無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月24日 (火)

MUSIC LIFE 11 Andrew Gold

Andrew_gold

今回は、アンドリュー・ゴールドです。

1951年にアメリカ・カリフォルニア州に生まれる。

レコード会社でエンジニアとして技術を学び、スタジオミュージシャン

としてリンダ・ロンシュタッド、ジェームス・テイラー、カーラ・ボノフ

等のアルバムに参加していた。

ウエストコーストサウンドですね。

矢沢永吉さんが、音楽的に影響を受けたそうで、1984年から1994年まで

矢沢永吉さんのアルバムのプロデュースをしています。

プレーヤーとしても参加していますね。個人的には、共通点は

感じませんが…^_^;

彼は、10ccのグラハム・グールドマンとWAXとしてアルバムを

発表しています。

1967年から本格的に活動を始め、20116月に亡くなっています。

 

*動画再生時にマウスを右クリックして【新しいタブで開く】

 または、【新しい画面で開く】を選択すると楽に観られます。

 

https://youtu.be/boAv-Bu4MrI 

Lonely Boy 1977

 

https://youtu.be/VeBJKoDkJcI 

Never Let Her Slip Away 1978

 

https://youtu.be/voNEgCKzves 

Thank You For Being A Friend 1978

 

https://youtu.be/jLaeeCPVBd4 

Genevieve

 

https://youtu.be/PCI6T7kSx3I 

Firefly

 

https://youtu.be/R_pHzY7wOFk 

That’s Why I Love You

 

 

2018年4月23日 (月)

つぶやき 27

私は、社会的なニュースを取上げて記事を書くことは

しませんが、今回は、ちょっと書かせて頂きます。

 

今、物議をかもしている『女人禁制問題』

かなり時期は過ぎてしまいましたが・・・

事の始まりは、みなさんもご存知の通り、土俵上で

表彰の為に上がった市長さんが、倒れた際に救助に

女性が上がり『土俵から女性は降りてください』との

アナウンスがあったことです。

 

この件に関しては、人命救助の為に女性は土俵に上がったのです。

それを『降りろ』とは、言語道断。

それに関して、相撲協会は謝罪をしています。

人命救助ですからね。男も女も関係ないですよ。

 

それに乗っかるかのように、どこかの女性市長が差別だと

吠えていることには、違和感をおぼえます。

 

男女平等と唄うのは、どうかと思うのです。

相撲は昔から男の世界でした。

その男の世界を取上げるような事をすべきじゃないと思うのです。

どうして、女ってヤッキになるんでしょうかね?

なんでもかんでも、差別って・・・

男の世界もあって良いじゃないですか!

どうして、それを尊重しないんだろう?

 

そうやって、男の世界を女が取り上げるから

男性は、へたれてしまうんですよ。

男の世界で男は磨かれるんです。

女は、それを見て『頑張って来い!』と送出せば良いんです。

女は、女子会、井戸端会議でペチャクチャ喋っていれば良いんです。

所詮、男と女は、違うんですから。

本当に能力のある女性は、社会進出をすれば良いんです。

 

最近のへたれ男性を作っているのは、女性ですよ。

肝っ玉母ちゃんになって、男性を持ち上げないから。

権利を主張するなら、それに見合った行動をしなさい。

同じ女として、恥ずかしいわ。

私は、古いのかな?

 

 

 

2018年4月18日 (水)

あなたは、ひとりじゃないよ

Photo

最近読んだ本で、心癒される言葉と心が引き締まる言葉に

出逢いました。

本の中には、トルストイ原作の『くつやのマルチン』について

書かれていました。

 

マルチンは、孤独な生活をしていました。

そんなある日、聖書の修理の依頼を受けます。その聖書を

読んでいると、神様が「明日、あなたのところに行きます」と

言ったそうだ。翌日、マルチンが神様を迎える支度をして

いると、家の前に雪の掃除人がいてお茶をご馳走したり、

赤ちゃんを抱えて寒そうにしているご婦人に肩掛けを渡し、

目の前に現れた人達に優しく接しました。その日、神様は

来ませんでした。マルチンは、自分は世界で一番憐れだと

思っていたが、もっと可哀想な人はいるのだと気付きました。

また、聖書を修理していると神様が「今日、あなたが出会った

人々は、すべて私ですよ。」と語るのです。

マルチンは、すべてのものを神だと思い扱えば、心豊かに

あたたかく暮らせることに気付きました。

思い込みで閉じこもってしまうと、見えなくなってしまうものが

たくさんあります。なによりも怖いのは、存在を忘れられて

しまうこと。すべての人やものを大切に扱うことは、自分をも

大切にすることにつながる。これは、日本にも古くから伝わる

八百万の神の考えにも通じる。愛ある所に神もある。

 

愛を届けても受け手が、心を閉ざしていたり、スネていたり、

意地を張っていたり、悪意に受取っていては、愛は受け取れない

と思うのですよね。常に素直な心を持っていなければ…

心を閉ざしてしまっては、届けられません。

人は大勢の中に居ても孤独を感じるものだし、独りで居ても

孤独を感じない人もいます。その時の心の状態次第で

どうにでも感じられるものです。

 

もし、自分は孤独だと寂しさに震えているのなら

勇気を持って心を開いてみてください。

過去に他人に傷つけられた恐怖を拭い取れなくて、誰も信用

できなくなっている人もいるかもしれません。

その傷は、あなたの勲章なのですよ。そこからたくさんの気付き

を貰ったでしょう?

心を閉ざしていると幸せに気付けませんよ。

過去の出来事に振り回されないでください。もう、終わった

ことです。手放して前に進みましょう。

他人のぬくもりが欲しいのなら、あなたから与えてみませんか。

マルチンのように・・・

 

それと、言葉はだいじです。

言葉は、誰かを励ましたり勇気づける時に使うものですが、

使いようでは、断ち切ってしまう『言葉の刃(ことばのやいば)』

になってしまいます。乱暴な捨て台詞は、《言刃(ことば)》に

なってしまいます。

その捨て台詞は、「わかってほしい。」「自分を大切にしてほしい」

との気持ちが隠れているのでしょう。

《言刃》を使ってしまうと、元には戻りません。

 

感情的になって使った言葉に気付いたら、すぐに謝ること。

私には、この言刃を使って友人を傷つけてしまった過去が

あります。すぐに謝罪したものの受け入れては貰えませんでした。

今でも思い出すと心が痛みます。

「わかって欲しい」「自分を大事にして欲しい」は甘えです。

 

言葉は、口で伝えるものと文章にして伝えるものがあります。

そのどちらも気を付けなければなりません。

どちらも感情的になってしまうと言刃になります。

私は、特に文章で伝える時に気を付けています。

文章は、心の声も活字にしてしまいやすいし、読み手の

解釈に誤解が生じやすいです。

ブログ記事も何度も読み直し、書き直しています。

SNSでの炎上は、この言刃が問題なのだと思います。

他人の目に触れるものです。

不愉快になる文字の羅列は避けるべきだと思います。

 

孤独を感じたり、言刃を使ってしまう時は、疲れているのかも

しれませんね。ゆっくりと自分の時間を過ごすのも良いかも。

最近の若者は、温泉でのんびりが好きらしいです。

昔なら高齢者の楽しみでしたが、それだけ世の中の流れが早く、

着いて行くのに疲れているのかもしれませんね。

時には立止って、自分との会話をしてみましょう。

自分に余裕がなくなると混乱のもとです。

そうなる前に自分のメンテナンスもしましょう。

 

自分に余裕が持てると、見える世界が変ります。

私は、いつも街を歩く時に、すれ違う人達の顔や街の姿を見ます。

色々な人が居ますよ。

ぶっちょ面して歩いている人、下を向いてボーっと歩いている人、

スマホで電話しながら頭を下げている人(仕事の謝罪だろうな。)、

笑っている人、独り言で文句を言っている人…

そして、街で働く人たち。

みんな自分のやるべきことをやっているんだなと思います。

自分もその中のひとりです。

地元の駅周辺では、知合いにバッタリ会って挨拶したり、

ちょっと立ち話をしたり、保育所の子供達のお散歩タイムと

重なると、すれ違う時に挨拶をして手を振ります。

子供も色々な子がいます。

元気よく挨拶を返してくれる子、手を振り返してくれる子、

ブスーッとした子…

ちょっとした街の人達との交流をしています。

 

そして、たまに昔の友人たちを思い出し、どうしているかなと

思いをはせます。孤独を感じやすい世代に一緒に歩んだ友です。

みんなが、いてくれたから助かった。

そう思えたのは、何十年も経ってからでした。

自分は、ひとりぼっちだと思っていた時期もありました。

でも、心を開き、自分と会話をしている内に気付きました。

たくさんの人達の愛に支えられて、ここまで来たことを。

それに気付けたことに喜びを感じています。

みんな、誰かとつながっています。

 

あなたは、ひとりじゃないよ(^^)v

 

2018年4月11日 (水)

