無料ブログはココログ

« 私の闘病記 5 (パニック障害・うつ症状) | トップページ | MUSIC LIFE 13 Alan Sorrenti »

2018年10月 5日 (金)

私の闘病記 6 (パニック障害・うつ症状)

✿エピローグ

 

ここまで来るのに30年かかりました。アップダウンを繰り返しながら

も、先生、カウンセラーさん、友人、家族に支えられながらやってき

ました。見放すことなく寄り添ってくれた皆さんに感謝です。

治りかけが危険なんです。フッと呼び戻される。だから、調子が

良いからと気を抜いては、いけないのです。本人も家族もね。

今、パニック障害、うつで苦しんでいる方もいると思いますが、諦め

ないでくださいね。パニックもうつも数年で完治する人もいます。

しかし、根が深いとか逃げていると私のように30年かかる人もいる

のですよ。私もまだ完治した訳ではありません。症状が出ることもあ

りますが、自分でなんとかコントロール出来るようになっています。

発作を起こしても自然に任せます。恐怖ではありますが、10分もすれ

ば治まることを知っているから。

 

少し進んでは、戻されてを繰り返し、段々と強くなっていく。そんな

感じがします。今、また乗り物恐怖の症状と一人で家に居る不安があ

ります。家に一人になって発作を起こすのではと怖くなりますが、家

族も気を遣ってくれて、一人になることは少ないです。約10年前、

理事長になったことが引き金で乗り物恐怖が蘇り、約3年前の出来事

が引き金で一人で家に居られなくなりました。約2週間毎日パニック

発作を起し、恐怖が蘇ってしまいました。あまりにも頻繁に発作を起

こしたことで、脳裏に焼き付いた恐怖が蘇ってしまいました。大分、

落着いては来ていますがね。主治医は、自然に任せましょうと言って

います。いずれ両親はいなくなります。その時、どうするかですね。

案外、大丈夫だったりするんですよね。今後の課題ですね。

私は、リウマチ持ちなので、遠出は無理ですが、幸い便利の良い場所

に住んでいるので、乗り物に乗らずとも不便はありません。無理はし

ない。それと、やはり西村先生の言う通り、感情憑依はある気がする。

そういうのも、面倒なので関わらない為に、人混みは避けている部分

はあります。

 

私は、子供の頃から父に『逃げるな!』と言われて育ちました。面倒

臭がりで逃げることばかり考えて来た子供時代です。でも、私の中に

父の言葉は残っていて奮い立たせる力になっていたのではと思います。

この父の言葉は、私の今世での課題のような気もしています。

憎かった父と母でした。でも、今は私の助けを必要とする両親です。

心の整理をしたので、なんのためらいもなくお世話が出来ています。

逆にお世話になっていますかね。3人の共同生活は、楽とは言えませ

ん。両親も高齢になり出来ないことも出て来ています。助け合って行

かないとね。

 

7年前の母の大病の時に私の知識が役に立ちました。30年も病人をや

っていると医学的知識もつくんです。何よりも母のメンタルを支える

ことに役立ちました。こんな所で役に立つとはね。守護霊様は、計算

づくだったんじゃないかと思うほどです。それと当時の男友達の存在

は大きかったです。彼のお蔭で私は、常に凛としていられた。今でも

彼には感謝しています。

 

生きている意味がない。そんなことはないと知りました。生きる意味

は、学ぶことです。喜怒哀楽を経験して、たましいを磨くこと。その

為に、生まれて来たのですから。この世は、地獄です。どんなに辛く

とも乗り越えることが学びなのです。生き抜いてなんぼの世界なので

すよ。自分の中に自分の神を持つと良い。柱を持つと良い。

それが、自分の助けになります。助けがあると賢く生きられる。

 

自殺者は、脱落者です。また、1からやり直しです。同じ様に苦しい

人生が待っています。また、自殺する(逃げる)のか?乗り越えるの

か?生きていれば良いこともあります。頑張った人には、必ずご褒美

が届きます。逃げたければ逃げても良い。でも、命を粗末にしてはい

けない。生きていれば何度でもやり直しが出来るのですから。逃げて

も逃げても逃げ回れるものじゃない。いつか、向き合わなければいけ

ない時が来ます。守護霊は、ちゃんと考えて良いタイミングで向き合

わせてくれます。背中を押してくれる事も起ります。本気になると不

思議とシンクロニシティが起るのですよ。助け舟が出ます。乗越えら

れないことは、起らないと言うでしょう?だから、ちょっと踏ん張っ

てみてください。諦めないでください。

 

私にとって、本田先生、西村先生を始め、お世話になった医師や友人、

すべての出会いと別れ、起った出来事は偶然じゃないと思っています。

出会うべくして出会っていると思います。起った出来事も偶然じゃな

いと思える。引き寄せの法則波長の法則が働いたと思える。

そう思うと全てに感謝です。

 

生きているだけで、あなたは立派な人です。

生きているだけで、誰かを助けているのですよ。

生きているだけで、価値があるのですよ。

 

『傷ついても命までは奪われない。』

ある人の言葉です。傷は、いつか癒えるもの。

死に方は、その人の人生を表すそうです。

あなたは、どんな死を迎えたいですか?

 

この種の症状を抱える人は、真面目でピュアな人です。

ひとりで抱えないで吐き出す=書き出してください。

私のコメント欄でも構いませんよ。

助言出来ることがあれば、させて頂きます。

 

長文になりましたが、私の経験が誰かの参考になれば幸いです。

これから先の事は、わかりませんが、自分らしく生きたいと思って

います。まだまだ、学びは続きますが、この30年間、共に寄り添い

歩んでくれた友人たちと家族に感謝しながら、大切にしながら過ご

したいです。私から離れて行った人もいますが、彼らにも感謝してい

ます。彼らからも沢山の学びがありました。今、私の近くに居る友人

達から、まだまだ、学ぶことがあると思っています。感謝の気持ちを

忘れず、日々精進です。恩返しが出来る時があれば良いのですが、

まずは、私が自分らしく生きていることだと思っています。

離れて行った人とも、また縁があって繋がるかもしれない。

また、感謝しながら大切に付合えたら良いなと思っています。

私と関わった人が、みな幸せになれるよう祈っています。

 

今回の記事で、逆にご心配をおかけした部分もあると思います。

フラッシュバックして辛くないかと…

しかし、乗り越えているので大丈夫です。

心配してくれた友人に感謝です。ありがとうね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

終わり

 

« 私の闘病記 5 (パニック障害・うつ症状) | トップページ | MUSIC LIFE 13 Alan Sorrenti »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の闘病記 6 (パニック障害・うつ症状):

« 私の闘病記 5 (パニック障害・うつ症状) | トップページ | MUSIC LIFE 13 Alan Sorrenti »