無料ブログはココログ

« スタンダード・ジャズ 26  | トップページ | 父の画像検査の結果  »

2020年6月25日 (木)

老親との会話がうまくいかない 

 

どうして、こんなにも話がかみ合わないのでしょうか。元々の性格もあるので老化だけのせいには出来ないのでしょうが、相手の話を聞く力、理解する力が低下しています。だから、自分の言いたい事だけを主張してくる。「それは、できないんだよ」と話しても、頑固になり「俺には俺のやり方がある」と進めてしまう。そして、失敗する。すると本人は自分の衰えにショックを受ける。何とかしてあげたいけど、話が聞けない(理解できない)のなら何もしてあげられない。どうしたら、上手く会話が出来る(意思の疎通ができる)のだろう。やはり老親との付き合い方、どうしたらいいの?にも書かせて頂きましたが、精神科の先生のコラムに書かれていることを理解する必要があると思います。

 

 

精神科医、カウンセラーさん、介護職の基本となる手法に『傾聴』と云うのがある。簡単に説明すると、「耳」「目」「心」を傾けて真摯な姿勢で相手の話を聴くコミュニケーションの技法。受容と共感が特徴である。字のごとく耳を傾け聴くということですね。介護職の姪がよく言います。ただ、聞いて「そうなんだ~」「大変だね~」程度の返事をする。あまりムキになって聞かないこと。

 

 

しかし、困っている時は、軽く流す訳にはいきませんよね。本人も日常生活で困っている。何とかしてあげられないかと私なりに考え手助けしようとします。でも、意思の疎通が出来ないので、考えれば考えるほど気分がイラつき落ち込みます。これでは、私が潰れてしまうと思い、私のメンタルの主治医に相談しました。先生は、私の話を聞いて『すぐに連れて来なさい。認知になっている可能性がある。よく、ここまで支えて来たね。とにかく診察を受けて、あなたの負担を減らしなさい。』と言いました。すぐに診察の予約をしました。
認知になっているかも…そんな風に考えたことはなかった。色々と出来ないことは増えているけど、健忘症じゃないかと思っている。
よくお友達にも、ちょっとでもおかしいと思ったら診察してもらった方が良いと助言をもらっていました。その「ちょっとでもおかしい」の基準が難しい。こんな時、私に夫がいたらと思います。支えてくれる人が欲しいです。

 

 

介護をしていると、つい怒鳴ってしまうことがあります。怒鳴った後「また、怒鳴ってしまった。」と落ち込むのですよ。でも、この落ち込みは介護者だけではなく介護されている方もつらいそうです。「また、怒らせてしまった。」と思うそうです。だから、「落ち込み」は必要ないそうです。介護者は、自分を責めてはいけないそうです。私は、もっと優しくできないのかと自分のことを責めてしまう。母にも「あんたは、よくやっているよ。そんなに頑張ることないよ」と言われます。頑張っているつもりはないんですけどね。長女って細かい所に気付いちゃうので、色々とやってしまうのかもしれません。生真面目な性格もあると思います。父との接し方を変えないといけないのかもしれませんね。親の老いを見せられるのは、お別れの準備なのかもしれません。そう思うと丁寧に接したいと思います。

 

 

先日、父が大きな病院で脳の画像検査をしました。父は認知検査の結果、認知症ではありませんでした。やはり健忘症のようです。一応、脳の画像と血流を調べることになりました。私は、リウマチがあり遠くの病院には付き添えないので、妹に頼みました。妹は、少し早めに来たので改札で待ち合わせをしてランチを買うことにしました。改札で妹の顔を見た途端、涙が止まらなくなりました。抑えていたものがあふれ出てしまって…来てくれた妹にも感謝の気持ちもあり・・・。妹は「感謝しているのは、こっちだよ。いつも押し付けて申し訳ない。」と言いました。不意に出た涙に自分でも驚きました。私、こんなに抱え込んでいたんだな~と気付きました。甘え下手が、こういう所にも出るのですよね。もう少し、気楽にできるよう考えようと思います。それと、やはり気持ちの余裕は必要だと思います。最近、余裕がなかったから、追い込まれてしまったかもしれませんね。しばらく、ゆったりと過ごしたいです。なかなかブログに弱音を書けません。私のブログは、応援のブログですからね。でも、たまには書かせてくださいね。画像検査の結果は、30日に妹と聞きに行きます。また、その時のことは書かせて頂こうと思います。

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

« スタンダード・ジャズ 26  | トップページ | 父の画像検査の結果  »

老親との生活」カテゴリの記事

コメント

いいんぢゃないですか?弱音吐いちゃっても。

弱いことは決して悪いことではないですから。

弱さを認めなきゃ次のステージに行くこともできないかもしれないし…。

年取ると子供に返るっていいますけど、ありゃどうなんでしょうねぇ。

そんなもんぢゃないと思いますけど。

ま、とりあえずですねぇ、抜いていいところは抜く!!( ̄- ̄)ゞ (そこがわかんねぇって言ってるのに…(・・;))

✨たこ拳ぢさん

いつもコメントありがとう(*^^*)

やっぱたこ拳さん、スピリチュアルだわ~
”弱さを認めないと次のステージに…”
心に響いたよ~(^o^)丿
私の生真面目が災いしているのだと思います。
父は元々 まともな人間じゃないからね。
心を広くして適当にやるしかないかな。
アットマンさんにも「寛容に」と助言を頂きました。
たこ拳さんもだけど、助言を頂けるのはありがたいです。
ありがとうね(*^_^*)

エルザ さん


こんばんは、335です。きっと、エルザさんは完璧主義者寄りの傾向があるのだと思います (私が感じているだけなので、的外れで、もし気分を害してしまったりしたら申し訳ありません)。

お父様のお気持ちを解ってあげられない事で自分を責めてしまう…本来は悪い事ではなく、寧ろ正しいと思います。但し老いたお父様の相手であれば、やはりそれはプロでも難しい事だと思うのです。


良くも悪くも割り切る。姪っ子さんの言うように、むきになって聞かない。結果的にそれが一番良いのではないでしょうか (私もそうしていました)。

それは冷たい…と感じるかもしれません。ただ、今一番避けなければいけないのはこれが原因でエルザさんが体調を崩してしまう事だと思います。その為に割り切るのです。私は、これを自分への言い訳にしていました。


変な例え話ですが、自分が外科医だとします。そこで、担当している患者が手の施しようのない末期ガンで自分の力では救う事が出来なかったとします。そこで自分を責め、涙を流せばご家族は良いお医者さんだと思ってくれるかもしれませんが、その感情を引きずりすぎて、本来なら次に救える筈だった患者を救えなくなってしまったらどうでしょう。自分でもう一つ後悔を増やす事になってしまいます。


理解出来ない事は割り切っても、お父様の傍にいてあげる事は出来ます。これは逆に言えばプロにも出来ない、エルザさんにしか出来ない事の筈です。

何よりも今はご自身を労わって下さい。それが結果的にお父様を労わる事になる筈だと私ならそう信じます。


長々と、生意気に受け取られかねないコメントを書いてしまい、申し訳ありませんでした。あくまで私個人の考えですので、もし参考になればして頂ければと思います。

✨ES335TDCさん

335さん、コメントありがとう。
嬉しくて…涙が…(つд⊂)エーン

確かに完璧主義の傾向があります。
父はパソコンとスマホを使います。しかし、最近では使い方を忘れてしまって聞きに来ます。
教えては忘れ、また教えるの繰り返し。メモさせてもメモの意味が分からない状態に。
私には分からないこともあります。分からないと言うと意地悪するなと言われます。
私は、父に「何をやらせてもダメな奴」と言われ育ちました。また、父にダメ扱いされるのが怖いのかもしれません。
その辺が完璧主義の元かもですね。同居ですから距離感は大事です。
父は、元々 自分勝手な性格ですから、振り回されないようにしないと。

335さんのコメントで色々と気付きました。やはり男性目線は欲しいですね。
女友達は、共感するだけで助言はくれませんから。
母の大病の時に支えてくれた男友達がいます。今はお別れしてしまったのですが、彼には今でも感謝しています。彼がいなかったら母の看病は出来なかったと思います。

今回の記事にコメントをくれたのは、男性だけです。しかも的確な助言をくれました。
ありがたいことです。
335さんは、落ち着きましたか?
お母様の諸々の手続きなど大変ですよね。
お身体に気を付けてお過ごしください。
本当にありがとう(*^^*) 

こんにちは。老親の介護大変ですね。
最近ですけど、地域で一番信頼している方の奥様が無くなられました。68歳です。
その方は認知症のお母さんの介護を必死にされていましたが、ご自分が先に亡くなられました。ずいぶん悲しい話です。周りの方は、もう十分介護もできたし、親孝行もできたし、施設にお願いして、自分のケアーも大事ですよととの話もありましたが、親の恩が忘れられず無理をされたのかもしれません。すべてこれが原因ではありませんが、人の助けを借りて甘えられるときは、そのようにした方がいいかもしれないと思わないでもありません。
弱音もはきださんと、自分が持ちませんよ。人は支えられて人かもしれません。
介護しよらんmitakeyaには解らんこつがいっぴゃあるばってん、無理すっといかんよ。

✨mitakeyaさん

mitakeyaさん、コメントありがとうございます。

認知症の親を残して逝かれるのは悲しいですね。
でも、神様が「もう、充分だよ」と連れて逝かれたのかもしれませんね。
私が高校生の頃、祖父が認知になり熊本にお見舞いに行ったことがあります。
汚い病院のベッドに拘束されている祖父の姿を涙で見られませんでした。
親は、必死に子を世話するのに…と伯父夫婦を恨みました。
でも、今となれば感謝です。伯父夫婦に世話を押し付けていたのですからね。
だから私は、高校生の頃から親の世話は、ちゃんとしなければいけないと思っていました。
どんな親でも育ててくれた恩はあります。子としての務めでもあります。
そんな生真面目な部分が、自分を苦しくさせているのかもしれません。
両親のことは愛しています。だから、守りたい。その一心ですが…上手くいかないものです。
それも学びなのかなと思っています。
老親と接していると少しづつ強くなっている自分に気付きます。
親が最後に残してくれる愛だと思っています。
みなさんの温かいコメントに落ち着きを取り戻しています。
父も肥後もっこすだけん気難しかよ(;^_^A
私もその娘だけん・・・ぶつかるとよね~
こっちが引かにゃんたい(笑)
優しいお言葉に感謝です。(人ω・*)ありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スタンダード・ジャズ 26  | トップページ | 父の画像検査の結果  »