無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月29日 (月)

自分の生き方を持つ

私のブログの読者は、若い方が多いです。
最近は、30代が多いですね。破天荒でも許された20代を終え、現実に物事を考え始める年代でしょう。仕事はどうしようか?結婚はどうしようか?出産は?と現実と向き合う年齢ですね。

 

ある心理学者は、こんなことを言っています。
欠けているものを認めて生きることで、もともとそれを持っている以上の『満足感』を味わえる。欠けているからこそ生きる勇気が生まれる。人は自分固有の生き方を貫き通せば、成功しようが失敗しようが、どんなに年老いても美しく輝ける。

 

それに必要なのは、自信と勇気だと思います。他人と比べない。自分流の生き方に自信を持ち行動する勇気です。他人と比べて完璧であるべきだと考えることはないのですよ。人生は、十人十色です。『完璧であるべき』との考えを捨てている女性は、勇気のある女性です。勇気のある女性は、逃げない女性である。勇気のある女性は、現実の自分をありのまま受け入れるから輝いている。加藤諦三氏は、そう言っています。
他人と比べない為には、アドラー心理学 の『課題の分離』が出来ていれば楽だと思います。

 

 

他の人が自分をどう見るかは、他の人の課題。
他の人は自分の期待を満たすために生きているわけではない。
他者は、敵ではない。仲間である。
もし、敵がいるのなら、それは自分自身である。
理想の自分と現実の自分の間で戦うのである。

 

 

ちょっとスピリチュアルな話になりますが、人は、肉体と幽体と霊体で生きています。幽体は感情、霊体は理性です。肉体と幽体と霊体は、連鎖しています。トラウマや思い癖が作り出したストレスが病気を生みだし、更にストレスを生む。物事を捉える時、『心を鎮める』ことが重要になります。人は日常生活の中で幽体(感情)が主で霊体(理性)が従となって生きています。疲れているとキレやすくなるなど肉体を持っているが為に感情に左右されてしまいます。理性を主として生きる為には、霊体を主に幽体を従に据えなくてはいけません。メディテーションを行うことで、幽体と霊体の主従関係を逆転させること。するとじっくりと自分と向き合い、インスピレーションも得やすくなります。

 

一言で言えば、理性で物事を捉えなさいと云うことなのでしょうが、常に冷静に【自分はどうしたいのか】と自分に問いかけることです。そして、行動してみる。転んだって良いんです。怪我の功名で学びはあります。今度は、転ばないように靴ひもをしっかり結んで歩けばいいのです。

 

 

さて、じゃあ、結婚はどうするか?そんな迷いもあるでしょうね。
結婚は、何の為にしたいと思うのでしょうか?世間体ですか?依存ですか?その動機が重要なカギになると思います。結婚は、忍耐を学ぶ場です。自分の我を通しては破綻してしまいます。一緒に苦労を乗越えられる相手とでなければ一緒にいることは難しいと思います。男女の愛は、永遠ではありません。現実的な生活を見据えた上で、冷静に相手を選び、地道な愛を培うことが求められます。依存心でするものではない。結婚しても自分の人生の主役は自分です。浮かれた気持ちで結婚をすると『こんなはずじゃなかった』と云うことになります。まあ、それも学びなのでしょうがね。結婚相手もまた類は友を呼ぶなのです。

 

さて、出産ですが、ここにも依存心があってはいけない。
なぜ子供が欲しいのですか?老後の心配ですか?
子育ては、簡単ではありません。一人の人間を一人前に育てるのですから。子育てはボランティアだと江原氏は言います。子供は親の所有物ではありません。ひとつの人格を持った個です。親が思うように育つとは限りません。その時、見守ることが出来ますか?子育てをしないと一人前ではないというのは嘘です。社会生活をしていれば、部下を育てるといったことも子育てと同じ試練です。
子育てを通して親も人として成長するものでもあります。子を持って親のありがたさを知ることもあります。そういう経験がしたいのなら、子供を持つとの選択も良いと思います。

 

仕事、結婚、子育て、どれも想像力が必要です。他人と比べることではありません。自分は、どういう人生を過ごしたいのか?と、少し先のことを考えながら歩んで行けばいいのだと思います。

 

 

完璧な人生なんてないと思います。自分に欠けているものを補いながら生きて行けば、それが未来に繋がるのではないでしょうか。人生は十人十色。仏教では、『未来は今が作るもの』と言います。今の積み重ねが未来を作るのです。自分の芯と自分の生き方を持って生きて行けば怖いものなどないと、エルザおばさんは思いますけどね。(o^―^o)ニコ

 

 

 

2019年7月23日 (火)

今年のワードを振り返って 

今年も半分終わりました。
今、巷で話題のMさんとRさんの件。色々な方が意見を述べています。
そこで、ハッと思い出したことがあります。
今年のワードです。毎年、江原さんがどんな年になるかをおっしゃるのですが、今年のワードがすでに当てはまっているのではと。

 

今年のワード 2019 にも書かせて頂きましたが・・・
今年のワードは複雑。大変気持ちの悪い年。どういうことかというと、湯と水が完全に混ざっていないようなお風呂に入るとなんだか気持ち悪くありませんか?下の方が冷たくて、上の方だけ熱い。それと同じで、言葉で言うと『平穏に足掬われる年』。“平穏に感じる時に、足を掬われますよ”。もしくは“穏やかな顔をしているものに足を掬われる”ということでもある。例えばオリンピックが近づいて、みんな華やいでくる。表向きはすごく平穏で明るく煽っているにも関わらず、裏を見ると暗い話題ばかりになっていったり。“平穏に足掬われる”というのは、そうやって盛り上がっている時に、様々なことを見失っていってしまったりするということなのです。
様々な世相や、事件など、暗い話題も出てきます。華やいでいるようでいて、心中、自殺が増えたり、目立ったり。コントラストが激しくなる。

私たちはいつも引き締めていかなければならない。普段の生活でも浮かれ調子の時に限って、ドンッと転ばされたりする。そういうことがたくさん出てきてしまう。そこが注意です。

 

(TOKYO FM『江原啓之 おと語り』より)

 

 

どう思われますか?
今年に入っての事故や事件。平穏に過ごしていた人達が不意に巻き込まれる事故や事件が多い気がしませんか?
平穏に足掬われる(へいおんにあしすくわれる)

闇営業の件も本人たちにしてみたら、不意に起った事だと思います。まあ、その土台となる事は数年前に起っていた訳ですが、こんなことになるとの認識は、なかったのだと思います。
だから、毎日を誠実に過ごさなければ、どこかで不意が起るのですよ。いけないことをしたと気付いた時、MさんやRさんのように素直に謝罪が出来る人は、少ないと思います。でも、それが出来ない人は社会的信用を失います。だいじにしてきたものを失います。その時、泣いても戻って来ません。誠実に生きる。

 

 

残りの5ケ月、気を引き締めて過ごしましょうね。

 

 

 

 

 

2019年7月22日 (月)

つぶやき 44 ためこまない

何でもためこまないに越したことはないんですよね。
流れは、大切です。淀むとウジが湧く。


淀む水には芥溜まる(よどむみずにはごみたまる)
流水は腐らず(りゅうすいはくさらず)
転がる石には苔生えぬ(ころがるいしにはこけはえぬ)

 

最近、ちょっと困った事が・・・
モヤモヤが晴れない。些細なことなのですが、真面目な私は、そのモヤモヤの原因を探りました。頭の中にあることをすべて書き出そうとノートに向かったけど、何も出て来ない。(´ェ`)ン-・・そして、ハッとひらめいた!モヤモヤの原因が解からない事にモヤモヤしているのかも。自ら不安を作ってしまったことに気づき、おバカだね~と(笑)
結局、天候の影響と胃の不調が原因だと思います。そう思うとスッキリした気が…。人も生きている。太陽を浴びないとしなびてしまう。太陽ってやっぱり凄い!

 

そのモヤモヤを突き止めたく誰かに話しを聞いて欲しいと思いましたが、さて、誰にするか?相手を間違うと逆に落ち込むことになる。黙って聞いてくれる人は誰だろうか?愚痴を吐きだして逆に嫌な思いをしたこともあり、話すのが怖くなっています。でも、聞いて欲しい。でも、愚痴を聞く方も嫌だろうな~。愚痴を吐くことに罪悪感を抱くようになっています。自分でブレーキをかけてしまう。そうなると苦しくなって爆発するのが私のパターンだと知っているけど、罪悪感が消えない。

 

 

私と同じ悩みを抱える人は、結構いるのですね。
大人になり過ぎている人。口は災いの元とも言います。
ネットで検索すると、面白い記事をみつけました。カウンセラーさんの回答です。

 

愚痴が言えなくてしんどい 

 

本当は、愚痴が嫌い。『ウダウダ言ってる暇があるなら動け!』と思っている。愚痴は、弱さとか言い訳だと思っている。だから、自分にブレーキをかけてしまう。

 

 

これですね。正しくその通りです。元々、愚痴を吐くタイプではないので、愚痴=悪しき事と思い、悪しき事を他人に与えてはいけないとの考えもあります。それが、罪悪感の原因だと思います。多少の愚痴は、誰にでもあると思います。だけど、同じことをウダウダ言う人いますよね。そういう人にはカチンと来ます。
私は、ある程度のことは、自分でなんとかしてきました。だから、多少のことは、自分で処理できます。最近は、爆発しないで流す術も学びました。しかし、【書く】と【話す】では違います。書き出すのは、気持ちより思考が優先される気がします。だから、どこかで理性が働き思考の整理は出来ます。しかし、それだけだと気持ちの上でスッキリしません。残骸とでもいうのでしょうかね。モヤモヤが残るんです。愚痴になるようなイライラは、心も動かしますからね。それは、やはり話すことでしかスッキリしない気がします。ある書籍に【吐出す=掃き出す】と書かれていたのを思い出しました。共感してくれるだけでスッキリするものです。

 

以前の記事にも書きましたが、愚痴を黙って否定することなく聞いてくれる人は必要です。しかし、私の周りにいるリアルの友人で、話しを聞ける人がいない。いわゆる聞き上手がいない。話している途中で、否定し助言を始める。その時点で、私は吐き出すことを止める。愚痴なんだから、助言なんて求めてないのに。聞いて貰えないと思い、その時点でくだらないことかと流す場合もありますが、モヤモヤが更に大きくなって愚痴を言うことも怖くなってしまう時もあります。そうやっているうちにモヤモヤは愚痴ではなく、悩みに変ります。悪循環なんですね。最近は、このパターンが多い気がします。ひとりで抱えるには重すぎることが増えているからでしょうね。

 

初めは、些細な愚痴が、言えない事で大きくなり悩みに変換してしまう。これは、精神衛生上よろしくないですよね。
私だって感情があります。何でもかんでも理性で処理していません。
よく、歩いているとひとりでブツブツ言っている人がいますよね。私も気を付けないと、気付くと独り言を言っていることがあります^^;

 

私の友人がこんなことを以前、言っていました。
『愚痴って案外、聞き流しているものだよ。』
そうなんですよね。私も友人の愚痴を聞く時は、聞き流しています。だから、私の中には残ってないんです。だから、聞くことはできるけど、言うのはな…できないな~^^;甘え下手なんでしょうね。考え過ぎもあるのかな?ひとりでウジウジしてないで動こう!早速、動こうと決めました。(^^)/

 

 

 

 

 

2019年7月13日 (土)

つぶやき 43 

7月になって、晴れ間がない。人間も生き物です。太陽の恵みがないと気持ちがシャンとしませんね。私は、眠気が酷くて、頭もボーっとしています。何もやる気になれず、日々のやることを淡々とこなしています。ご近所さんとの話題も天気ですね。

 

 

先日、いつも行くスーパーでセルフレジをしていると、レジの若い子が近寄って来て『この前は、ありがとうございました。』と。
はて?私、何かしたかな?
レジの女性は、私に話し始めました。
『先輩やお客さんに嫌なこと言われて、落ち込んでいた所に、優しい声をかけて頂いて、泣いてしまいました。』
『ああ~、この前のね~。客商売やっていれば、色々な人がいるよ。それをイチイチ気にしてたら、仕事にならないよ。その我慢料が給与な訳だから。割り切ることかな。』
『あの日の朝、店長に辞めますって言おうと思って来たら、店長いなくて・・・』
『それは、言うなってことだね。あなたの笑顔に私は、いつも救われているんだよ。笑顔って大切。朝から素敵な笑顔ありがとね。』
また、泣かれてしまいました。
何だか、彼女を初めて見た時から、気になっていたんですよね。オバサン達の中で仕事をするのは、大変だと思います。でも、彼女も母親ですから、しっかりしないと。何だか守ってあげたい感じがあります。

 

 

うちのマンションは、小規模なのでちょっとした下町状態です。特に私の住むフロアーは、完全に下町です。廊下で誰かが『おい!助けてくれ~、トイレの水が止まんねえんだよ!』『ファックスが流せねえ!』そうやって叫べば、誰かが助けに行きます。高齢化していますから、助け合いですね。
先日は、マンション内でトラブルが発生しました。発生元は、4階です。そのトラブルが3階と2階まで及びました。3階には、お友達が住んでいます。
『また、やられたよ~。もう、これで6回目だよ。いい加減にして欲しい。』と電話をかけて来ました。2階の○くんの所は、大丈夫だろうかと気になっていました。
それから、しばらくして2階の店舗で解体工事があり書類の受け渡しをしなければいけなく、2階に行きました。その時、トラブルの被害に遭った○くんにも声をかけました。そこの店舗の○くんとは、交流があります。大阪の方なので人懐こいですね。声をかけると彼の愚痴が始まりました。私は、うんうんと聞いていました。
いよいよトラブルの改修工事が、始まりました。しかし、掲示板にお知らせが貼ってない。いつもキッチリした彼らしくないと、店を訪ねました。
『ねえ、工事のお知らせ貼ってくれないかな?』
『僕、先週の水曜日に貼りましたよ。』
『ん?でも、ないよ・・・』
2人で確認に行きました。
『あれ?ない・・・普通、剥がします?』
『だよね・・・』
『剥がします?』(かなりご立腹の様で)
『うん、○くん、いつもちゃんとしているから、おかしいなとは思ったんだよね。』
『今日中に貼っときます。』
『悪いけどお願いします。』
『まったく、踏んだり蹴ったりですよ。…』とまた、愚痴が始まりました。
『今回は、完全に被害者なんだから、取れるものを取るしかないよ。』
『そんなのは、どうでもいいんですよ。せっかく着いたお客さんが、工事の1週間で離れて行ってしまうんじゃないかと思うと、腹が立つんです。』
『綺麗に直して、また、頑張って。今迄、頑張って来たんだから、お客さんだって戻って来るよ。』
『いつも気遣いありがとうございます。』と、彼は、2階に上がって行きました。私は、そのまま出かけました。出先から戻ると、早速貼ってあった。さすが、○くん!

 


毎日、ゴミの片づけをしてくれるお爺ちゃんがいます。本来は、清掃者がやるのですが、ゴミの回収と清掃時間が合いません。清掃時間も変更したのですが、ゴミの回収時間がバラバラで合わない。結局、住民のお爺ちゃんが片付けてくれます。みんなもそれを知っていて、お爺ちゃんに差し入れをします。私も姿を見ると声をかけます。『いつもありがとう』と。しかし、耳が遠くて聞こえない。私は、ジェスチャーを交えお礼をします。
先日は、焼肉屋さんからカクテキ(大根のキムチ)を大量にもらい、困り果てたお爺ちゃんは、マンションの住人さんにお裾分けに回りました。すると、あるおじさんが言いました。
『焼肉屋なんだから、肉をもらって来いよ。肉ならいくらでももらってやるけど、キムチなんてもらえるか!』と^^;
言いたい放題ですよね(笑)でも、本場のキムチで美味しかったと父は言っていました。その日は、廊下もエレベーター内もキムチ臭で凄かった(゚∀゚ ;)タラー

 

 

最近あった良いこと、面白い話でした。
どうして、いつも長文になるんだろう?
『それは、クソ真面目だからだよ。』と、○~ちゃんの声が聞こえて来た。(´ェ`)ン-・・

 

 

2019年7月 8日 (月)

苦難の乗り越え方/傷つくあなたへ/自分で心を手当てする方法

今回、ご紹介する本は、3冊。どれも、どうやって悩みを解消すれば良いのだろうとお悩みの方への参考になればと思います。

まず、苦難の乗り越え方 江原啓之著 

 

                                Photo_20190708132901thumb1

 

 

【出版社からのコメント】
悲しみや苦しみはどこからやってくるのか。
それは人生にどのような意味があるのか。

 

江原啓之が解き明かす、人生における苦難の意味。
人が生きて行く限り必ず出会うさまざまな困難に対して、
どのように考え、どのように実践してゆくべきなのか。
あなたをほんとうの幸福へと導く、スピリチュアリズム読本。

 

目次
第1章 苦難をどうとらえるか(この世に苦難がある意味“あの世”と“この世”「人生はスポーツジムである」 ほか)
第2章 苦難の乗り越え方(病という苦難障害、難病をどうとらえるか思いを込めて生きる ほか)
第3章 逃げか卒業か(“逃げ”か“卒業”かを見きわめよノート内観法孤独と向き合え ほか)

 

 

初めに、スピリチュアリズムは〈魔法〉ではありません。誤用にお気を付けくださいと注意書きがされています。
スピリチュアルなんて…とお思いの方は、それでも良いでしょう。
私は、スピリチュアルはピュアな人にしか通じないと思っています。相性(考え方)も千差万別ですから、押付ける気はありません。
ただ、この本はスピリチュアルと云うより一般的な内観法が書かれていると思います。受止め方次第で気持ちは変わるもの。苦難を苦難と捉えず、成長できるチャンスだと捉えることで気持ちも変わって来るもの。そういった乗り越え方や考え方が書かれている。【逃げか卒業か】答えは自分で導き出してください。
最後に【実践編】として具体的に例を取上げ書かれています。例えば、失恋・依存症・容姿・孤独・貧困・借金・不倫・リストラ・不安・子供の教育・家庭内暴力・離婚・病気・死。
これだけを読んでも参考になります。

 

 

次に、ご紹介する本は、傷つくあなたへ 江原啓之著

 

                              Photo_20190708133001

 

【内容紹介】

もうあなたは、傷つかなくていい
ケータイ裏サイトのいじめで傷ついた子供。メールをはじめとする文字や言葉の暴力、無遠慮な対人関係で傷ついた人々へ。現代人の心の傷を癒す実践的スピリチュアルメッセージ集。
【内容(「BOOK」データベースより)】

傷つくことに脅えながら生きているあなたへ、癒えない傷を抱えたままのあなたへ、傷つけたことを悔やみ続けているあなたへ、もう、大丈夫。職場、学校、ケータイ裏サイト、インターネット…で、なぜ、現代人は安易に他人を傷つけるのか。なぜ、こんなにも傷つきやすいのか。日本人が抱える「心の闇」を解き明かし、「救済」へと導く30のメッセージ。

 

この本は、ザックリと読みたい方にお勧めです。絵本の様で癒されます。ネットでの被害だけに当てはめず、他の悩みにも当てはめて読まれると良いと思います。

 

 

次に紹介するのは、4月の記事『自分に自信がなくなったら』でも紹介しましたがもう一度ご紹介します。 

 

NYの人気セラピストが教える
自分で心を手当てする方法 ガイ・ウィンチ著

 

                            Photo_20190708133002

 

【メディア掲載レビューほか】

「逃げ恥」みくりさんのおかげ!? “自己肯定感"がウケて10万部のメンタルヘルス本

 

心の傷は自分自身でどこまで対処できるのか。心療内科やカウンセリングにかかる前に、自分で試せる心の〈手当て〉――たとえば、大切なものを失った悲しみを手当てするには、「悲しみから意味をつかみとる」ようにする、など――を記した本がヒット中だ。

 

「メンタルヘルスの本にはエビデンス(根拠)が怪しいものがしばしばあります。著者は臨床心理学の博士号を持っていて、本も学術論文を丁寧に参照して書いている。読みやすさだけでなく、裏付けの確かさもヒットの一因だと感じています」(担当編集者の朝海寛さん)

 

大ブレイクは著者の『世界一受けたい授業』(日本テレビ系列)出演がきっかけ。しかし、ヒットの兆しはそれ以前にもあった。

 

「邦訳の刊行直後に、『自己肯定感』に関する章の一部を抜粋して、東洋経済オンラインに載せたんです。ちょうどそのころ、ドラマの『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系列)で、新垣結衣さん演じる主人公が『自己肯定感』という言葉をよく使った影響か、それが思わぬ勢いでバズった(=インターネットで話題になった)。そもそも日本人は自己肯定感の低い人が多いのかもしれません。来日時の著者への取材でも、『孤独』『罪悪感』など様々な症状を扱った本なのに、やはり『自己肯定感』に関する質問が多く、著者も不思議がっていました(笑)」(朝海さん)

 

心の不調の常備薬として、書棚に備えておいて損のない1冊だ。
評者:前田 久

 

(週刊文春 2017.04.27号掲載)

 

 

スピリチュアルなんて胡散臭いのはとお思いの方は、本格的な心理学書をお勧めします。メンタリストのDaiGoさんも薦めています。しかし、この『自己肯定感』もピュアでなければ掴めないと私は思います。何でもそうなのですよ。素直な気持ちでなければ受け取ることは出来ないし、癒すことも出来ないと思います。へそ曲がりや頑固な気持ちは、事実をねじ曲げてしまいます。そうやってねじ曲げて受取った事は、いずれまた悩みとして浮き上がって来ます。解決も学びもないままだと思います。いつまで経っても【卒業】することは出来ません。
『自己肯定感』は、日本人には難しいかと思います。日本人は、謙遜すると云う習慣があります。欧米では、自己主張が出来なければ、生きて行くのに苦労をします。弱い人間は蹴落とされていきます。そこまで強くなくても、自己肯定感が持てれば、自分の柱(芯)がポッキリいくことは少なくなると思います。

 

ご紹介した3冊に共通しているのは、『自分のことは自分でしか解決できない』ということではないでしょうか?悩みを信頼できる人に相談しても、結局答えを出すのは自分です。自分で出した答えでなければ動けません。他人が出した答えで動くのは、ロボットです。問題の解決を他人に委ねるのは、依存でしかありません。解決したければ自分が動くしかないんです。その為に本を読む、ネット検索をするなどの勉強と行動は、必要です。

 

いつも私に相談をして来る友人が言いました。『エルザさんは、強いよね』私は、強くもないし弱くもない。そして、別の友人が言いました。『エルザさんは、身を削って苦難を乗り越えて来ているからね』と。そうなんですよ。泣き虫で、いつも不安で脅えていた女の子が、このままじゃ嫌だ!と立ち上がったんです。そうやって今の私があります。そんな私を解かってくれている友人がいることは、有難いことです。私が学んで来たこと、苦しんで来たことが、誰かの役に立つならとブログを書いています。もう少し、優しく書ければ良いのですがね…^^;
また、長文になりましたが、誰かの参考になれば幸いです。

 

 

 

2019年7月 4日 (木)

関節リウマチ 4 

前回、リウマチに関して書いたのは、2018年1月29日でした。
その後ですが、その記事のすぐ後に、メトレートが1錠になりました。そして、吐き気止めにプリンペラン(5mg)を処方して頂き、吐き気は抑えられました。

 

 

滑膜炎も正常値になったもののリウマチ因子が、まだ残っている
ので服薬を続けていましたが、痛みもなくなり調子も良かったので、2019年4月に服薬を中止しようかと主治医から提案がされました。私としては、怖さもあり採血をして判断して欲しいと頼みました。
この4月の異常気象(寒暖差)で、すっかりやられてしまったのか?急にまた全身に痛みを感じました。採血の結果、滑膜炎が復活し悪化しているとの事。
また、メトレートを3錠に増やし、炎症を抑えるプレドニン(5mg)と胃薬としてファモチジン(10mg)を処方して頂きました。

 

 

服薬を中止しようとの所まで行っていたのに、突然の悪化にショックを受けました。しかし、服薬後、すぐに薬の効目で痛みはなくなりました。しかし、また吐き気との戦いです。吐き気止めは、服用していますが完全に抑えることは難しいようです。私の場合、やはり喫煙が吐き気の原因ではと思います。
プラセンタ注射も週2回から1ヶ月だけ4回にしました。寒暖差でメンタル面も不安定になっていたので。
今年の梅雨は、本格的で湿気もありリウマチの痛みも増します。
気持ち(メンタル面)は、お蔭さまで落着いているので、なんとか乗越えられたらと思っています。

 

 

今は、痛みはありません。さて、また増えた薬を減薬するのに時間がかかります。焦らず、また落着くのを待とうと思います。

 

 

関節リウマチに関しての記事は、こちらです。
   ⇓

 

関節リウマチ

関節リウマチ2

関節リウマチ3

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »