスモンは、免疫力強化にもなりますし、リウマチや

アレルギーにも効きます。病院の看護師さんが、

毎日、10才の男の子が、てんかんに良いからと

注射に来るよと話してくれました。

元々は、更年期障害の治療で始めたのですが、リウマチ、

不安障害そしてお肌にも良いとおまけが着いて来ました。

良いものと出会ったなと思っています。

看護師さんともお友達状態で、色々とお話もします。

ストレス解消にもなるし、情報を頂くこともあります。

 

ヨーグルトなのですが…

幼い頃、ヨーグルトで死にかけたと母が話してくれました。

幼児の頃(2歳ぐらい)のおやつは、ヨーグルトだったそうです。

私を椅子に座らせ、母が食べさせていたそうですが、

次から次に私が催促して口を開けるので、母は、何も考えず

口に入れたそうです。すると、段々、私の顔色が

変って来たそうで、唇が、紫色になって来たのを見て

母は、これは、いけないと思い、私の背中を叩いたそうです。

そうです。飲み込めずに窒息状態だったのです。

なんとか、飲みこませたそうですが、母は、いまだに

その恐怖は、忘れられないと言います。

ヨーグルトだからと、侮るなかれですね。

 

野菜も高くて買えませんね。

私は、食が細いので、野菜や果物は、ジュースで摂取する

ようにしています。1日分の野菜ジュースって売ってるじゃ

ないですか。あれを冬は温めてスープ代わりに飲みます。

その他、野菜の入ったスープ、特にミネストローネは、

お昼によく頂きます。今は、インスタントでも、野菜を

使ったスープが出回っています。そういったスープを

日替わりで頂くようにしています。

そんな私を父は、横着だと言います。

しかし、食の細い私が、栄養を取るには、それが最善だと

思うのですがね。それだけの栄養を摂取しようと食べたら

相当な量ですからね。

 

今日は、節分です。

今でも、家で豆まきをするお宅はあるのでしょうか?

日本の風習って、面白いなと思います。

季節ごとに催しがあり、それは、節目として

気持ちを切り替える役目もしています。

日本人は、気持ちの切り替えが上手い民族だと思いますが、

どれ位の人が、それを使いこなしているのでしょうかね?

 

春は、そこまで来ています。

今年の春は、特に待ち遠しいですね。

まだまだ、寒さが続きます。

お身体に気を付けてお過ごしくださいね。

 

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »