無料ブログはココログ

« 龍神カード | トップページ | 悪意と善意  »

2019年4月 4日 (木)

自分に自信がなくなったら

         Photo_1


人生には、色々な出来事がありますね。
仕事で失敗した、受験で失敗した…
そんな時、誰もが落ち込むことでしょう。
落ち込んで良いのですよ。気が済むまで泣いて良いのですよ。
世間では、ネガティブはいけないことと受け取られがちですが、私は、そうは思いません。
ネガティブな人は、慎重です。 誰だって、ネガティブな部分は持っていると思います。
ネガティブな人は、自分のペースがあるのだと思います。
それが自分だと思えば、いけないことではありませんよね。
ポジティブとネガティブのバランスには、個人差があると思います。
不安も同じです。不安だから、そうならないように努力をするのなら、それはいけないことではないと思います。
不安もまた慎重な人が抱きやすいと思います。
不安は、自信の無さが原因だと私は思います。
自信が持てるよう学ぶ、行動すればいいのでは?
不安を乗越えた先には、自信というギフトがあります。
ネガティブも不安も生き辛さが無ければ、持っていて良いと思います。それがあるからこそ、人は成長できるのかもしれません。

 

 

常に無理のない等身大の自分を知ることは大事だと思います。
周りの人と比べてしまうのも自信の無さではないでしょうか。
比べて落ち込む、嫉妬する。これは、自分は相手より劣っていると、どこかで思っているからではないでしょうか。
嫉妬するのは、相手が羨ましいからではないですか?
それなら、自分もそうなれるよう努力をすればいいのでは?
負の感情の裏にある意味は、本心だと思います。
『嫉妬するなら相手の苦労も受け入れなさい。そこまでの想像力が無いのに嫉妬するのは、ただの我が儘です。』 江原さんの言葉です。

 

 

アドラーは言っています。
『人間は上下の関係ではなく、左右横の関係である。』
『健全な劣等感とは「他者」との比較ではなく「理想の自分」との比較から生まれるものだ。』

 

 

ものごとは、自分の解釈の仕方で良くも悪くもできます。
自分を癒せるのは、自分しかいません。
人は誰でも常に成長していると思います。
日々の出来事で考え、行動し、成長していると思います。
10年前の自分を思い出してみてください。
どうですか?少しはたくましくなった気がしませんか?
周りの人に助けられ、鍛えられ、少しでも成長していませんか?

 

 

人には、個性があります。
自分には、自分のやり方、ペースがあります。
他人が、それを変える権利はありません。
忙しい日々で自分が解からなくなって焦ることもあるでしょう。
そんな自分に気付けるよう、自分との会話の時間を作ってみては如何ですか?自分に余裕が無くなると誤作動を起こします。
『私、このままでいいのかな?』と確認してみては?
この言葉に引っ掛るものがあるのなら、どこか修正が必要なの
かもしれません。
自分との会話の時間なんか作れないと言うのなら、寝る前に
『今日も1日頑張りました。ご苦労様。』と自分を褒めてみては?
良い言葉を自分にかける。それは、癒しにならないでしょうか。

 

 

信頼できる人に相談するのも良いかもしれません。
しかし、相談することで逆に混乱する場合もあります。
自分の芯がある人でないとコントロールされ混乱するかもしれません。
自分の事は、自分で解決できると良いのですが…
自分でどうすれば?と云うのであれば、【エモーショナル・ファースト・エイド】という手法があります。
参考になる書籍を紹介します。


自分で心を手当てする方法/ガイ・ウインチ著(高橋璃子 訳)

 

メンタリストさんの動画もあります。
営業妨害になるといけないのでリンクは貼りません。
『傷ついた心 科学的に治す』で検索してください。
(かなりの早口なので驚かないように。でも内容はGOODです。)
この手法が出来る状態は、まだ自分に余裕がある状態だと思います。
内容を簡単に説明すると『自己肯定感』の強化です。
自分を責めてしまうのは、自分に思いやりがない。

 

 

気分が落ち込んだ状態が2週間以上続いたのなら、躊躇せずカウンセリングを受けてください。
5月頃は、新入さんの疲れも出て、人に寄っては、ウツ病になる場合もあります。早期対策は、必要です。
そうなる前に予備知識として、防衛策を講じておくことも必要かもしれませんね。もう、自分ではどうにもならない程の状態になってしまったと思ったら、早期にカウンセリングをお勧めします。

 

完璧な人なんていません。
いたら生まれてくる意味がない。
みんな良い所と悪い所を持っています。
それが、自分なのだと思います。個性は、色々です。
運動が得意な人もいれば、苦手な人もいる。
だからと云って人間的にダメではありませんよね。
その人の人格が全否定されるわけじゃない。
文章を作るのが得意な人がいて、プレゼンが得意な人がいるのなら、互いの持ち分を活かし、助け合っていけばいいのです。
得意な人が、苦手な人を貢献感で手助けしてあげれば良い。
誰でも、得意分野はあります。それを活かせば良いだけです。
出来る人がやれば良いのですよ。
その上で苦手分野を磨きたいと思えば、学べばいいのですよ。
あなたの人生です。成りたい自分を常に目標にして歩めばいいのです。大丈夫!きっと大丈夫!自分を愛してあげてくださいね。

 

 

また、長文になりましたが、自分勝手に思ったことを書かせて頂きました。
誰かの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

« 龍神カード | トップページ | 悪意と善意  »

心と体」カテゴリの記事

コメント

「俺のできないことをお前がやれ、お前のできないことは俺がやる!」でいいんですよね。(^_^)

助け合うって手をさしのべるってのもあるかもしれませんが、各々ができることをやり遂げて結果として人のためになっているってことでもいいんぢゃないですかね。

それで自信もつくはずだし…、いかがでしょう?( ・◇・)?

✿たこ拳ぢさん

そうだよね!
でもね、企業で働く人たちや夫婦、家族間で、その助け合い精神が、現代は薄れて個人主義になっている気がするのよね。
そうなると、誰かに負担が掛かり無理して病を患う事になる。
相手の立場になってものを考えられない。
安易に『頑張れ』なんて声をかける。
頑張っている人に、それは無理をしろと言っているようなもの。
自分はダメ人間だと『自己否定感』が強くなると潰れてしまうでしょう。
特にこの時期は危険な時期です。
だから、無理しなさんなよ~って気持ちで書きました。

昨日は、愚痴を聞いてくれてありがとう。
今日、定例のお茶会で友達にブチマケてきました。
まあ、日も経っているので落着きました。
TALK使えるようになるといいのにね。
いつも甘えてしまって許してニャd(d゚∀`=)♪

こんばんは。
思い起こせば50年前!
大学受験に失敗し、すごすごと神田の町をうろついていた時、パチンコ屋さんから流れてきた、いしだあゆみのブーライト横浜の曲が今でも忘れられません。あの時ほど生きる自信を無くしたことはなかったですね。
高校を卒業して、居場所のない自分に絶望感を感じながらも、数カ月すれば立ち直っていましたね。(*^-^*)だいたい物事を深刻に考えることが無いのでしょうね。
でもあの時期のことは一生忘れません。
石田あゆみ大好きです。( *´艸`)

✿mitakeyaさん

街の明かりが~とても綺麗ね~横浜~♪ですね。
良い曲でしたよね。

昭和の時代は、強さを感じますね。
昭和を生きて来たと云う強さがある気がします。
ところが、この平成の時代は、それとは違って軟弱な感じがします。
教育もゆ○り世代だし、ネットが導入され便利にはなりましたが
その反面、生き辛さも出て来たと思うのですよ。
人間関係が近すぎて混乱している。
だから、心に余裕が無くなって、悪意(いじめ、ハラスメント)が
多発する。なんという世の中になったのでしょうね。
打たれ弱くなっているのですよ。
まあ、だから、こんな記事も必要とされるのですがね。

大和塾お疲れ様でした。
のどかな所で育った子は、優しい人になると思います。
自然や人とのふれあいは、人間性を豊かにしてくれます。
次回も頑張ってはいよ(^^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍神カード | トップページ | 悪意と善意  »