無料ブログはココログ

« スタンダード・ジャズ 19 | トップページ | マー姉の部屋にて »

2018年6月16日 (土)

先が見えない不安

人は、何か目標がないと先に進めないようです。

目標に向かって歩む喜怒哀楽、苦労を感じて

生きているとの実感があるのかもしれません。

その目標を達成したけど、何だか喜べない。

そんな人もいるのではないでしょうか?

その様な人は、優秀な人だと言えるそうです。

それまでの苦労や挫折を乗り越えるパターンがわかった

ものの、そのパターンにハマってしまって動けなくなって

いる場合があるようです。そのパターンから脱け出すには、

新しい機軸を作る必要があるそうです。アドラー心理学で

云うライフスタイルを変えるになるのでしょうかね。

 

人は安定を求める気持ちと、不安定を求める気持ちと

正反対の気持ちを持っています。そして不思議なことに

心が安定すると、不安定を求めるのです。その結果、

自分でも思ってもみなかった衝動的な行動をとることが

あります。

 

その衝動はとても大切だそうです。その感情は、

築き上げたパターンを逃すまいと固まった心を解きほぐし、

新しい自分を見つけようとする心の要求だそうです。

衝動を抑制したままだと、かえって十分に意識を清明にして

物事に一心になる力が得られず、凡庸な成果ばかりが

続くことになりかねないそうです。

 

大事なのは衝動を否定しないこと。そこから生涯を通じて

楽しめる趣味が見つかるかもしれない。

 

毎日に虚しさを感じるのは、それまでの日常の外にある

根底からの要求がいよいよ表れる前兆だそうです。

 

*【PHPからだスマイル7月増刊号 

『なんとなく不安』の捨て方 名越康文(精神科医)より】

 

Photo

 

色々と考え過ぎるのかもしれませんね。

そんな時は、考えるのを止めて運を天に任せるのも

良いのかもしれません。

ボッとしていると、フッとひらめくかも知れません。

焦ることなく、祈るように生きるのも良いと思います。

 

不安な気持ちは、生きる上で必要な感情だと聞いたことがあります。

不安は、決して悪いことではないと思います。

そこから脱け出そうとすることが、結果的に人間としての

成長に繋がるようです。

不安の中にいる時は、つらいですけどね。

 

あまりモガキ過ぎるとドンドン深みにハマって苦しくなります。

でも、モガクのを止めるとフッと浮き上がって来るものです。

また、沈んでは、浮き上がって来るのを繰り返すと

気付くんです。ちょっと強くなった自分に。

そして、穏やかさと云うご褒美まで頂けていることに

気付くんですよ。人として大きくなったのでしょうね。

新しい自分の誕生です。

 

ここ数年の私が、そうでした。

今は、焦ることなく、祈るように過ごそうと思います。

それは、自分でわかっているから。

頑張って来た自分を今は、癒す時だと知っているから。

私は、慌てることなく毎日を大切に過ごすだけです。

内観をしっかりして気持ちを整えること。

『今を生きる。己の今を生きる。』

そのメッセージを受取っていますから。

自分が、どうなりたいのかだけに気持ちを整えています。

そして、愛を届けてくれる人達がいることに気付きました。

そのぬくもりを感じると安心します。

感謝する気持ちが安心に変ります。

 

『いたずらに不安を作らない。』

混乱すれば余計に先が見えなくなります。

迷路に入り込んで、迷子になってしまいます。

落着いて自分が今いる場所を確認して、わかる所まで戻る。

焦らないこと。深呼吸をして気持ちを落ち着かせる。

大丈夫。私は大丈夫だと落ち着くこと。

そうすれば自ずと先が見えて来ると思うのですがね。

 

先が見えなくて不安なら、

まず今日1日を大切に過ごしてみませんか?

その繰り返しが、明るい明日に繋がると思いますよ。

 

 

« スタンダード・ジャズ 19 | トップページ | マー姉の部屋にて »

心と体」カテゴリの記事

コメント

前に読んだ本の中に、「日々是無事庵」(だったかな?)と出てまして、要するに一日が何事もなく無事で終わってよかったなということらしいんですけどね。

その人いわくなんにもなくてつまんないと思うなら、家が火事になってみたらどうでしょう、ですって。

そりゃエキサイティングな人生だわな。(^o^;)

そんな一日一日の積み重ねの人生もありかなと。f(^_^;

たこ拳ぢさん

穏やかで平凡な毎日を送るには、それなりに苦労もあるのよね。
しかし、人は、そんな日々を当たり前に捉えてしまって
つまらないなどと思ってしまう。
そこに、感謝の気持ち、無事に過ごせて有難いことだとの
感謝の気持ちがあったのなら、心満たされると思うんだけど。

まあ、人生いろいろだよね。
穏やかに過ごしたいと思う人も居れば、エキサイティングに
過ごしたいと思う人もいる訳で…

こんばんはエルザさん。
幸せは感じる瞬間でいろいろありますよね。
その瞬間の積み重ねが日々の暮らしの糧になると思います。
特に先がない年寄りは、魚が釣れた瞬間が至福の幸せ(* ̄ー ̄*)
釣のがした瞬間が明日への希望( ̄▽ ̄)なんてあほなこと言ってます。
父の日は音沙汰なしです。
(*^m^)そっでよかです。みんな忙しく暮らしとると思うと、何もなかつが一番幸せかもしれまっせん。
「帰らんちゃよか」とゆう歌ありますけど、親の心境はあんなもんでしょう。
今度80cmのヒラメば釣ったら送ってやるけんね。なんて子どもにとっては迷惑なばかりの親の心境です

mitakeyaさん

コメントありがとうございます(^^)/

>その瞬間の積み重ねが日々の暮らしの糧になると思います。

さすが!良いことをおっしゃる!

父の日は、何だかちーと違いますね。
母の日のような感じとは違います。
日本のお父さんは、何だか扱いが雑な気がして
かわいそうなごた・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先が見えない不安:

« スタンダード・ジャズ 19 | トップページ | マー姉の部屋にて »