無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月28日 (土)

気持ちの落ち着け方

上手な気持ちの落ち着け方を持っていますか?
人生は、色々なことがあります。自分の思い通りに行かないこともあります。失敗やトラブル、気に食わないことを言われ、カチンと来たりイライラしたりしますよね。
しかし、焦ったりイライラした時こそ注意なのだそうです。この焦りやイラつきが大きな想像もつかないことを引き起こすことがあるそうです。

 

 

仏教では、私達が苦しむことになる過程を『惑業苦(わくごうく)』と言うそうです。
「惑」とは、戸惑いということ。イライラや焦り、心の迷い。
「業」とは、悪い行いのこと。
「苦」とは、その悪い行いが生み出す苦るしみのこと。

 

 

ちょっとした迷いや焦りが、更なる失敗を招き、余計に苦しくなる。するともっと焦り、苦しくなるという負のスパイラルにおちいります。小さな失敗を隠す為にウソをつく。そのウソがバレないように、更に大きなウソをつく。バレないだろうとごまかしたり悪さをする。しかし、隠しきれなくなって、信頼を失うことになる。誰にでもある、小さな心の迷いや焦りが、やがて大きな事件や事故になるのです。

 

 

お釈迦様は、六波羅蜜の五つめに教えている「禅定(ぜんじょう)」とは、心をしずめ定めるということ。心を落ち着けて、静かに自分自身を振り返るとのこと。

 

こころの落ち着かせ方は、人それぞれでしょう。
深呼吸をする、音楽を聴く、散歩をする、日記を書く、友人に話を聞いてもらう、ゆっくり休む・・・
波立つ気持ちを落ち着かせ、自分自身を振り返ると見落としていたものが見えてきたりします。

 

 

ちなみに私は、どうするかというと、日記を書きます。ムカついたことだけでなく、反省も書きます。普通は、これで冷静さを取り戻します。それでも引きずるのであれば、想像します。この苦しみを持ち続けたらどうなるかと。最悪なパターンが見えます。そうはなりたくないと思いますが、どうしたらいいのか判らず混乱もします。混乱したら最悪な状態を想像して泣きます。じっくりと、その感情に浸ります。泣いていると段々と馬鹿らしくなってきます。そうならないようにすればいいと自分に言い聞かせます。その時の気持ちは、力強いです。絶対に嫌だ!私は、幸せになる為に乗り越える!絶対に乗り越える!と心に誓います。その絶対に嫌だ!のパワーが、私をポジティブに導いてくれます。負けず嫌いな性格を上手く使えばいいだけです。面倒くさい性格ですけどね。深呼吸をして何から始めればいいのか考えます。そうやって、いくつもの山を越えてきました。いくつも越えていると、落ちてもすぐに這い上がれるようになります。ガクっと落ちることもありますが、トランポリンで跳ね返されるように戻ることもあります。最近は、このパターンがほとんどです。落ちても這い上がる術を知っているので怖さはありません。近くの川へ行きせせらぎを聞くこともあります。川のせせらぎを聞きながら内観すると不要なものは、川が流してくれる気がします。
気持ちの落ち着かせ方を持っていると、安心して過ごせます。自分の柱を持つのと同じく安心していられます。ここで出て来るのが、やはりアドラーの言葉ですね。人は3日で変われる。変わろうとの気持ちがあれば変われる。ですね。自分の気持ちの落ち着け方、探しませんか?

 

 

『心が「ほっ」とする ほとけさまの50の話/岡本一志 著』より

 

 

 

 

2019年9月24日 (火)

栲幡千千姫命(たくはたちぢひめ)

織物の神様。また、子宝や安産の神様でもあります。古事記では、タカミムスビの娘として登場し、日本書紀では、兄神はオモイカネとされ、アマテラスの長男であるアメノオシホミミと結婚して、天孫降臨を担ったニニギを生んでいることから、強く、立派な魂が宿るように女性の子宝や安産を力強くサポートしてくれる。自ら前に出て目立つ神様ではないが、何事もコツコツと取り組み、後で大きな成果をしっかりと出す「安定」の神様。

 

 

この神様との出会いは、一気にたくさんの事を片付けなければいけなくなり、追い込まれパニックになり潰れそうになっている時に、純ちゃんの本を開くと出てきました。メッセージは、ただコツコツと事に当たっていれば後に大きな喜びを得ます
この言葉を見て涙が出そうになりました。冷静さを取り戻し、深呼吸をして落ち着いたという経験があります。ひとつずつ順番に片付けるしかない。やらなければいけないことに順番を付ける作業をして、事を順番に片付けました。終わってみると、今迄、バラバラだってものが、不思議と1つにまとまり結果的に助かりました。

 

 

【エルザのちょっとお知らせ】

 

純ちゃんこと吉岡純子さんの本と動画を紹介します。 

日本の神さま大全 
神さまの紹介も記載されていますが、悩みや不安がある時にパッと開いたページに神様からのメッセージが書かれています。とても見やすい本です。

 

YouTubeでは、Jun-Tube 吉岡純子 宇宙や創造が大好きな方へ を配信しています。毎回、為になるスピリチュアルなお話をしてくださいます。 

 

 

 

2019年9月23日 (月)

国常立尊(くにのとこたち)

              Photo_20190923085501

 

 

国常立尊(くにのとこたち)
根源神。国土における営為すべてに影響を受ける神様。
日本書紀では、最初に現れた神とされ、古事記では男女のない独神(ひとりがみ)とされ、日本書紀では「純男(陽気のみを受けて生まれた神で、まったく陰気を受けない純粋な男性)の神」と記される。また、龍神だったともされる。

 

私は、どうも国常立尊にも守られている気がする。心の病になり、どうしたものかと考えながら、神様助けてくださいと祈っていた。国常立尊は、グラウンディングの神様でもあり、優柔不断、覚悟が決まらない人は、繋がると良い。人の精神的な成長、行動力を促してくれる。私は、自覚はなかったけど、友人に「あなたは、しっかりと地に足付け歩んできたじゃない」と言われハッとした。私が歩んできた道を友人は、そう感じたのでしょうね。若かりし日、夢破れ落ち込んでいる私に元カレは、「地道に歩むのが一番だ」と言いました。その言葉からも私はグラウンディングを心がけていたと思います。そして、精神的にも成長したと思います。だから、心の病も改善したのでしょう。そして、気になるのが、龍神だったとされる説です。ここでも龍神様がでてくる。どんだけ私は龍神様と関りがあるのだろうか?日本の神さま大全を購入して、私を守ってくれている神様は?と尋ねたところ、開いたページがトコタチさんでした。内容を読んで腑に落ちた。グラウンディングは、大事だよな~と思いました。

 

 

 

2019年9月20日 (金)

楽しい1日

先日、マンションの設備統一で、テレビ、電話、ネットをまとめる工事がありました。工事の人が家に来てやってくれたのですが、そのお兄さん、明るくて、よくおしゃべりする人で・・・ しかも、そのしゃべり方や笑い方、声が甥のきーくんにそっくり。私も母も、きーくんが来てやってくれている感覚に襲われました。先輩の話、自分の以前の仕事の話、まるで家族の会話でしたよ。母も喜んで話していました。しかし、そこは職人。口を動かしながら手も止まることはなく配線とルーターの設置をして行きました。
普通、業者さんが来て家の中で作業をされると、嫌な感じがしますが、それが全くなかった。
端子は、家具の裏です。少し手前に出しましたが、狭いスペースで申し訳ないなと思っていました。父が『職人は、狭い所で作業が出来なきゃプロじゃない』と。父は、電気工事用品や部品機器の卸売りの仕事をしていたので、電気工事の職人さんのことは知っています。私も父の職場へは、子供の頃から遊びに行っていたので、電気工事で使う部品名や工事法などは、女性の割には知っている方だと思います。

 

それにしても、楽しい1日だったな~。きーくんに会ったようで嬉しかったです。きーくんとは、正月に会った以来です。電話では、何度か話していますが。彼も新入社員で覚えなければいけないことが山積で忙しくしています。辞めたいと愚痴を言いながらも頑張っています。新入社員では、なかなかの成績を残しているようで、評判もいいそうです。彼には、柔らかいオーラがあります。責任感も強いです。だから、1年我慢してと言っています。

 

妹にその業者さんがきーくんに似ていてお母さんが喜んだとの話をしたら、『以前みたいに遊びに行けると良いんだけどね。毎日、忙しくしているからね。仕事が休みでも研修をその日に入れられているから、休みもないんだよ。お正月にも行けるかわからないよね。』

 

姪も甥も社会人になり、会う機会は減りました。LINEも忙しいだろうと控えています。会えないけど写真を見て話しかける時もあります。
これ、相手に気を届ける時に有効ですよ。私は、友達の写真に話しかける時もあります。元気でねって(o^―^o)ニコ

 

 

P.S
マンション統一の設備工事だと思っていたのですが、どうも違うようです。確かに、理事会で話は出てなかった。ちょっとヤラレタ感はありますが、配線も綺麗に統一されたので良いかなと思っています。以前から、配線をまとめたいと思っていました。ヤラレタ感は、悔しいけど・・・まっいいか(^-^;

 

 

 

2019年9月16日 (月)

老親との生活

今年の3月に書いた記事『老親との付き合い方、どうしたらいいの?』が、最近、人気記事になっています。やっぱり、気になりますよね。老親と暮らすって、こっちもいい年齢になっていますから、つらい。体力的にも精神的にも・・・

 

先日も、父とひと揉めしました。プリンターが壊れたので、サポートセンターに父が電話をしましたが、廃版の為サポートできないと言われたそうです。普通は新しいもの(新型)を買いますよね。父は残ったインクがもったいないから、同じ型のプリンターを中古で買うと言い出したのです。は~っ?

 

 

父の言い分は『買い置きしている2パックのインクがもったいない。だから、中古を買ってインクを使い切ってから、新しいものを買えばいい。お前は、おかしい!間違っている!』

 

 

私の言い分は『中古を買うのにかかるお金を新しいものにかける方が、お金の使い方としていいんじゃないの?中古を買う金額がもったいない。それに、サポートも終了しているなら、何かあった時にどうするの?残ったインク代と新しく買うプリンターの代金は、私が出すから、新しいのを買って欲しい。』

 

 

父の目線は、インクに行っているのですよ。残ったインクを中心に考えている。私はおかしいか?間違っているか?妹にジャッジをしてもらおうと電話をしました。妹は、普通はお姉ちゃんの考え通りだと思うよと言いました。妹が直接、父と話しましたが、ガンとしてインクを主張する。妹もお手上げのようで、見放し、『好きにすればいいじゃん!』と。『お姉ちゃんの意見もお父さんの意見も間違ってはいない。でも、賢い人なら先の事を考えて、新しいものを買う。でも、お父さんは、残ったインクから視点が動かないし、話を聞く耳を持ってない。頑固だから好きにさせればいい。お金を出すのは、お父さんでしょう。いつものパターンで、やっぱりお姉ちゃんの言う通りだったってなるよ。』

 

私は、妹の柔軟性は素晴らしいと思いました。それを妹に言うと、『柔軟なんじゃない。根気がないんだよ。お姉ちゃんは、説得しようとのバイタリティーがある。私は、すぐに諦めて「どうぞ、ご自由に」と手を引く。』動かせないものを無理して動かすと疲れますよね。それだけの労力をかけても疲れるだけです。いつもの私なら、どうぞご自由になのでしょうが、「お前は、変だ!間違っている!」の捨て台詞にカチンと来た。サポートを受けられない商品を持っている不安はないのだろうか?そのプリンター、私も使ってんだけど。

 

結局、父は、中古で同じ機種のプリンターを買いました。
さて、そこからが、また大変です。設定はどうするのか?誰がやるのか?父は、私に『あと、頼むよ。』と言ってきました。は~っ?ふざけんなよ!
『お父さんは、私の反対を押し切って買ったんだから、自分でやってよ。』
『そういうこと言うのか!』と父は怒鳴った。
結局、私がやることになるのだから、仕方ないと悪戦苦闘するも1時間。神経は、キリキリしています。父が、途中で口を出してくるのが邪魔だ!知識もない奴は、黙ってろ!と心の中でつぶやきながら、設定をしたが・・・
もう、限界!ダメもとでサポートセンターに電話した。何とか言い繕ってサポートしてもらい、さらに2時間サポーターさんも頑張ってくれて完了。サポートを受けながら、なぜ2時間かかったか… それは、新人さんだったのか?電話を保留にされることが続いた為です。終わった時には、心から感謝の言葉を伝えました。泣きそうだった。サポートしてもらっているのに、全然つながらないんだもん。サポーターさんも泣きたい気持ちだったと思う。新人さんかな?お疲れ様でした。ありがとう。終わった時、さすがに父も申し訳ないと思ったのか、お疲れ様と言ってくれた。もう、勘弁してほしい。でも、また、インクが終わって新しいのを買ったら、やるんだよね…私が…。妹が、その時は、お父さんいないんじゃないのと…ヾ(-ε-; )ォィォィ

 

 

姪の言葉を思い出しました。
視点を無理にずらそうとしないで、他のものに持っていくとスンナリいくもの。例えば『ご飯、まだ食べてない。』と言ったら、『そうなんだ~。』と言いながらも他の話をすると忘れるもの。高齢者は、頑固だから、抵抗しない方が良い。
この抵抗をしない方が良い、重要だと思いました。
高齢者は、今、目の前にあることしか考えられない。先を見据えての考え方が苦手である。高齢者は、相手の話を聞いて再考することが苦手である。そのことを忘れないように接していこうと思います。

 

P.S
設定終了後、中古のプリンターでも同じトラブル(インク残量が表示されない)が、発生したので、またサポートセンターに電話しましたが、1分かからずに直りました。もしかして、父の聞き方が悪かったのではとの疑念がわきました。父に話すと「じゃあ、前のに戻すか。」と^^; それは、ご勘弁を~と父に話しました。また、設定するのは、私なんだよ!それなのに、今度のは、コピーの質が悪いとか言い出す始末…(-_-メ) 何でも簡単に考えるな!簡単に考えるのも高齢者ですよね。常に視点の外れた会話になり、カッとなります。気持ちに余裕がないと対応できませんね。妹の鈍感さが欲しい。(溜息)
今日は敬老の日ですね。お年寄りはだいじにですかね。

 

 

 

 

 

 

2019年9月12日 (木)

