無料ブログはココログ

« つぶやき 29 | トップページ | つぶやき 30 »

2018年5月28日 (月)

祈るように生きる

Photo

最近、色々なことを考えています。

また、いつもの考え過ぎなのか?それとも、向き合わなければ

ならないことなのか?

しかし、どうでも良いことなのではとも思います。

そんな時、ふっと思いました。

 

全てのことには意味がある。

 

そうやって考えると少し冷静さを取り戻しました。

江原さんの本で『スピリチュアル・リナーシェ(祈るように生きる)』

というのがあります。

リナーシェとは、イタリア語で再生の意味だそうです。

 

歳月が経つと人には色々な変化が起きます。

日々の雑事に流されて、初心を忘れ、ハッと気付くと

置き去りにされて暗闇の中にいることに気付くことも

あるでしょう。不平、不満、他人と比べて嘆くことも

あるでしょう。それは、生きることで仕方なく溜まった

『垢』のようなものだと江原さんは言います。

 

リナーシェ。再生。ふたたび生きる。心を新たに蘇らせ

生き直す。その為には、祈ることだそうです。

祈るとは、神様に何かをお願いするのではなく、

想いを込めて、丁寧に生きることだそうです。

神様にお願いするのは、依存です。

 

日常の生活をおろそかにしないこと。

他人との関わりにも心を込めること。

与えられた時間を無駄にせず、懸命に生きること。

そして、祈るとは、自分を愛することでもあるそうです。

自分を甘やかすこととは違います。

何が自分のたましいに必要なことなのか、真摯に自らに

問うことだそうです。ムチ打つように厳しく問いただす

必要はありません。静かに自分を振り返れば、答えは

見えて来ると江原さんは言います。

 

人は、理想の自分を知っています。自ら愚かな自分に

なりたいなどと思っている人はいないはず。

なりたい自分になる為に生きることを思い出せば良い。

それが、祈ることだそうです。


Photo_2

水平線から昇る朝日を見たことがありますか?

薄くたなびく雲を従えて、オレンジ色に輝く太陽が暗い海の

上に一本の道をつくります。

誰かを許せない、誰かに勝ちたい、得になることは何か、

損はしたくない、なぜ私だけが、自分なんてダメだ…。

そんな雑念はすべて、暗い海の中に投げ捨てておけば良い。

ただ、太陽に導かれた一本の道、その光の道を行けば良い。

本来のあなたがあるべき美しい姿で、心おだやかに生き

られる道を感謝しながら歩めば良い。

それが「祈るように生きる」ということ。

 

『スピリチュアル・リナーシェ(祈るように生きる)』

江原啓之著より

 

 

私も最近は、雑事に混乱して、どうしたらいいのか

わからなくなっていました。自分は、どうしたいのかすら

わからなくなっていました。そんな時に、声が聞こえました。

『今を生きよ。己の今を生きよ。』

ハッと我に戻された気分でした。龍神さんかな?

私もリナーシェしようと思いました。

 

最近、近所のビルで修繕の為、足場を組んでいる所が

多いです。これも再生しなさいとのメッセージのような気がして…

しばらく、自分を取り戻すべくリナーシェ(再生)をしようと

思います。

今回の気付きが、誰かの為になればと思い書きました。

いつも長文になり申し訳ありません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

« つぶやき 29 | トップページ | つぶやき 30 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈るように生きる:

« つぶやき 29 | トップページ | つぶやき 30 »