無料ブログはココログ

« 悩みの捨て去り方  | トップページ | 仏教に学ぶ悩みの解消法(反応しない練習) »

2019年6月25日 (火)

つぶやき 42 

いつも読んでいる雑誌、PHPの裏表紙に書かれているコラム的な文章が気に入っています。短い文章の中にちゃんと世界があって感動もし、心洗われる気がします。
今月号(7月号)の裏表紙は、『地獄と極楽』との題名です。
ちょっとご紹介しますね。

 

 

昔、ある武家が白隠禅師に、地獄と極楽とはどこにあるのか尋ねた。すると禅師は、武家のくせに死後のことを騒ぎ立てるのは臆病者だと大いにからかった。
激怒した武家が刀を抜いて、禅師を切り捨てようと刀を振りかざしたその時、「それが地獄じゃ」と禅師が叫んだ。はっと我に返った武家が刀を収め、謝罪すると、禅師は「今のが極楽じゃ」と諭した。
このように地獄や極楽はわれわれの心中、絶えず入れ替わっているのである。誰でも地獄より極楽のほうに行きたいはず。(中略)常時平穏でいることは困難に違いない。しかし、たとえ地獄に取りつかれても、必ずすぐに極楽に戻ってこられる、そんな心がけを確立したい。

 

 

地獄と極楽で、思い出した話があります。

お釈迦様は『幸せになりたければ「自利利他」の道をいきなさい』と教えています。相手を幸せにすることで〈利他〉、自分が幸せになれる〈自利〉。
ある男性が地獄に見学に行きました。するとちょうど昼食の時間でした。さぞ粗末な食事だろうと思っていると、出されていた食事は豪華なものでした。しかし、地獄の罪人はみなガリガリでした。罪人の手には、1メートル以上の長い箸が握られていました。その箸を必死に動かし口に運ぼうとするのですが、口に入れられない。怒り出す者、奪い取る者もいますが、結局は、食べることは出来ない。他人のことなどお構いなしで、自分が、自分が、と考える者を仏教では『我利我利亡者(ガリガリモウジャ)』と言います。
次に、男性は極楽に行きました。やはり昼食時でした。極楽の住人に出された食事も豪華なものでした。しかし、やはり地獄の罪人と同じように長い箸を手にしていたのです。何処が、違うのだろうと男性は思いました。なんと、その長い箸でお互いの食べたい物を取り合って、お互いの口に運んでいるではありませんか。お互いに助け合って、楽しく暮らしている。どっちが幸せかは、いうまでもありませんよね。お釈迦様は、相手を幸せにすることで、自分も幸せになると教えています。幸せの花は、相手と自分との間に咲く花だそうです。

ちょっといい話ですよね。

 

 

先日、考え事をしながら歩いていました。すると、すれ違った人が、こんな言葉を・・・
『念ずれば、花開く』 ん?何?と私は、驚いて立止った。私のアンテナにビビッと来た。そのまま空を見上げた。青空から声が聞こえて来た。
『今を大切に過ごしなさい。目の前にあることを一生懸命にやる。それを実践と私は、あなたに伝えたのです。願うだけでは変わりません。実践することで花開くのですよ。考え過ぎることなく、日々のやることを一生懸命にやりなさい。静寂は祈りです。力を抜きなさい。』

 

 

久しぶりの守護霊様からの神託。最近、ことたまオーラカードを引いています。確かに、最近は、実践のカードが何回も出ていました。この実践が、どうも理解できなかった。何か特別な事をしろと言われている気がしていました。じゃあ、何をしろって言うのよ?と、ちょっとスネていました。結局、今迄通りで良いってことよね。毎日、その日にやることに集中しいて生活しています。カードのメッセージにのめり込み過ぎて、ちょっと、理解が出来なくて『からかっているのか?』と悪態をついてしましましたが、解かり易く届けてくださったことに感謝です。それにしても、驚いた。守護霊様を怒らせてしまったかも…(――;)
『案ずるな。』と鼻をホジホジしながら、横になりフワフワと浮いて(イメージですが^^;)龍ちゃんが言っている声が聞こえた。だよね~^^;

 

 

そうそう、この『念ずれば、花開く』は、熊本出身の詩人。
坂村真民(さかむら しんみん)の言葉だと後で知りました。
熊本出身って云うのもご縁を感じます。
最近、また、マンションの管理業務の色々を処理しています。管理会社さんの怠慢が理事にまわって来るっておかしいでしょう。何の為の管理会社なのよね~ε-(o´_`o)ハァ・・

 

 

 

« 悩みの捨て去り方  | トップページ | 仏教に学ぶ悩みの解消法(反応しない練習) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地獄での食事風景を読みながら・・・、
お互いに長い箸を使って相手にあげれば良いのにな~って
思いながら読んだ所・・・、天国では、私の考えた通りにやっていました。
チョット 嬉しかったですね。
自分の事ばかり考えていては駄目ですね。
助け合いの精神が大事。

ほじったハナクソをピンッて飛ばされないように…。(^o^;)


✿マーチャンさん

マーチャンさん、極楽の人ですね(*^_^*)
普通は、そう考えると思います。
でも、すべて自分勝手になり周りが見えなくなっている人はいるものです。
自分に余裕がないのかな~と思います。
想像力が欠如するほど忙しない世の中ですからね。
助け合いの精神は、ほんと大事ですよね。


✿たこ拳ぢさん

≧(´▽`)≦アハハ
でも、龍神のハナクソだよ!
よく、耳の垢でも煎じて飲めとか言うじゃん。
龍神のハナクソも煎じると効能があるかもよ!(笑)

こんばんは。
 地獄と極楽、とてもいいお話を
ありがとうございます。
お互いに助け合いが必要な時代でも
なかなかうまくはいかない事が多いと
感じております。
 つぶやきでとても嫌な思いを度々して
おりますが、スルーすように努めましょう!


✿マコママさん

コメントありがとうございます。

近年は、心の問題も取り上げられるようになり
情報も多くなったと思います。それでも、まだまだ
精神的なことは、理解がされずらい世の中の様に思います。
ニュースで報道されても、どこか他人事になっています。
どこか自分都合で物事を考える人が多い気もします。
それだけ、余裕のない世の中なのかもしれませんね。
つぶやきも悪意はなくつぶやいたつもりでも
読み手は悪意と受け取る場合もあります。色々な人がいますからね。
つぶやきも感情的なものは、避けた方がいいのかもしれませんね。
私も気を付けなければと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悩みの捨て去り方  | トップページ | 仏教に学ぶ悩みの解消法(反応しない練習) »