イライラの原因は、ねばならない思考かも…

最近、父との会話でイラつき爆発しそうになるんですね。

何で、こんなにイライラするのかなと考えてみました。

ん…もしかして、また『ねばならない…』が出ているかも…

イライラの原因は、これでしょうね。

自分の信念を出来事に当てはめて「~すべきじゃない」と

相手のやったことにイライラしているだと思います。

そこを「~にこしたことはない」と軽く考えると

楽になるのだと思います。

この気づきで、落着きました。

 

このブログの初期(201464日)の記事で、

https://cocoelza.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-ec89.html 

『ねばならない思考』に関して、書かせて頂きましたが、

再度、書きたいと思います。

4年前の記事にて、ウエイン・W・ダイアーの書籍から

引用して説明させて頂きました。

 

「なすべきこと」を自分の人生に組み入れる傾向、それは自縛

行為「ねばならぬ(must)症候群」である。

あなたの人生の大部分は「なすべきこと」によって決められて

いないか。

「なすべきこと」はおそらく自分で決めたことではない。

「なすべきこと」は緊張感を生まずにはいられない。

この緊張感は「…すべき」という重荷から生まれるものなので

ある。

他人の基準に合わせようとするのではなく、自分が満足するよう

にする。

他人の行為が自分をわずらわせるのではなく、それに対する自分

自身の反応が問題なのだ。

 

この思考(論理療法)の発案者は、アルバート・エリスです。

彼は、アドラー心理学の影響を受けていますが、

フロイトの時間のかかる手法に挑み、短期治療法を考案

しています。それが論理療法です。

難しい話になりますが、理論としては、心理的な問題や

生理的な反応は、出来事そのものではなく出来事の

受取り方によって生み出されるものであり、非合理的な

受取り方から合理的な受取り方に変えれば、そうした反応は、

弱くなるという理論だそうです。

 

確かに、アドラーに通じる思考だと思います。

個人心理学ですよね。アドラー心理学の特徴と同じく、

目的論に通じる所があると思います。

考え方次第で、良くも悪くもできる。自分が満足するように

との考えは、下手をすると相手に対して無関心になることの

ように捉えがちですが、そうではなく相手を尊重するという

ことですね。

 

よく、相手の嫌いは、自分の嫌いだと言いますよね。

これは、相手の嫌だと思う部分は、実は自分の中にも

あって、反面教師のように映し出しているのだと。

これも『ねばならない思考』が、関わっているらしいのです。

例えば、「私は、彼女の押し付けがましい所が嫌い」だとします。

そこには、「他人に自分の考えを押付けるべきではない。」

との心理が隠れているということだそうです。

相手の嫌いな部分を書出し、それに反対の意味を見つけ出すと

自分の裏が見えて来ることがあります。

 

〈自己発見〉の心理学/国分康孝(著)に書かれているのですが、

『なおそうとするな、わかろうとしろ。』

こちらが、なおそうとするから、相手は、なおされまいと

抵抗するのである。いっそのこと、なおすことを断念して

相手が、どんな気持ちなのかわかろうとする姿勢で接する。

相手をわかるとは、身体状態(病気、空腹、疲労など)、

思考(認識歪曲、知識不足、価値観偏向など)、

感情(不快、幸福、臆病など)、行動(回避、積極、

自己顕示など)、4つの領域の情報を集める。

そのうえ、日常の振る舞いを観察する。ありきたりの会話で

終始せず、時には会話の核心に触れる会話をすることだそう

だ。

 

これ、大事だと思いませんか?

相手の言葉にイラっとした時の相手の心理状態なんて

とっさには考えられないかもしれません。

しかし、冷静になって考えると、もしかして相手は疲れていた

のかも、相手は物を知らないのかも、私が言ったことが図星

だったからムカついて言い返したのかも、などと考えると

流せることもあるかも。

イライラの原因は、自分の思うようにならないことが多いと

思います。そこには、相手をコントロールしようとの意識が

働いているかもしれません。

相手を尊重する。相手には、相手の考えがある。

自分には、自分の考えがある。相手を理解することで

自分の気持ちを落ち着かせることは出来ると思うのですが…

アドラーの理論、あらゆる対人関係は、『縦』ではなく『横』

の関係にある。

私は、この理論を忘れてはいけないのですね。

 

まあ、イラつく相手は、自分と似ている(自分の表写しか裏写し)

と云うことでしょうかね。(゚∀゚ )タラー

受取り方に問題があって、イライラするのだと理解すると

良いのかもしれません。

イライラした時は、ちょっとその原因を探ってみると

案外、気付きがあって落着くかもしれません。

ある方の書籍に『問題が起こった時、分析する人は賢い人。』

だと書かれていました。

賢くなりたいですね~

でも、感情的になると見えなくなって暴れるんだよな~

ε-(o´_o)ハァ・・

 

 

2018年4月 4日 (水)

ネガティブな私じゃダメですか?

Photo

私のブログの話題は、いつもポジティブに考える方向で

書かれています。しかし、いきなりポジティブに捉えることが

逆につらい人もいると思います。

 

ネガティブが悪いとは思いません。

ネガティブな感情も、今の自分の感情でしょうから。

共感してもらえるだけで楽になるかもしれませんね。

無理していきなりポジティブになる必要もないと思います。

ネガティブな感情をしっかり味わって、それがなぐさめに

なるのなら、それも良いと思います。

 

しかし、忘れないで欲しい。

ネガティブでも、しっかり内観することを。

ネガティブな感情にも、自分を救ってくれるキーワードが

あると思います。

どうしたら良いのか考えるのではなく、受止める。

身体で感じていく。

自分の中にネガティブな感情の居場所を作る。

 

ネガティブな感情は、自分の中の違和感が原因だとも

言うようです。

無理に追い出すのではなく、しっかりと感じる。

そうすると、ネガティブな理由がわかってくるそうです。

そうすると、『ダメな自分でも良いんだ。』

『これが私なんだ。』

『みんなと比べることはないんだ。』

そう気付くことで、自由になれるのだと言います。

それと、依存心はないかの確認も必要だと思います。

 

ずっとネガティブでいるには、勇気も必要だと思います。

ポジティブもネガティブも自分の感情です。

否定しないで、肯定すれば、楽になります。

誰だって、ポジティブな部分とネガティブな部分を持っています。

そうやって、バランスを取っているのかもしれません。

 

私も自分の中に、ポジティブな姐御とネガティブなスネ子が

います。

最近は、良いバランスで2人が私を支えてくれています。

スネ子が優位になっていても、姐御の部分が見守っています。

姐御は、色々な知識を持っています。だから、安心して

スネ子も出て来られます。スネ子が出て来ると、姐御が

『スネ子、どうした?』と出て来ます。スネ子は、姐御に

愚痴ります。姐御は、『まあ、気持ちはわかるよ。』と

スネ子の愚痴を受け入れます。スネ子が、スッキリするまで

姐御は話を聞きます。そして、落着かせるのも姐御の仕事です。

落着かせたら、切り替えです。

スネ子は、大人しくなり、姐御にすべてを任せます。

 

以前の私は違いました。

スネ子だけで姐御はいなかった。いや、いたんですけど

叩き潰されて眠っていました。でも、スネ子の存在は、

自然な私の部分だと思いました。それが、今の自分だと。

受入れると楽になりました。しかし、スネ子ばかりを

感じている自分は、不快でした。だから、姐御の強化を

しようと思いました。

 

スネ子も私の一部です。スネ子を嫌ったり、否定するのは、

自分を嫌っているのと同じです。自分を守れるのは、

自分以外にいません。だから、気が晴れるまでスネ子との

会話をします。不快な感情を持ち続けるのは、つらいです。

深呼吸をして、『これも、私なんだ。』と思い、開き直るのも

いいかもしれません。スネ子は、時に自己憐憫の場合が

あります。それは、自分で自分を虐めているのです。

そんなことは、してはいけません。時間の無駄です。

 

誰かに何か言われて落ち込んでいるのなら、それは、図星って

事かもしれません。自分で気付かなかった部分を相手は、指摘し

てくれたのかもしれません。ムカつくかもしれないけど、

言えている部分がないか冷静に確認が必要かも。

案外、自分のことは自分でも気付いていない部分があるものです。

教えてくれたことは、有難くいただきましょう。

もしくは、良い人に見られたい願望があるかもしれませんね。

 

この、ネガティブでもいいんだ!との思考は、先日、ある

雑誌で知ったのですが、マインドフルネスといって

NPO法人『マイセラ・ジャパン』と云う所がセラピーを

しているのですね。書籍も出版され、HPには、ブログも

あります。これ以上書くと宣伝になるので止めますが…

こういった思考もあるのだということです。

気になった方は、検索してみてください。

 

結局は、ネガティブを受け入れて、ポジティブになろうって

ことなのでしょうかね?

生きづらさを解決する方法は、他人それぞれあると

いうことですね。自分に合ったやり方で、解決して

心穏やかに暮らせるといいですね。

 

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »