無料ブログはココログ

« やわらかい女性らしさとは?  | トップページ | つぶやき 36  »

2018年11月27日 (火)

スイミングスクール四方山話 3 

3

このシリーズ(シリーズなんかい!)案外、人気がありまして^^

今回は、何を書きましょうかね~

ちょっとホッコリ(?)するお話を。

 

私は、幼児から児童までのクラスを14クラス担当していました。

色々な子供達がいます。中には障害児と言われる子もいました。

でも、私は、それも個性だと思っています。

 

余談ですが、私が通っていた小学校には障害児のクラスがありました。

休み時間になると友達と、そのクラスに遊びに行きました。

一緒に折り紙をしたり、絵を描いたり、トランポリンで遊んだり。

その経験は、彼らへの偏見を拭い取る経験でした。

だから、個性だと思えるのです。

 

話を戻します。

クラスにも個性があります。

賑やかな子が集まったクラス。大人しい子が集まったクラス。

まとまりのないクラス。

どのクラスの子にも平等に接したつもりです。

陸上での説明の際も笑いを取り入れるようにしていました。

 

実は、父兄から陸上での説明は、短くして欲しいとのクレーム

があります。水泳教室なのだから、泳がせてなんぼでしょうと。

確かに、そうなのですが・・・

全員に共通した注意点、練習の流れや順序、手足の動かし方など

説明する必要があります。これを一人一人にやっていては、時間が足

りない。それに、泳ぎっぱなしでは、子供達は疲れてしまうし、

飽きてしまう。それと、安全確認の為に全員を上げる必要があります。

インストラクターは、水中での時間と同じ位、陸上での時間にも気を

遣います。

 

まとまりのあるクラスは、これがスムーズに出来るのですが、

まとまりがないと苦労します。

1度だけ、怒鳴ったことがあります。小学34年生が中心のクラス。

私が、話しているにもかかわらず、誰も聞いてない。

私は、話しを途中で止めました。しばらくすると「あれ?」って

感じで子供達が私を見ました。私は、全員が私を見るまで黙っていま

した。「やべえ、先生怒らしたか?」的に気付いた子が、みんなを

注意し出しました。みんなは、静かに私を見ました。

『やる気のない奴は、帰れ!先生だって叱りたくないよ。叱る方も

叱られる方も良い気分はしない。』

いつも穏やかなエルザ先生を怒らせると怖いんだぞ~ヒィー(>ω<)

私は、そのまま水に入り練習を続けました。でも、私の話しを聞いて

いなかったので、みんな流れが解からない。もう、バラバラですよ。

こういう時って、女の子がしっかりしていますね。

私に『先生、もう1度説明お願いできますか?』と言って来ました。

私は、もう1度みんなを陸上にあげました。

『どうかな?練習は?説明を聞かないと、こうなるんだよ。こういう

のは、時間の無駄。もう、時間も無いから、キック3周で終わります。』

 

練習終了後、いつものように女子更衣室に行きコミュニケーションを

取りました。

『先生も怒るんだね。』とある女の子が言いました。

『あれは、ないじゃん。寂しいよ。誰も聞いてくれないんだもん。』

『ごめんね~。いじけないで~』

泣いた振りをすると、頭をポンポンされました。(笑)

私も着替えてフロントへ行くと、男の子達がいました。

『先生、鬼だったぞ。』

『鬼ってなんじゃ。失敬な。これからは、ちゃんと聞いてね~ 』

『ウエッ~、キモ~。』

『ば~か。レディーに何てこと言うんだ。』

『じゃあな、また、来週~』

子供達に気を遣わせてしまったのか?ご機嫌取りなのか?

お互いに引きずらない、サッパリした関係ですかね。

まあ、可愛い奴らですよ。(o^^o)ニコ

 

 

« やわらかい女性らしさとは?  | トップページ | つぶやき 36  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイミングスクール四方山話 3 :

« やわらかい女性らしさとは?  | トップページ | つぶやき 36  »