不快なことは… 

不快なことは、自分が変わろうとしているサイン。
不快なことをしないことで何が得られるか考える。


先日、見たDaiGoさんの動画でこの言葉を聞きました。
不快なことは、そこに学びがありますよね。嫌だと思っていることを持ち続けようとする人はいないと思います。何とかしたいと思うでしょう。嫌なことには、気付きもあります。因果の法則(波長の法則)で返ってきたのかもしれない。不快なことの裏にある自分の気持ち(なぜ、自分は不快になったのか)を確認することも大切です。
例えば、誰かに悪口を言われたとしましょう。不快ですよね。でも、気にしないって人もいるでしょう。気になって仕方ないと思う人もいるでしょう。その悪口の内容に心当たりがなければ流せばいいのです。それは、「そういう些細なことに気を取られるな」とのメッセージかもしれません。しかし、自分には、そう云う所があるなと気付いたのなら、素直に反省し、以後気を付けようと思えば良いのです。もし、以前、悪口を言った相手の悪口をあなたが言っていたのなら、因果の法則で返ってきたのです。相手もこんな嫌な思いをしたのだなと、心の中で良いので謝罪をしてください。
それをいつまでも引きずってウジウジしていると気が下がってしまいます。悪口に対して、責任転嫁(あいつが悪いんだetc)、自己憐憫(私って可哀想etc)、依存心(裏切られたetc)がないか確認すること。この3つは、不幸の3大要素です。被害妄想ではないかの確認をすること。不安症の人は被害妄想に走りやすいです。それがウジウジにつながります。
ウジウジしないことで何が得られるか?と考えてみる。気持ちが楽になる。楽しいことがある。嬉しいことがある。成長できる。そんなことを考えてみてください。どんなメリットがあるのか。それを考えることで人間的に成長ができます。霊格も上がります。
まあ、悪口の場合、妬みやひがみもあるでしょうから、気にしないのが得策かもしれませんね。

不快なことは、自分を成長させるチャンスです。

2019年9月 7日 (土)

日本の神様 

先日、瀬織津姫の記事を書きましたが、意外と人気があり驚いています。まあ、話題の神様ではありますからね。謎の多い神様で研究をしている人も多いようです。私は、純ちゃんの本を参考に書きましたが。これからも気になった神様がいたら記事にしようと思います。

 

 

なぜ、日本の神様?エルザさんってスピリチュアルなんじゃないの?
そんな声も聞こえてきましたが、不思議ですかね?
私がスピリチュアルの勉強を始めたのは、江原啓之氏の本がきっかけです。それまでも欧米のスピリチュアル本は読んでいましたが、何だかスーッと入ってこない。言わんとしていることは理解できるのですが、心に響かない。江原氏の本は、スーッと入って来て心に響きました。最近になって、その理由に気づいたんですよ。江原氏のスピリチュアルは日本的ですからね。元々神主さんだったこともあり、古事記や日本書紀に関わる話も出てきます。やはり日本人の私には日本的な表現がしっくりいくのでしょうね。やっと最近になり気持ちに余裕が出たのか、スピリチュアルの学びが自分に浸透したのか、龍神様や弁財天様が自分を守ってくれていると気づき、日本の神様を勉強しようと思いました。

 

私達は、日本に生まれ暮らしています。日本には八百万の神々がいます。その神々に守られ暮らしています。どこかの記事でも書きましたが、こんなに神様のいる国はありません。それは、日本人が信仰深いから存在する神々です。つつましやかに感謝をしながら日々の生活を送っていた日本人ならではのものだと思います。その日本の神様を知らなくていいのかな?神様だって守っている人間から気づいて「ありがとう」って言われたら嬉しいですよね。

 

 

私達の暮らしの中で気づいてはいないけど神々の教えが、当たり前のように存在します。例えば、「いただきます」や「ありがとう」。因果応報の教えは、代表的なもので自然と身に付いているはずです。だから、他人に優しくしようと心がけるでしょう。物にも神様が宿ると考え大事にします。日本の神々の教えもスピリチュアルなのですよね。
シリーズ化する気はありませんが、カテゴリーは作りました。

 

 

近年の日本人は、心まで欧米化している部分があります。残念なことです。どうせバレないだろうと悪さをする。しかし、天は見てござるです。悪しきことは必ず明るみに出て世に知らされることになり償わなければいけないことになります。一番わかりやすいことでは、有名人の事件や不倫ですかね。だから、悪しきことはいけないことと教わっています。
もう、何十年も前の話ですが、留学時アメリカ人の友人からこんなことを言われました。『日本人は、なぜ日本のことを知らないの?日本人に日本のことを教えてと言うと、みな黙ってしまう。日本の素晴らしい所をなぜ語らないの?日本人は愛国心が薄いよね』この言葉に私は、恥ずかしいと思いました。私は、彼女に仏教の話をしました。お経の意味ですね。そこに日本人の心があると話しました。当時の私に日本を語れと言われても、これしか出来ませんでした。私も若かったので。でも、もし今 聞かれても同じことを話すと思います。仏教に付け加え八百万の神の話もすると思います。日本人の心ですからね。

 

 

見えない存在を感じながら生活すると、自分の気持ちを引き締めることが出来るのではと思います。障子に目あり。何処で誰が見ているか分からない。誰だって、良い人でいたいですよね。悪く言われるのは気持ちいいものではありません。見えない存在に守られているとの思いは、安心感にも繋がらないでしょうか。人間ですから、毎日の暮らしで気持ちのアップダウンはあるでしょう。それでも、見えない存在に守られている。きっといい方に運んでくれる。だから、自分を大事に清く正しく生活しようと思えれば、気持ちよく暮らせないでしょうかね。日本人は、生活の中に神様を置くことで自分を律して生活してきました。その神様を大切にしたいなと思います。

 

先日、聞いたのですが、ある大学の研究で『一人の人間が、平和を願い行動することで世界平和に結びつく。一人の人間の思いが世界の人の心を動かす』みたいな研究発表がされたとか。やはり、繋がっているのですよね。波動ってすごいなと思います。みなさんも身近な人の幸せを願って過ごしてみては如何ですか?この記事を読んでくれた人が幸せになれますように。合掌。

 

 

 

2019年9月 3日 (火)

瀬織津姫 

今年に入って、ある動画で瀬織津姫さまの名を聞いてから、気になって仕方ない。その動画をきっかけに、フッと降りてくるメッセージも気になるのですよね。何だろうな~と思っていました。

 

先月、何気に見た動画でも瀬織津姫の話が。
これは、何かある!と瀬織津姫がどんな神様なのか調べようと思いました。
その動画で、日本の神様を紹介する本を知り、早速購入。
瀬織津姫のページを見てみた。驚いた。

 

Photo_20190903080901

 

瀬織津姫(セオリツヒメ)
あらゆる「罪」「穢れ」を祓い、川や海へ流す女神で、本来の穢れのない自分に戻してくれる神様。清く、明るく、優しく、強くあり、『女性の鑑(かがみ)』
【疑い、迷いを祓い、今のあなたで真っ直ぐに進みなさい。嘆く必要はない。強くあれ。】とのメッセージを届けてくれる。

 

 

瀬織津姫が、ここまでのメッセージを発せられるのも波乱万丈だったからだと思います。瀬織津姫には、諸説あるのですが、封印された神様との説もあります。また、弁財天や龍神と同一だとも言われています。

 

 

私のなりたい自分は、瀬織津姫のような女性です。私を守護してくれている神様は、龍神と弁財天だとは気付いていましたが、瀬織津姫にも守られていたのだなと思います。龍神も弁財天も瀬織津姫なのですよね。それに気づき手を合わせ、感謝をしました。不思議と涙があふれました。流してくれたのでしょうね。私の持っている穢れを。水の神様ですから。それから、気持ちがすっきりしました。軽やかです。
私が、水に関わる仕事をしていたのも偶然ではない気がします。気分が落ち込むと川や海に行きたくなるのも偶然ではないのかも。瀬織津姫が、呼んでいるのかもしれませんね。

 

 

 

【エルザのちょっとお知らせ】
日本の神様を紹介している本をご紹介します。


日本の神さま大全 吉岡純子著

 

本は、日本の神様を紹介していますが、メッセージを受け取ることもできます。例えば、迷っていること、悩んでいることなどの答えが欲しい時にパッと開いたページにアドバイスがあります。とても見やすい作りになっています。神様以外にも龍神様や狐、烏などの眷属(けんぞく)も紹介されています。

 

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »