無料ブログはココログ

« MUSIC LIFE 10 Anita Baker | トップページ | 老親との付き合い方、どうしたらいいの? »

2018年3月14日 (水)

愛の電池切れていませんか?

Photo

最近、嫌なニュースを耳にすることが多いですね。

親が幼い我が子を殺すとか、子が親を殺すとか、

誰でも良いから殺したかったとか…

やることが幼い気がします。

みんな、愛の電池が切れてしまっているのでしょうね。

 

人間の基本となる性格や物の考え方は、家族の愛も関係が

あると思います。

人との関わりを初めて持つのが、家族だからです。

その土台を元に人は成長していきます。

その後、友達ができ、恋人ができ、愛を学んで行きます。

 

その家族間に問題のある方もいると思います。

現に私も複雑な家族環境の中で育ちました。

それでも、冷静に振り返ると、多少の親の愛情は受けて

来たと思っています。

 

人間が生きて行くには、愛と云うエネルギーが必要です。

愛が不足すると誤作動を起こします。

過食や拒食などの摂食障害、買い物依存症、アルコール依存、

ワーカホリック、ドラッグ中毒、恋愛なしでは生きられない

恋愛依存、虐待やDV

人は、愛が不足すると他の物で補おうとします。

これらの症状を持っている人は、愛を求めていながら

満たされないので、食べ物、買い物、恋愛、仕事、暴力などで

埋めようとしているのです。

しかし、埋められる訳もなくドンドン深みにハマって行くのです。

 

そして、思考もネガティブになります。

自分さえ良ければ良いと自己中心的考えになり、自分が

不幸なのは○○のせいだと責任転嫁、なんで自分は、

不幸なんだと自己憐憫、どうして誰も助けてくれないんだと

依存する。相手を自分の思う通りに従わせようとする。

そうすると、自分の思い通りにならない奴、邪魔なものは

消してしまえ。自分を馬鹿にした奴は、懲らしめてやる、

自分を裏切った奴は、許せないとばかりに

犯罪という行為に出てしまうのではないでしょうか?

 

愛の電池が切れていなかったら、愛の電池が切れていることに

気付けたら、自分の人生を台無しにすることもなかったと

思うのですが…

 

 

親に見守られて育った子は、安心感を持っています。

そして、家族と云う安心できる基地を持ちます。

どんな事があっても守ってくれる基地があることは、

心強いことだと思います。

 

じゃあ、愛って何?と思われた方もいるかと思います。

愛は、見返りを求めない、純粋に相手の為だけに与える

無償のものです。

この愛を受取っている人は、幸せだと思います。

もしかしたら、あなたが気付いてないだけで届けられて

いるかもしれませんよ。家族だけでなく、友達からかも。

感情的になっていると、気付かないものです。

私自身も冷静さを取り戻し、気付きました。

こんなにも愛されていたんだと…

亡くなった人は、家族や友人に無償の愛を届けていると

言いますよね。

 

あなたが、今迄の人生で出会った人を思い出してください。

深呼吸をして、幼い頃から振り返ってみてください。

幼稚園で一緒だった○○ちゃん、元彼(女)さん、親戚の

おじさん、おばさん、近所に居た○○さん、もう離れてしまった

昔のお友達…

誰か、心当たりの人は、出て来ましたか?

心がポッと温かくなりましたか?

涙が溢れて来た人もいるかもしれませんね。

 

愛を貰っていない人などいませんよ。

生まれたばかりの頃、誰がお世話をしてくれましたか?

誰が、オムツを取り替えてくれましたか?

誰が、ミルクを飲ませてくれましたか?

 

必ず、あなたを愛している人がいます。

近くには、いないかもしれない。

遠く離れた場所にいるかもしれない。

あなたが、忘れているだけで、相手は、あなたを覚えていて

愛を届けているかもしれない。

どうしているかな?元気にしているかな?と。

 

しかし、その基地がないからと嘆くことはないですよ。

無ければ作れば良いのです。

大人になった今、考える力はあるでしょう?

本当の幸せを手に入れている人は、努力をしています

どうしたら、幸せになれるのか模索しながら努力しています。

賢く生きることです。ポジティブに物事を捉えること。

感情的にならず、理性で考えること。想像力を働かせること。

そして、与えることから始めること。

良い種蒔きをしませんか?良い種蒔きをし、温かいぬくもりを

届けてみてください。きっと素敵な花を咲かせてくれますよ。

与えなさい。そうすれば、自分にも与えられます

見返りを求めては、いけませんよ。

ただ、与えるのみ。与えることの喜びを感じ取って欲しいです。

ある方が、書籍でこんなことを書いています。

 

小我の愛を本当の愛だと勘違いしている人が現代には多い。

我が身可愛さに「これだけ愛してあげたんだから、その分

自分を愛して欲しい。大事にして欲しい。」と打算的な

愛を求める傾向がある。これは小我の愛である。

本当の愛が欲しいのなら、切磋琢磨し成長して、

大我の愛を届けなさい。

相手のことを自分のことと同じように愛せる、懐の大きな

人間になりなさい

 

まさに、これがボランティア精神なのですよ。

アドラーが言う貢献感なのですよ。

他人に優しく接すると自分も気持ち良いですよね。

感謝する心を忘れないこと。

そして、常に内観し、今の自分はこれで良いのか

確認すること。時には、反省も必要でしょう。

自分の足元をしっかりみつめること。

自分の周りがぬくもりに包まれているのなら、

その輪は広がって、やがて世界平和に役立つのですよ。

私達は、みな繋がっていますから。

 

あなたは、最近、他人に優しく接していますか?

穏やかな気持ちで、毎日を過ごしていますか?

今日1日が無事に過ごせたことに感謝していますか?

あなたは、愛の電池が切れていませんか?

 

« MUSIC LIFE 10 Anita Baker | トップページ | 老親との付き合い方、どうしたらいいの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても感動的な内容でした。
 
夫も私もカトリックなのですが
求めなさい、そうすれば与えられる、
というのは聖書の教えにも登場します。

そして無償の愛。

本当に、多くの愛を受けこれまで生きてきたと感じます。

それを忘れず、これから自分も愛を与える人になりたいです。

ブログにコメントもありがとうございます。
いつも気づきをありがとうございます。
確かに
男のだから
女の子がから
というステロタイプに個人を当てはめてはいけませんね。
息子という一人の人格、一人の人間の個性に
しっかりと向き合っていきたいです。

ホシノさん

コメントありがとうございます。

無償の愛を届けるって難しいですけどね。
人間ですから、意地を張ることもあると思います。
それに気付いて、ごめんねって言えれば良いと思います。

子供は親を見れば、どんな子か大体わかります。
ガサツな子は、親もガサツですからね。
親が穏やかで賢ければ、子もまた穏やかで賢く育つものですよ。
男の子で大変なのは、母親が子離れできないこと。
これは、現代では社会問題だと言っても良い気がしますけど…
健やかに育って欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の電池切れていませんか?:

« MUSIC LIFE 10 Anita Baker | トップページ | 老親との付き合い方、どうしたらいいの? »