無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月28日 (土)

今年を振り返って 2019 

 

 

 

           Fromsakaking

 

今年も色々とありましたね。
まず、元号が『令和』になりました。
芸能界の闇営業、放火事件、あおり運転、子供の虐待事件・・・
憤りを感じることもありましたが、喜ばしいこともありました。
今年の流行語大賞『ONE TEAM』でもわかるようにラグビーのワールドカップは、日本中を沸かせてくれました。
天皇陛下の即位の礼、大嘗祭も感動しました。私達の住む国 日本は神の国です。その証明を見た気がしました。即位の礼の日は、雨でした。ところが、式典が始まると雨は上がり虹がかかりました。これは、龍神様が守っているという証です。ネット上でも奇跡だと話題になりました。

(下の写真は、その時のものです。)

 

 

           Photo_20191228082501

 

今年の漢字は『令』でしたね。「令」には、決まりやおきてという意味のほか、素晴らしい、良い、立派という意味があるそうです。
そして、今年の江原さんの言葉は『平穏に足救われる』でした。
皆さん、いかがでしたか?

 

 

私は、穏やかに過ごせたと思います。不覚にも『平穏に足救われる』事態もありましたが、いつものように周りに救われました。ありがとう。
個人的には、これからの日本は、心に視点を置くようになる、スピリチュアル思考が広がると思います。賢い人と愚かな人の二極化すると思います。スピリチュアリストの間で『2020年、ゲート問題』というのがあります。あまり気にしていなかったのですが、私の周りを見ても、そうなりつつあるなと云う感じがしています。

 

 

今年もエルザのブログへのご訪問ありがとうございました。
代わり映えのしない記事ばかりになりましたが、誰かの参考になっていれば幸いです。今年は、思わぬ人からのコメントもあり嬉しかったです。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

 

一番上の写真は、お友達のさかきんぐさんのブログから頂きました。

 

 

 

 

2019年12月26日 (木)

メッセージ 6 

 

 

 

この人生で起こることは すべて中立であって
良い面も悪い面もすべてバランスよくできているのが
この人生である。
心の在り方は人生の豊かな人から学びなさい。

 

 

 

2019年12月22日 (日)

Merry Christmas 2019

 

 

 

 

           ☆彡MERRY CHRISTMAS🎄🎅

 

 

今年は、ピアノ曲を選びました。
クリスチャンじゃねえから関係ねえ!と言わずに楽しみませんか?
1年を振り返り、家族や仲間と楽しく過ごしませんか?
ぼっちでも良いじゃないですか。楽しみましょう~(^^)/
皆さんの今年1年は、どんな年でしたか?
私は、クリスマスが好きです。新年を迎える前の厄払いにしています。
心を落ち着かせ、1年を振り返り内観して、嫌だったことを流して、ハッピーな気分で過ごす。
今年、お世話になった人たちに感謝の気持ちを伝えます。
欧米の習慣ですが、うまく利用すれば心も浄化して気持ちいいじゃないですか。
スッキリとワクワクした気分で、新年を迎える。
1年頑張ったね~と自分を褒める。
さて、自分へのご褒美は何にしようかな~?
素敵なクリスマスをお過ごしください。

 

 

 

2019年12月17日 (火)

良い人生を生きる人

 

人生100年の現代。折り返しは50歳になる。しかし、100年前の日本人の平均寿命は、50歳でした。私達は、どうやって生きればいいのか。先人の知恵もない現代を生きて行くのは、不安ですよね。でも、後悔のない人生を送りたい。どうしたら、良い人生を生きられるのだろう。

 

 

あらがうのではなく、変化していく自分に合う楽しみや過ごし方を見つける。自分と対話しながら自分で答えを見つけて行くしかない。自分と対話して、できなくなることは認めて、諦めることも大切。情報よりずっと大切なのは、自分の身体の声をしっかり聞き、向き合うこと。

作家の五木寛之氏は言う。

 

 

今を生きる、今に全力を注ぐ。嫌なこともあるだろう。でも、負の感情に振り回されず、すぐに立ち直る術を身につける。素直に、自分を愛し、大切にする。過去を振り返らない。周りに振り回されない。・・・
そんなところでしょうか。結局、私がブログに書いている内容になるようですね。賢く生きるのは、自分を傷つけない為だと私は思います。それでも、傷つくことが起こりますが、それは学びになります。人は成長します。その為には学びが必要になる。だから、傷ついたと云うのは違うかもしれません。その出来事は、自分の負の感情が呼び寄せたことかもしれない。人は痛い思いをしないと気づかない。その気づきを与えてもらったのだと云う解釈をすれば感謝しかありません。気づけばラッキーです。気づかずに負の感情を持ったまま、改善しようともせず苦しいと生きる人もいます。世の中には、愚かだと思える人もいます。そういう人は、魂の年齢が低いのでしょうね。幼い魂です。人の人生は色々です。そこには、その人の学びがあります。でも、折角の人生なら良い人生を生きたくないですか?

 

 

時に壁にぶち当たることもあるでしょう。落ち込む人もいれば、動じず乗り越えようと動く人もいる。色々な人がいます。壁は自分の可能性を試すのに意義があることだと乗り越えるのも自分の世界を広げてくれます。壁は、チャンスなのだと思います。乗り越えられないことは、起こらない。起こることには、すべて意味がある。焦ることはありません。乗り越えるバイタリティーはないと言うなら、ゆっくりと遠回りをして、そこを通り越せばいいのです。今回は、見送ることもありだと思います。チャンスは、必ずいいタイミングで訪れます。結局のところ自分を信じる=自信を持つと云うことでしょうかね。 

 

 

ちょっとスピリチュアルなことを書くと、賢い人は、勘(直感)が冴えている人だとも言えるのではないでしょうか。勘(直感)が冴えていると云うことは、自分を守っている霊の声が聞こえていると云うことです。フッと頭に浮かんだことは、守護霊からのメッセージです。 
人間は肉体を持っている時しか行動が出来ません。行動できるから喜怒哀楽が味わえるのです。そのすべてが学びとなり成長します。嫌なことも病気もメッセージなのです。「ネガティブな気持ちを持っていますよ」とのメッセージです。毎日の生活で嫌なこともあるでしょう。でも、その嫌なことは、その日に流すこと。どうして、その事が起こったのか、裏を考えてみてください。そんな時間はないと言うのなら、その日にあった良いことを思い出して『ありがとう』と言えば、嫌なことは流れて行きます。そして、また明日から穏やかな日を過ごしましょう。

 

 

 

2019年12月11日 (水)

許す(流す) 

 

 

 

 

最近の私の師匠 吉岡純子さん(通称 純ちゃん)の動画から記事を書きます。
上の動画でも純ちゃんが話していますが、願いを叶えるには、それを受け取れるだけの器が必要なんですね。日常生活の中で嫌だなと思うことはあります。しかし、根に持ったり、逆上したりとか低いステージ、その周波数にあえて自分を落としてまでも、その周波数で生きる必要はないのですよね。何かあっても基本【俯瞰(ふかん)】することは必要です。何かをされたこと、起きた出来事に対して、ちゃんと許す。流す。受け取れるだけの器(状態)を創る。

 

 

私は『お試し期間』が、怖かったんです。お試しとは、願いを受け取れるだけの器があるかと試される現象のことです。起きないで欲しい現象が起こり『こいつにそれを受け取る、対処できるだけの力、器はあるのか?』と神様に試される。でも、それはワンランクアップする為に必要な出来事だと純ちゃんは言っています。このお試し期間に鍛えられ受け取れる器を創るのでしょうね。

 

 

でも、思い出すと私は無意識に純ちゃんの言うことをやっていましたね。だから、負の感情を長く持つこともなく流していました。その『許す(流す)』と云う私の行為が理解できない人もいました。でも、これが私です。(でも、マジで怒らせると怖いよ。自分で言うのもなんだけど…)理解できないと言った人は、それだけの経験や器がない人なのでしょうね。
勿論、その出来事が起こった時は感情的になりますが、私の冷静な部分を引っ張り出してくれるお友達の力を借りて、出来事を分析します。相手の気持ちも考えると不思議と許せる(流せる)のですよね。そして、なぜ、その出来事が起こったのかと考えると感謝の気持ちが沸き上がってきます。その度に思います。やっぱり天は見てござるなんだな~と。お試しを乗り越えると自分の器も大きくなります。鍛えられて強くなれる。人間力アップですよ。
別の動画で純ちゃんは『自分よりレベルが上の人と付き合うと、自分のレベルも上がるよ。羨ましいなと思う人と居ると、その人のように成れる。』と言っています。人は付き合う人で変わります。その人のように成れるから出会ったのだと…類は友を呼ぶかな? 

 

 

逆に許せない(流せない)と言う人は、承認欲求が強いのではと私は思います。江原さんの言う不幸の3原則『自己憐憫』『責任転嫁』『依存心』。被害妄想が強く、その時の出来事に対して『私は悪くない』と思うのでしょうが、出来事に100%相手が悪いと云うことはありません。例え1%でも自分にも悪い部分があったから起こったことだと私は思います。嫌なことは、不意に起こるわけではありません。その人が発している波動(気)が呼ぶのですよ。その反省もしないで相手を一方的に攻めるのはどうかと。そして、謝罪のできない人もどうかと思います。
お互いに嫌なことは消したいじゃないですか。だから、『私もいけなかった。ごめんね。』と一言で良いのですよ。お互いに謝ったら気持ちいいじゃないですか。感情的にならず、冷静に理性で判断しましょう。まあ、この辺は人間性も出ますからね。

 

 

許せる(流せる)と気持ちも楽になります。嫌な感情を持っていなくていいので。
でも、許す(流す)作業は、難しいと思うでしょうね。純ちゃんの言葉を借りると、やはり【俯瞰(ふかん)】するのが、ポイントだと思います。純ちゃんは、『ジャッジしないで』と言っていますが、気持ちの整理は必要だと思います。相手の立場になって考える。まあ、それが一番難しかったりします。いつも書いていますが、物事は考え方次第で良くも悪くもなります。自分が楽になる考え方で良いと思います。それでも、間違えがあれば修正を重ねられる事が起こります。焦らず、少しずつ、自分のペースで成長できるよう神様は計らってくださいます。気付かせてくださいますよ。

 

 

今年も終わろうとしています。嫌な出来事を許し(流し)て、新しい年を迎えませんか。
『乗り越えられないことは、起こらない。乗り越えられるからこそ、与えられたのです。』

 

 

※文中で『許す』との言葉に『流す』との言葉を添えています。許すとの言葉は、上から目線な感じを受ける方もいらっしゃると思います。なので、私は流すという言葉を添えました。許すとは流すことだと私は思っているので。

 

 

 

 

2019年12月 7日 (土)

つぶやき 48 

 

12月師走ですね。
1年は早いです。この1年、私は何をして過ごしてきたのだろう?と考えてしまいます。
先日、父が、用事があり、たまプラーザに出かけました。いつも帰りに帰宅時間をラインしてくれます。でも、その日は、おまけがあった。綺麗なイルミネーションとライトアップされた建物の写真。嬉しかったです。
私の仕事先は、たまプラーザでした。その当時は、イルミネーションは、それほど派手ではなく、大きなツリーが飾られるだけでしたが、仕事帰りに綺麗だな~と眺めていました。
最近は、たまプラーザに行くこともありません。私には、高級な街になってしまいました。まして、夜に出かけることもありません。
父が『写真より実際の方が綺麗だぞ。』と。でも、父の気持ちが嬉しかったです。綺麗だったから私にも見せたいと思った気持ちが嬉しかったです。
お父さん、ありがとう。


        
1575370382013

 

 


           1575370389623

 


           1575370398349

 


(住んでいる地域バレバレですね^^;)
今年は、暖冬とはいえ、冬ですから寒いですよ。インフルエンザも流行っています。暖かくしてお過ごしください。

 

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »