無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月28日 (水)

嫌なことがあった時 

日々の生活の中で、嫌なことがあったり、運がないなと思ったりしますよね。思い通りにいかなかったり、理不尽だと思うこともあるでしょう。他人と比べてしまい、あの人は幸せそうなのに、何で自分は運がないんだなんて思うこともあるでしょう。まあ、他人と比べること自体が間違いなのですがね。アドラーも言っています。
他の人が自分をどう見るかは、他の人の課題。
他の人は自分の期待を満たすために生きているわけではない。
他者は、敵ではない。仲間である。
もし、敵がいるのなら、それは自分自身である。
理想の自分と現実の自分の間で戦うのである。

 

 

じゃあ、そもそも【運】ってなんだ?と考えた時、運とは何かと答えられますか?ちょっとググってみると、運とは「めぐり合わせ」。めぐり合わせとは「運命」と書かれています。これでは、意味が分かりません。

 

 

お釈迦様は、上手くいかない時は、運のせいにするのではなく、自分の行いを振り返りなさいと教えています。

 

 

初めから運の悪い人はいません。そう思い込んでいるだけです。
スピリチュアル的に説明すると、それは、あなたの波長(気)が下がって(ネガティブ)になっているから引き寄せてしまったと云うことになります。嫌なことがあっても波長(気)をそれ以上 下げないようにする。誰でも、嫌なことはあると思います。ムカつきますよね。「何で?ふざけんなよ!」って思うこともありますよ。でも、ちょっと待ってください。その時のあなたの波長はどうでしたか?ネガティブな気持ちが少しでもありませんでしたか?誰かに八つ当たりしていませんか?

 

 

因果応報(過去および前世の行為の善悪に応じて現在の幸・不幸の果報があり、現在の行為に応じて未来の果報が生ずること。)が働いたのかもしれません。
スピリチュアルの法則で言えば【波長の法則】になります。
波長の法則は、類は友を呼ぶ。 同じ波長を持っているものは引き合う。 そうでないものは、反発する。
 

 

 

私は、嫌なことがあった時、確かにムカつきますが、ちょっと落ち着いて考えると「あれ?これって私の波長(気)が下がっている(ネガティブになっている)ってことか?下がっているから気をつけなさいってことか?」と気づくんです。嫌なことは反面教師だと思えば、腹も立たず感謝できる。自分がされて嫌なことは、他の人にはしたくないですよね。だから、こんな相手と同じことはしないようにしようと思います。理不尽な思いをしたこともありますが、同じ土俵に乗って争うのは、自分のレベル(波長)を下げる行為だと思い、相手にしませんでした。馬鹿に付き合っている暇はないですから。

 

 

お釈迦様の教え通り、自分の行いも振り返ります。つい感情的になって言い過ぎたり、やり過ぎることもありますから。そこは、冷静に考えて反省します。自己憐憫、責任転嫁、依存心は無かったか確認します。相手にもその点があれば、素直に謝罪します。謝罪は、しづらいな~と思う方もいるかもしれません。大丈夫。心の中で謝罪すれば相手に通じます。もし、声の出せる場所なら「ごめんね。言い過ぎた。」と言葉を発してみてください。思いの念は通じます。

 

 

起こることには意味がある。学びの為に起こる。それに気づけた人は神様に愛されている人です。ウジウジしていても反省、感謝のできる人は神様に守られている。反省、感謝ができる人は、先への扉が用意されている。反省、感謝ができる人は、素直な人です。素直な人は幸せになれる。感謝して過ごしましょう。

 

 

【エルザのちょっとつぶやき】
思いの念は、どんなことでも通じます。悪意、善意、すべて通じます。悪意、善意の念は返ってきます。善意の念が返ってきたときは嬉しいですけど、悪意の念は罰として返ってくることがあります。恨みや憎しみの念は、身体の痛みとして返ってくることもあります。例えば身体にメスを入れるようなことになる、心臓の病などになる場合もあります。心臓の病は、自分に正直に生きていないとのメッセージだとスピリチュアルでは言います。人は痛みを感じなければ気づかないものです。痛みも神様からのプレゼントだと気づけた人は幸いだと思います。(ちょっと怖い話ですけどね)

 

