無料ブログはココログ

« 言葉に反応していませんか?  | トップページ | メッセージ  »

2019年10月12日 (土)

つぶやき 46 

毎日、おかげさまで穏やかに暮らしています。
しかし、先日、お友達のブログで癒しの音楽を聴いてハッとしました。
『私、まだ力んでいたんだ・・・』
癒しの音楽を聴いた途端、頭と体の力が、スッと抜けていくのがわかりました。
お友達のブログが、それに気付かせてくれた。感謝ですね。

 

 

最近、自分で言うのもおこがましいのですが、自分のレベルが上がったなと思います。
耳にする話題が変わった。スピリチュアルなのですが、仏教的だったり、宇宙理論なんて事まで入ってきます。以前は、関心のなかった事柄が、スッと入ってくるのですよ。スピリチュアル的なこともレベルアップして学ぶと云うことでしょうかね。私の学んできたスピリチュアルと大して変わりはないのですが、ワクワクして軽やかで新鮮な感じがします。

 

 

ちょっと気になることがあるので書かせて頂きます。
教職員のいじめ。何とレベルの低い話でしょう。子供にいじめは駄目だよと教える立場の人間が、いじめをしていたとは呆れてしまいます。校長も校長です。自分の地域で二度と教壇に立たせない?じゃあ、他では良いのか?自分の所だけよければいいのか?免許はく奪でしょう。違うのかな?そもそも神〇方式って何なんだ?そんなの忖度の元でしょう?古いと言われるかもしれませんが、昔の教師は、人格者でした。知識もあり人間的にも出来た人でした。だから、尊敬されていたのですよ。地域の方も困ったことがあれば、教師に相談したものです。怒りを通り越して呆れていますが、これも私達 日本人の学びなのだと思います。その教師が育った時代の教育、社会に問題があったと思います。あおり運転をするのは、30代男性が多いとの記事を見ました。私は、個人的に40代も変だと思っています。その年代は、日本経済も落ち着き暮らしも楽になって来たと思います。日本人の気持ちが緩み始めた時期だと思います。何が大切かを見失った時だとも思います。物質的なものに幸せの意味、価値を求めた。その結果どうでしょう?ロクでもない人間が増え始めた。しかし、救いは今の10代、20代の若い人たちが、生きるとは何かと問い始め向き合っていることです。自分たちの親を見て反面教師として学んだのだと思います。私のブログの訪問者も若い人が増えています。江原氏の本で『江原さん、こんなしんどい世の中で生きていくには、どうしたらいいですか?』というのがあります。(長い題名だけど…^^;)若い編集者さんが、生きるとはなにか?と江原さんと問答する内容です。若い方は、世の中にこんな不満を抱え、あがいているのだなと思いました。それでも答えを求めようと四苦八苦しています。結局、この若い編集者さんは、江原さんにバッサリ切られましたが…答えは見つかったようです。人生に行き詰った時、どうしたらいいのかと考えようとしない。それが、彼らの敗因のようです。どうしたらいいのか?までは考えるのですが、その答えを求め考えると云うことをしない。責任転嫁、自己憐憫、依存心で逃げ惑う。理性で考えようとしない。人間は、感情の生き物ですが、理性で自分を律しています。それが、出来る人は賢く生きることが出来るでしょう。世の中、自分の思うようになんていかない。どこかで諦めたり方向転換しながら進んでいくんです。たくさんつまづいた人ほど賢くなれます。人生という航路を漕ぐオールは自分で漕いでいくのですよ。他人に渡してはいけません。自分の人生は、すべて自分の責任で歩むものです。自分で自分を守るのですよ。自分を守れるのは自分以外にいません。現代は、ストレス社会です。ストレスを抱えたのなら、どうすれば解消できるのか、どうしたらストレスを抱えずに済むかを考えるでしょう。そのストレスを、他人を攻撃すること(いじめ)で発散させるなど、賢い人がすることではない。江原氏は『いじめるのは、自分が不幸だから。幸せな人はいじめない』と言います。虐めをする人、暴言を吐く人、悪意は心の乱れです。幼いということです。恥ずかしいことだと、なぜ思わないのでしょうかね?加害者は、償わなければいけなくなる。彼らは、信頼を失うと云う社会的制裁を受けることになります。それが、因果の法則です。

 

 

また、こいつ変なこと書いてるぞ~ですよね(;^_^A
本当に最近は落ち着いて穏やかに暮らしていますので、ご安心を。
リウマチも落ち着いています。でも、服薬する火曜と水曜は、吐き気でつらい(+_+)
これから、寒くなると関節も固まり動きずらくなるかな?
今月は誕生月です。てんびん座のエルザです。調和を大事にする平和主義ですね。また、1年穏やかに楽しく過ごしたいと思います。みなさんも体調管理に気を付けてお過ごしください。いつも、ありがとう❤

 

 

 

« 言葉に反応していませんか?  | トップページ | メッセージ  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バブル時代に恩恵受けて、貰いっぱなしの人間が今おかしくなってるって思うんですよね。

店に来るお客を見てるとつくづく思います。

いつもおっしゃってるように感謝の気持ちを忘れた結果ですかね…。

最前線で働いていた人、その人たちに育てられた子供が今親になって…、アホなのってこの年代に多いような気がします。

まぁ、ぼくの年代も入っているんですが、ぼくの場合あの頃は見習いでしたので、受けてるっちゃあ受けてますけど潤ってはいませんでしたからね。(おかげで今でも貧乏だ!)

なので本音としては今のガキどもにもあまり期待してないというか…。

もちろんなかには頑張ってる子もいるし、そういう子もぼくの周りにもいます。

でも親があれぢゃあねぇ。

どういう大人になっていくかは親の育て方が鍵になってくるのに。

スタートラインはみんな一緒なんだから。

どっかで絶ちきるとしたら次の世代ぢゃないですかねぇ…。(・・;)


🌸たこ拳ぢさん

おっしゃる通りで、バブルの産物ですね。
ごく一部なのでしょうが、アホが多すぎますね。
私の周りも真面な人がほとんどですが・・・
物質的なもので愛を表現するから、アホが育つんですよ。
ある動画で、『自分は宇宙人だ』と語る少年を見ました。
彼曰く、自分たちは地球を助ける為に来た。そして、地球で
愛を学ぶ。愛は、地球にしか存在しないから。
今の10代、20代は、ほぼ宇宙人だと言って過言ないと言われています。
だから、生きるとは何かと探っているのだとの説もあります。
宇宙には、死はないそうですよ。
宇宙人さんに期待したくなりますね^^;

おはようございます。
教師同士の虐めビデオ、(゚Д゚;)なんばしよどか、こやつら!
まったく大人になり切れない子供が一人を寄ってたかっていじめていましたよね。
おっしゃる通り、二度と教壇に立たせてはならないと思います。
今は教職者としてあるべき姿がないがしろにされてる傾向が多々あります。
教員も目先の仕事に追われ、残業が多く大変な時代ですけど、基本的な教職、人を教え導く姿が求められるものです。
もう少し学校の運営制度を考え、本当に先生として子供たちの成長を見守っていけるような学校になってほしいですね。
いま、地域の小学校の学校評議委員をしています。(あて職ですけど(*´ω`))多くの方は子供の成長に努力をされてる方が沢山います。
しかし、多様化した学校運営に音を上げそうになられる方も見受けられます。
文科省に言いたいです、今だからこそ学校の制度改革してほしいものです。
すんまっせん!なごなりました。
台風大丈夫でしたか。今の台風はおそろしかー。これから先どぎゃん太かつのくっどかとおもうと気が気じゃなか。

🌸mitakeyaさん

ご心配いただきありがとうございます。
おかげさまで無事です(^^)/

昔の教員と今の教員では、仕事の内容が違うでしょうね。
今はモンスターペアレンツの対応もしなければいけませんしね。
今回の件に関して、文科省の意見も聞きたいですね。
教育の現場が、どうなっているのかの現実を知っているのでしょうかね?
この件が、改善のきっかけになってくれればと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉に反応していませんか?  | トップページ | メッセージ  »