因果応報は、毎日の生活の中で必ず起こっているものです。私の体験談で説明しますね。ある日、駅に向かって歩いていました。私の前を若い子が数人でお喋りしながら歩いているのでノロノロとしか進まない。私はイライラして心の中で「邪魔だな!」と思いました。この時点で私は【因】を蒔いてしまったことになります。何とか、その若い子たちを追い越し先に進みました。私の後ろから凄い勢いで男性が歩いて来て、私を追い越しながら「邪魔なんだよ!」と怒鳴って行きました。これか私の蒔いた【因】に対しての【果】だとすぐに気づきました。こんなちょっとしたことでも因果の法則は返ってくるのですね。でも、その男性は、そこで【因】を蒔いてしまったので、どこかで【果】を受け取ることになるでしょう。その時、彼は気づくでしょうか?【因】を蒔いてしまっていたことに。気づかなかったら、嫌なことがあった時に理不尽なことだと思うかもしれません。でも、彼は覚えてないだけで【因】を蒔いているのですよ。だから、毎日を誠実にだいじに生活したほうがいいのですよね。嫌なことがあった時、自分の行動を振り返ることは大事だと思います。逆に因果の法則は、良いことも返してくれます。私の親戚は、熊本に住んでいます。頻繁に会える距離ではありません。いつも、伯父や伯母は元気だろうか?元気でいてねと念【因】を送ります。すると、ある日、ひょっこり伯父や伯母から贈り物を頂きます。そのお礼の電話をすると「いつもありがとうね」との言葉【果】をもらいます。頻繁に電話するでもないのに「ありがとう」の言葉をもらう。念が届いているのだなと思います。感謝の念は、【因】となり【果】として返ってくるとの経験をしています。それは、お互いに気持ちのいい事ですよね。いつもエルザのブログをご訪問頂いている方に感謝します。みなさんに幸あれ。ありがとう。

 

 

 

 

2019年8月22日 (木)

心の中を整理する 

怒り・悲しみ・落ち込み・不安 イライラ・モヤモヤ
そんな感情を捨てられたら楽ですよね。
私は、そんな時『この感情は、私に何を教えようとしているのだろう?』と考えます。この思考は、スピリチュアル的ですが心理学(カウンセリング)の手法です。

 

それらの感情が不快だからと、押さえつけたり何の処理もせず捨てるのは危険です。体調不良を引き起こす恐れがあるからです。不快な感情は、『心の叫び』です。『気づいてよ~』『受け止めてよ~』と訴えているのです。ちゃんと気づいて、整理して、そこからの学びを受け取りましょう。

 

 

【怒り】は、大事なものを守りたいときに現れる感情です。

何を守りたいのか?を考えてみてください。それが分かれば、次に同じようなことがあっても対処できるようになります。怒っている自分を否定せず受け止めましょう。これを【セルフコンパッション】と言います。もし、怒りの原因が相手にあるのなら、自分は何を大事にしているのかを伝えてみましょう。それができると、同じような展開を避けられます。相手も、あなたの思考が理解できますからね。

 

 

【悲しみ】は、大事なものを失った状況を教えてくれます。

大事なものを失ったことでエネルギーが下がっていることに気づかせてくれます。悲しみの心を回復させるのは、時間がかかります。
失ったものが、取り戻せるのなら、取り戻すのも一つの手です。でも、見切りをつけて「さようならの作業」をするのもいいでしょう。どれだけ自分にとって大切なものだったのか、なぜ自分にとって大切だったのか向き合って「さようなら、ありがとう」と別れの手紙を書いてみると、悲しみから距離が取れます。
信頼できる相手に話を聞いてもらい、励ましてもらったり慰めてもらってください。見栄を張ることはありません。正直に気持ちを打ち明けてください。この時の人選は慎重に。寄り添ってくれる人を選びましょう。悲しみを分かってもらえると、次に進むエネルギーが湧いてきます。

私は、ネットの友達にメールで聞いてもらいます。文字にすることで同時に心の整理もできます。私が気づいていなかったことを友達が指摘してくれることもあります。

 

 

【落ち込み】は、物事が思い通りにいかなかったことを教えてくれます。

頑張ったからこそ落ち込むのだそうです。また、現状が把握できていないと落ち込めないです。言葉を使って思考する人間ならではの感情で、高度な感情だそうです。ただ、落ち込みが長引くと、自分を責めたり、後悔を繰り返す(反芻思考)ので、エネルギーを奪われないうちに整理しましょう。
「今起きていること」に対して感情的にならず、客観的に眺めるようにしましょう。ちょっとでも楽しめることや、達成感が得られるようなことは効果的です。人は「落ち込み」と「楽しさ」を同時に感じることができません。落ち込む時間が少しでも減れば、やがて回復に向かいます。

私は、ジグソーパズルや塗り絵をします。そして、日々のやること(掃除、洗濯、食事の支度、買い物)を淡々とこなします。「時薬」を信じて効き目が出るのを待ちます。落ち込んでも普通に暮らす。泣きたければ泣きます。自然に任せて過ごします。深く考えることは避けます。自ら不安を作らないように過ごします。自分に言葉をかける時もあります。「頑張ったね。本当に頑張ったよね。少しゆっくりしようね。」

 

 

不安】は、わからないことがあるときに生まれるシンプルな感情です。

落ち込みは過去に向かう感情で、不安は未来に向かう感情だそうです。不安が起こるおかげで、予測不可能な未来への対処ができます。
ただ、あまりにも先の事や他人が何を考えているのかなどは、不安が膨らんでしまい苦しくなります。そういう時は、今この瞬間に目を向けましょう。
不安を感じている分野を特定しましょう。仕事なのか健康、人間関係なのか。不安の原因がわかれば心も落ち着きます。不安を口に出してみると問題が明確になり、解決の為に情報が入ってきたり助けてくれる人が現れたり考えすぎだったことに気づいたりします。分からないことを減らす為に動いてみるのもいいかもしれません。思い切って諦めるのも一つの手ですね。

不安に関しては、私は行動して安心に変えます。不安に思っている内容の本を読んだり情報収集、対人関係の場合は本人に確認します。しかし、最近は、情報過多で不安になることがあります。その時は、「大丈夫、きっと大丈夫。成るように成る。神様が良いようにしてくれる。天に任せる。」と手放すようにしています。

 

 

日々の出来事にはメッセージがあると思っています。だから、私たちは学び、気づくのだと思います。それがなければ人間としての人格成長はないでしょう。心が乱れない生活が望ましいと思います。その為には、毎日の生活に感謝をすること。自分を愛すこと。自分を信じること。直感を信じること。愛する人たちが幸せに暮らせように祈っています。

 

直感というのは、これまであなたが人生の中で体験し、
五感を通して学んできた情報から導き出された答えです。
つまり、直感とはあなた自身。
だから直感を信じるというのは自分を信じるということ。
自分を信じずに誰を信じるのですか?

 

龍神ガガの日めくり格言より

 

 

 

2019年8月16日 (金)

つぶやき 45 

最近は、ちょっと忙しくしていました。パソコンの乗り換えをしました。セットアップと古いパソコンのリカバリーなどを。やり方、覚えているかなと不安ではありましたが、セットアップは簡単に出来るよう設定されていました。ちょっと苦労したのが、リカバリー。取説に書いてある通りにやるのですが、上手くいかない。嫌がっているのかな?このPCには、嫌な思いをさせていますからね~。ごめんね、ありがとう、と話しかけると何故だか涙が出てきました。翌日、再挑戦すると無事完了。よかった(*^^)v

 

パソコンとプリンターの接続が上手くいかない。セットアップのディスクを失くしてしまって…プリンターのカスタマーサポートに電話して教えてもらった。年配の男性で(声の感じが)事務的に淡々と説明をしてくれた。最後に『ご丁寧にありがとうございました。』と伝えると、気持ちがほころんだのか、声のトーンが変わった。『いえ、こちらこそありがとうございます。』と返事が返ってきた。電話サポートの仕事は大変だと思う。やはり、【ありがとう】の言葉は、心が和むのだなと思った。

 

しかし、古いパソコンをリサイクルセンターに引き取ってもらう為の電話をした所、声の感じだと中年の女性のようだったが、丁寧な言葉遣いだが、若い子のように語尾を伸ばす。『はーい。』『お願いしまーす。』ちょっとどうなんだろうと思った。電話を切って首を傾げてしまった。(笑)

 

 

スーパーのレジの女の子が、8月に入って姿が見えません。夏休みなのか?辞めちゃったのか?なんとなく気になっていたら、9日ぶりに出勤していました。私を見かけると、すぐに近寄って来て『先程、お母様にお会いして、娘が心配していたと教えてもらいました。すみませんでした。お休みの前に声をかけようと思ったんですけど、お見かけしなかったので。』
『辞めちゃったのかなって思ったよ。』
ニコッと笑って『これ、お土産です。』とクッキーをくれた。
『ありがとう。ごちそうさま。』と頂いてきました。
しっかり休んだせいでしょうか、彼女の笑顔も自然な感じに戻っていました。フワッとした素敵な笑顔に。

 

先日、PHPを読んでいて、ハッとする一文を目にしました。
佐藤愛子さんの一文なのですが『きれいな魂の人たちに会いにいく』飾ることなく自然と接してくれる人たち。忙しい日が続いた時にフラっと行くそうです。
一生懸命に生きて、生き抜いた末にいつの間にか「いい顔に」なっている。いつも笑顔の人は、素敵だと思います。

 

妹が夏休みで遊びに来ました。久しぶりにアルバムを引っ張り出して、母と3人で見ながら昔を振り返りました。自分が赤ん坊の頃の写真は、不思議な気がします。でも、こうやって大事に育ててくれた両親には感謝ですね。

 

 

10数年ぶりに風邪をひき、高熱で1日だけ寝込みました。のど風邪が流行っていると調剤薬局の方が教えてくれました。病院もお盆休みになる前の日で、バタバタとしていたので病院にも行かずに、熱も下がったし何とかなるかと思っていましたが、夜になると咳が止まらない。やっぱり耳鼻科に行っとけばよかった。仕方なく薬局で風邪薬を購入しました。風邪薬を服用して4日目、咳も相変わらずで鼻の周りの熱が抜けない感じ。眼も充血している。朝は微熱があります。市販薬だけで治るのか?風邪の菌が目に入ったのでしょうかね?目ヤニがすごくて抗菌目薬を使っていますが充血は治まらず。まあ、しっかりと休みます。


まだ、暑い日が続きます。皆様も体調管理に気を付けてお過ごしください。

 

 

 

 

 

2019年8月10日 (土)

MUSIC LIFE 19 Balance

             Balance

 

 

 

1980年。ニューヨーク出身のバンドで西のTOTOに対し東のスタジオ・ミュージシャンで結成された。メンバーは、Peppy Castro(vo), Doug Katsaros(k), Bob Kulick(g)である。メンバーは、KISSやBON JOVIなどと活動している。活動自体は、3年で終了している。

 

 

(Looking For The) Magic 

 

Breaking Away 

 

Falling In Love 

 

In For The Count 

 

All The Way 

 

Slow Motion 

 

Ride The Wave 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月 3日 (土)

新入社員のあなたへ 

入社して4ヶ月になりましたね。
どうですか?仕事には慣れて来ましたか?
あれ?もしかして、辞めたいな~なんて考えていますか?
『何で、こんな仕事を選んじゃったんだろう?』
な~んて考えていますか?

 

 

運命は、その人に合った仕事を用意しています。で、書かせて頂きましたが、仕事に対しての考え方は、どうでしょうか?

 

社会人になることは、今迄と違った世界に飛び出すのと同じです。学校で友達と何かをやるのとは違います。楽しさを求める場所ではありません。理不尽な思いをすることもあるでしょう。しかし、社会人としてやるべきことは、会社の業績を上げることです。その為に我慢も強いられます。その我慢料が給料なのですよ。

 

私の甥も今年、新入社員です。甥も辞めたいと言っています。
私は、『学生気分が抜けないんじゃないの?』と話しましたが、甥はその言葉にカチンと来たようでした。甥の会社は、新人研修が自衛隊体験でした。その意図を私は、彼に説明しました。
学生時代は、教授から課題を与えられます。その課題に取り組めば良かった。でも、仕事となると責任が問われる内容が多いです。仕事に耐えられるだけの精神力と体力も必要だと思います。心身ともに自己管理も必要になります。与えられた事だけやっていればいい訳ではありません。自分から率先して仕事を探し進めて行く計画性も必要でしょうね。
私が甥に学生気分が~と言ったのは、そこなんです。与えられるのを待っている。それでは、仕事にならない。自分から、次は何を~と探して進めて行くような気の回しとでも云うのでしょうかね…そんなことが必要になるのではと思います。

 

私は甥に『やりがいをみつけなさい。』と話しました。約4年前、姪も憧れの仕事に就いたのに、何でこんな仕事を選んだんだろうと言いました。その時も、やりがいをみつけなさい。利用者さんに喜んでもらえるようにだけ考えて働きなさいと話しました。彼女は、それを実践して、今では彼女なしでは回らなくなっています。

 

天職】と【適職】の違いを理解してください。
好きなことなら我慢も出来るでしょう。でも、収入の部分で不満を感じることになると思います。面倒だなと思っても、その我慢料(給与)は、満足いく金額になると思います。企業に属していれば、福利厚生も付いて来ます。経済的には安定します。仕事の中に自分の得意分野を探してみてください。仕事は、貢献感でするものだと私は思います。

 

 

人間関係も辞めたい理由にあることでしょう。
学生時代とは違って自分の親と同じ年齢の人もいます。上下関係もあります。そこに戸惑いもあるでしょう。
年長者から色々なことを学んでください。良いこと、悪いこと。そこには、たくさんの気付きがありますよ。あなたは、どんどん磨かれて人間力がアップします。
会社は、学校とは違います。みんなと仲良くなんてすることないんです。上辺だけの付合いでいいんです。仕事中だけの仲間なんです。

 

今、辞めたいなと考えているあなた。もうちょっと我慢してみませんか?せめて秋まで。入社してまだ1年経っていません。今、転職しても同じことの繰り返しになります。どこかで踏ん張らないと。人生に無駄はないと思います。出来ないながらも続けているうちに、仕事がこなせるようになるものです。働くと云うことについて、もう少し考えてみませんか。
大人になるって理性で考えられると云うことだと私は思います。

 

 

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »